液晶ペンタブレット(液タブ)

液タブとは?

液タブ13インチの大きさ

液タブとは液晶ペンタブレットの略で、デジタルで絵を描くときに使う機器です。

ただし液タブだけでは絵を描くことができません。

液タブはモニターの役割なので、他にデータを管理するパソコンや、お絵描きソフトなども必要になります。

今ではパソコン不要の液タブも販売されていますが、お絵かきソフトは必須。

お絵描きソフトは無料・有料のものがあるので、ご自身のお好きな方をお選びください。

液タブとペンタブの違い

ペンタブレットは2種類あります。

  • 液晶ペンタブレット
  • 板型ペンタブレット

板型ペンタブレット。通称、板タブはペンタブとも呼ばれ、液タブとはまた違った描き味のペンタブレットです。

液タブは液晶画面に直接絵を描いていくのに対して、ペンタブはモニターを見ながら手元のペンタブに絵を描いていきます。

液タブ

液晶画面に直接ペンで描くタイプが液晶ペンタブレット。通称、液タブ。

板タブ

PC画面を見ながら手元のタブレットに絵を描くタイプを板型ペンタブレット。通称、板タブ。

液タブはアナログに近い感覚で絵が描けるので、デジタル初心者でも扱いやすいです。

でも少し値段は高め。

一方ペンタブは、手元を見ずに絵を描くので慣れが必要です。

ですが液タブよりも値段がかなり安いのが特長です。

液タブとペンタブの違い 液タブとペンタブの違いは絵を描くスタイルにある!丁寧な解説と人気製品を紹介

液タブの選び方

液タブは目的にあわせて選びましょう。

持ち運びして外出先でも描く場合。自宅でじっくり描く場合。

上記によっても選ぶ液タブは変わってきます。

その選ぶ基準は大きさです。

持ち運びするなら、13インチ以下の小さめのサイズを。

自宅でじっくり描く場合は、パフォーマンスを発揮できる16インチ以上の液タブを選ぶのがおすすめです。

以下の記事では、目的別にあわせたサイズの選び方を解説しています。

液タブのサイズの選び方とおすすめの大きさ 液タブのサイズの選び方とおすすめの大きさ

おすすめの液タブ

おすすめの液タブを紹介します。

目的別のおすすめの液タブ

目的とは液タブを購入するときに重視するものです。たとえば、

  • 安さ重視
  • 性能・機能の良さ
  • 描きやすいサイズ感
  • 使う場所
  • メーカー

上記の中でどれを優先して液タブを選ぶか。

各目的別のおすすめの液タブは以下の記事で紹介しています。

【本気で選ぶ】液晶ペンタブレットのおすすめ13選!安さや機能を徹底比較し初心者でも選びやすい

メーカー別のおすすめの液タブ

液タブのトップブランドは「Wacom」です。

他のメーカーより少し値段は張りますが、品質・性能ともに高く、プロ・アマ問わず多くの人が愛用しています。

また性能と値段のコスパが良い海外製の液タブも人気があります。

以下の記事では各メーカーのおすすめの液タブを紹介しています。

ワコムのおすすめの液タブ ワコムの液タブを初心者とプロ用でおすすめ!全製品と比較した結論 huionのおすすめの液タブ HUIONでおすすめの液タブはKamvas Pro16!その性能と全液タブをまとめて紹介! xp-penのおすすめの液タブ XP-Penでおすすめの液タブ!その性能とその他全種類の液タブを紹介!

一番おすすめの液タブ

WacomCintiq16の外装

液タブの中で一番おすすめするのはWacom Cintiq16です。

世界のトップブランドから販売されている液タブで、初心者でも扱いやすく描きやすい製品です。

詳しいレビューは以下の記事からご覧いただけます。

WacomCIntiq16のレビュー 【Wacom Cintiq 16詳細レビュー】視差も気にならない初心者でも使いやすい高性能な液タブ

記事一覧