デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

【漫画の描き方】制作手順と初心者でも身につくテクニックを伝授

マンガの制作手順のアイキャッチ画像

 

本記事では、

・漫画の制作手順
・漫画を描く上で覚えておきたいテクニック

を、初心者にもわかりやすいように丁寧に解説しています。

 

こんな人が対象

  • はじめて漫画を描く人
  • 漫画を描きはじめた初心者
  • 漫画のテクニックを知りたい人

 

漫画は多くのテクニックを必要とします。

・ストーリー
・キャラクター
・コマ割り
・作画
・演出(見せ方)

一度にたくさんのテクニックを身につけるのは難しいかもしれません。

 

た、大変だよ~

大丈夫。楽しみながらマンガを描いていけば、自然と身についてくるものだよ

 

楽しみながら漫画を描くことで、あなたは面白い作品を描くことができるようになります。

 

はじめて漫画を描く人は、どうやって漫画ができるのかを知ることからはじめましょう。

その次に制作手順を学び、段階ごとの進め方や描き方にトライしてくださいね。

 

サイト内のコンテンツは随時、追加・更新していきます。

漫画の描き方に迷ったら、ぜひ覗いてみてください。

 

漫画の必須テクニックをご覧になる人はこちら↓

「漫画の必須テクニック」へジャンプ

 

マンガコース講座

マンガの作り方を学べるパルミーのWEB講座

マンガの作り方をまとめて受講できるからお得!ストーリー・ネーム・コマ割り・クリスタ、約44時間でプロに近づける!

 

はじめてマンガを描く方には、1つ1つのステップが難しく感じられるかもしれません。

 

でも大切なのは、作品としてのクオリティよりも、まずは1つの作品を完成させることだよ

 

作品を描き続けていると、自然とクオリティも上がってきます。

まずは、どんな形でも1作品の完成を目指してくださいね。

 

ではここから、ステップ形式で漫画を完成させるまでの手順(流れ)を解説していきます。

漫画を描く制作手順

STEP.1
テーマの決め方(ネタ決め)
 

なにについて描くのかがまだ決まっていないなら、まずはネタを探そう!

 

あなたの興味のあること、好きなもの。

憧れや妄想。世の中に発信したいこと。

 

なんでもOKです。

ネタの決め方を10個まとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

テーマ決め方10の方法 【漫画テーマの決め方】ストーリーがつくれないときに試したい10の方法
STEP.2
プロットの書き方
 

プロットとは、ストーリーを簡単に表したものです。

 

STEP1で決めたテーマをもとに、プロットを書いていこう!

 

例えばテーマを「音楽」と決めたとします。

「音楽」だけだと幅が広いので、舞台を「学園祭」。

主人公がバンドを組み「学園祭」でステージに立ち、成功させる。

 

このように、『どういったストーリーにするのか』を簡単につくります。

 

このプロットの段階で『なにかしらのメッセージ性』も考えておくと、完成した作品には深みが出てきます。

例でいえば

  • 学園生活の楽しさ
  • バンド仲間との友情
  • 音楽は人を楽しませる武器

などですね。

 

ここで注意してほしいのは、1作品につき、1つのメッセージにすることです。

 

あれもこれもとメッセージをつめこみ過ぎると、結局なにが言いたいのかわからない作品になってしまいます。

これだ!と思う1つのメッセージを決めたら、あとはあなたの自由に表現していきましょう。

 

プロットの書き方はこちらの記事で解説しています。

プロットの書き方 もう悩まない!3ステップで面白くなるプロットの書き方!
STEP.3
キャラクターをつくろう

 

プロットが書けたら、今度はキャラクターをつくっていこう!

でもキャラクターをつくるのって難しいよ~

大丈夫!わかりやすいように教えていくからついてきて

 

漫画にとって重要なキャラクター。

そのつくり方とは、キャラクターの内面と外見の両方から考えていくことです。

そうすると、あなただけのオリジナルキャラクターがつくれるんですよ。

 

内面のつくり方は、「このキャラクターはこの部分が抜きんでている」というものを決めます。

これはプロットのときに考えたメッセージ性と関連づけて考えると簡単です。

 

例えば、「音楽」がテーマ。
「バンド仲間との友情」というメッセージ性を伝えるなら

  • なによりもバンド仲間を優先する優しさ
  • バンド仲間以外の友達とはバンドを組まない頑固さ
  • バンド仲間とつくる音楽が大好きでつねにそのことを考えている

 

こういったものをトコトン突きつめて表現していくと、魅力あるキャラクターをつくることができますよ。

 

キャラクターの内面をつくるときは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

主人公の設定で大切-アイキャッチ 主人公を設定するときに大切な2つのコト

 

そしてキャラクターの外見は、内面にあうように決めていきます。

 

キャラクターが優しい性格なのに、つり目でパンクスタイルのファッションはおかしいですよね。

ギャップを狙うならアリですが、まずはオーソドックスにいきましょう。

 

そのキャラクターがしてそうな髪型、服装。顔つき。

これらを考えてキャラクターデザインをしていきます。

 

キャラクターデザインをするときの考え方は、こちらの記事を参考にしてください。

キャラクターデザインの考え方 【キャラデザのコツ】オリキャラをつくる基本的な考え方はコレだ!
STEP.4
ストーリーのつくり方
 

今度は本格的にストーリーをつくっていこう!

 

プロットと登場するキャラクターがつくれたら、今度はそれをもとにストーリーを詰めていきます。

読み切り作品におけるストーリーのつくり方は、以下の記事で詳しく解説していますよ。

読切マンガのストーリーの作り方 本格的な読み切り漫画のストーリー構成のコツ!それは3つの要素で描くこと

 

ストーリーのつくり方について、より詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。

ハリウッド映画や漫画などでも数多く取りいれられている「三幕構成」というつくり方です。

三幕構成の基本 初心者でもわかる!三幕構成でのストーリーの作り方を徹底解説!
STEP.5
ネームの描き方
 

具体的なストーリーがつくれたら、今度はネームに起こしていこう!

ネームって?

 

ネームとは、ページ数やコマ割り、見せ方などを決めた漫画の設計図です。

いわば漫画の下描きの下描きですね。

 

このネームによって、同じストーリーでも面白さが変わってきます。

作品が面白くなるかどうかの分岐点といってもいいでしょう。

 

ネームの書き方についてはこちらの記事で解説しているので、参考にしてくださいね。

漫画のネームの書き方 【漫画ネーム】面白いネームの書き方は何を意識すべきか?
STEP.6
漫画原稿用紙に漫画を描こう!
 

ネームはできたかな。ここからはいよいよ原稿用紙に絵を描いていくよ!

 

ネームができたら、あとは原稿用紙に漫画を描いていけば完成です。

その制作手順は、ざっとこんな感じの流れになります。

 

  1. 下描きをする
  2. ペン入れをする
  3. 消しゴムで下描きを消す
  4. 効果線を入れる
  5. ベタ塗りをする
  6. はみ出したところなどを修正する
  7. トーンを貼る
  8. セリフを書く

 

各手順の詳しいやり方については、こちらの記事で解説しています。

漫画原稿用紙の使い方と制作手順-アイキャッチ 漫画原稿用紙の書き方がまる分かり!丁寧な解説と制作手順!

 

 

ちょっとまって…!原稿用紙の使い方がわからないよ…

じゃあ描きはじめる前に、原稿用紙の使い方を知っておこう!

 

原稿用紙のサイズやどこに枠線を引くか、タチキリの仕方など、こちらの記事で解説しています。

漫画原稿用紙の使い方-アイキャッチ 漫画原稿用紙の使い方がよくわかる!そこに絵を描いちゃダメですよ!
STEP.8
完成したマンガを出版社へ持ち込みしよう!

持ち込みすることのメリットは、編集者さんから直接アドバイスをもらえることです。

貴重なアドバイスを活かし、今後のスキルアップを目指しましょう!

持ち込みをしよう! 出版社にマンガを持ち込みしよう!その流れと心構えとは?

プロを目指さない方は、漫画投稿サイトへアップしましょう!おすすめはFull%フルパーセントです。

フルパーセントのおすすめポイントと投稿手順は、下記の記事で詳しく紹介しています。

漫画投稿サイトはフルパーセントがおすすめ!そのサービス内容と使い方 【特集】漫画投稿サイトはフルパーセントがおすすめ!そのサービス内容と使い方を紹介します

 

以上がマンガの制作手順です。

一作品を描き上げるには大変な作業量ですが、完成するとこれまでにない充実感や達成感がありますよ。

 

1つずつやっていこう!

 

マンガコース講座

マンガの作り方を学べるパルミーのWEB講座

マンガの作り方をまとめて受講できるからお得!ストーリー・ネーム・コマ割り・クリスタ、約44時間でプロに近づける!

漫画に必須!覚えておきたいテクニック

ここからは、漫画を描く上で必須となるテクニックをご紹介します。

漫画のコマ割りの基本とコツ

1つ1つの枠をコマといい、そのコマでストーリーを表現していくことをコマ割りといいます。

 

このコマ割りは漫画特有のテクニックで、どういう風にコマを割っていくかで、表現したいものや面白さが変わってきます。

漫画を描くうえでは特に重要なテクニックの1つですね。

 

コマ割りってなに?という人は、コマ割りの基礎を解説している記事があるので、ご覧になってくださいね。

コマ割り_基本のアイキャッチ 【漫画のコマ割りの超基本】コマの割り方と斜めに割る効果

 

コマ割りは知っているけど、もっとうまくなりたい!という人は、下記の記事を参考にしてください。

漫画のコマ割り2_アイキャッチ 漫画のコマ割りテクニック!上手に割るコツと時間経過テクニック 漫画のコマ割りが上手くなるコツ-アイキャッチ 漫画のコマ割りが上手くなるコツを解説!同じコマ割りが続く悩みも解決!

漫画が面白くなる「引き」のテクニック

「引き」とは、読者にこのあとの展開が気になるように仕向けるテクニックです。

続きを早く読みたくて、ページをめくる。

それが「引き」です。

 

「引き」は、基本的には左ページの最後のコマにもってきます。

なぜかというと、漫画は右から左へと読み進めるものだからです。

 

本を見開いたとき最後にくるのが、左ページのコマですよね。

なのでページをめくらせるために、左ページの最後のコマに「引き」のテクニックを使います。

引きの場所

この最後のコマで

「この事件の犯人は…」
(誰だろう…ドキドキ)

「君が好きだ!告白の返事がほしい」
(結果はどうなの…)

など、読者に「続きを読みたい!」という気持ちをもたせる工夫をします。

 

「引き」のテクニックについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

漫画のテクニック引きとめくり マンガの【引き】とは!?めくりも意識して面白いマンガを描こう!

漫画における構図の基本と使い方

どんなに面白いストーリーでも、構図が単調だと退屈してしまいます。

構図による変化で、画面に動きを出しましょう。

漫画の基本構図 マンガの基本構図5パターンと描き方のコツを参考実例を交えて解説!

 

こちらは、漫画の扉絵(表紙)を描くときに参考にしてもらいたい構図を11パターン紹介しています。

構図11パターン_タイトル画像 【漫画・イラスト】魅力ある構図の作り方!実践的な例11パターン

漫画に欠かせない効果線の描き方と種類

効果線はストーリーを盛り上げてくれるマンガの大切な要素だよ

 

これも身につけたいテクニックの1つですね。

この効果線を描くことで、迫力や勢いを表現することができます。

 

また集中線のほかにもスピード線、

キャラクターの心理状態を表現するフラッシュ系の描きかたも解説しています。

漫画の効果線-集中線 漫画の集中線や効果線の書き方!コツやポイントを丁寧に解説

漫画を演出する!描き文字を描くコツ

意外と大事なのが描き文字です。

「ガシャン!」「ドンッ!」「どきっ」などが描き文字ですね。

 

絵のジャマにならないように、そっとそのシーンを演出する役割があります。

初めは難しく感じても、経験を積むことでだんだんと上手く描けるようになっていきますよ。

漫画の描き文字 【漫画の描き文字】描き方やコツを解説!初心者ほどよく知ろう!

セリフの書き方を知る

初心者の方は知らず知らずのうちに、やってはいけないセリフの書き方をしてる場合があります。

マンガでは極力、絵で魅せること。セリフですべてを説明しないことです。

 

下記の記事では「してはいけないセリフ」と「面白くなるセリフ」の書き方を解説していますよ。

やってはいけないセリフの書き方 漫画やシナリオでやってはいけないセリフの書き方7パターン! 【漫画・シナリオ】セリフのやり取りを面白くする5つの方法

タイトルのつけ方に迷ったら…

タイトルに迷うことも当然ありますよね。

そんなときはタイトルを決める参考として、既存作品にならいましょう。

タイトルの決め方_アイキャッチ画像 【漫画タイトルの決め方】具体例からみる上手くつけるためのコツ9つ!

漫画の用語集

あなたは漫画の用語を知っていますか?

「ベタ」「タチキリ」「決めゴマ」「見開き」

漫画を描いていくと、必ずでてくる用語がたくさんあります。

ぜひ覚えましょう!

マンガ用語のタイトル画像 【漫画用語集まとめ】あなたの知りたい単語がきっと見つかる!

 

 

以上、漫画で覚えておきたいテクニックでした。

各テクニックを強化するにあたって、おすすめの本を紹介している記事もあります。

ぜひ参考にしてくださいね。

漫画の描き方おすすめ本 漫画制作歴10年が選ぶ漫画の描き方がよくわかるおすすめの本をピンポイントで紹介!

 

それでも漫画が上達しない方には、こちらの記事がおすすめです↓

漫画が上達する4つの方法 あなたの漫画を上達させる選ばれし4つの方法+【おまけ】

 

面白いマンガを描けるように応援しています!

マンガをデジタルで描くにはCLIP STUDIO PAINTがおすすめ

本格的にマンガを描くなら、アナログもいいけどデジタルもいいですよね。

修正も簡単で、何度でも書き直しができます。

さらにペイントソフトがあれば、画材費はかかりません。

そして、WEBやSNSで自分の作品をアップするには、デジタルは必須です。

そこでおすすめなのは、「CLIP STUDIO PAINT」という絵を描くペイントソフトです。通称クリスタですね。

クリスタはプロアマ問わず、たくさんの人が愛用しています。

このクリスタは主に2種類あります。

イラスト向きの「PRO」(CLIP STUDIO PAINT PRO)

マンガ向きの「EX」(CLIP STUDIO PAINT EX)

マンガを描くなら「EX」がおすすめですが、値段は2万円以上します。

ちょっとお高いですよね。

しかし「PRO」なら5千円前後で手に入れることができます。

「PRO」から「EX」のグレードアップもできるので、まずはPROからお使いになるのがいいかもしれません。

これで漫画デジタルデビューしちゃいましょう!

世界中があなたの作品を待ってますよ。

 

\本格的にマンガを描くなら/

 

\一番売れてるイラストソフト/

 

マンガコース講座

マンガの作り方を学べるパルミーのWEB講座

マンガの作り方をまとめて受講できるからお得!ストーリー・ネーム・コマ割り・クリスタ、約44時間でプロに近づける!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。