デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

おすすめのワコムの液タブはCintiq16!描き味なめらかでクリエイティブな作業に最適!

ワコムの液タブCintiq Pro

ペンタブといえば、やはりワコムです。

全世界で約8割以上の圧倒的シェアを誇っています。

 

らおん

す、すごっ!

 

信頼と実績があり、なおかつワコムのペンタブでわからないことがあっても、ネットですぐに情報をキャッチすることができます。

 

らおん

ワコムを選べば間違いなし!

 

本記事では、ワコムのおすすめ液晶タブレット(液タブ)についてご紹介します。

また、液タブの種類や仕様なども解説していきますので、詳しく知りたい方は最後までお付き合いください。

 

ワコムの板型タブレットについて知りたい方は、下記の記事をご覧くださいね。

ワコムのペンタブ全種類 ワコムのペンタブintuosとintuos pro!描き味や違いを徹底的に解説【おすすめも紹介】

おすすめするワコムの液タブは『Cintiq16』

ワコムのおすすめの液タブは「Wacom Cintiq 16」です。

 

らおん

読み方は「ワコム シンティック 16」です

 

おすすめする理由は2つ

  1. ワコムの液タブの中で一番安い
  2. 性能はProに近い
らおん

ではそれぞれ説明していきますね

 

>>【公式ストア】Wacom Cintiq 16をみる

【おすすめする理由1】ワコムの液タブの中で一番安い

ワコムの公式ストアでは73,224円(税込)します。

 

らおん

えっえっ…た、高くない…?

 

7万円以上しますからね。正直高いですよね。

でもこれ、ワコムの液タブの中では一番安いんです。

Amazonなどのネットショップだともう少し安いですよ。

 

液タブが欲しいけどワコムにこだわらないのであれば、下記の記事を参考にしてください。

5万円以下で購入できる液タブをおすすめしています。

おすすめの液タブ 2019年初心者におすすめの液タブ!性能と安さのコスパ最強製品を値段別に紹介!

 

7万円もするWacom Cintiq 16がなぜ一番安いのか。

ワコムの液タブは2種類あります。

  1. Cintiq
  2. Cintiq Pro

 

主な使い分けは、『Cintiq』が一般用。

『Cintiq Pro』がプロ用です。

 

プロ用である『Cintiq Pro』の方が性能はいいですが、その分値段も高くなります。

 

らおん

『Pro』だと一番安くても10万円以上…

 

なのであなたがプロでないのなら、一般用の『Cintiq』をおすすめします。

ちなみに『Cintiq』は3種類あります。

  1. Cintiq13 HD
  2. Cintiq22 HD
  3. Cintiq27 HD

「13」や「22」などの数字はインチで、画面の大きさを表しています。

性能に多少の違いはあるものの、趣味で絵を描くならこの中から予算にあわせて購入するのがおすすめです。

 

らおん

あれ「Cintiq 16」が入ってないよ

 

そう。「Cintiq 16」は2019年1月に発売された、ちょっと変わった位置づけの製品なんですね。

それがおすすめする理由の2つ目です。

【おすすめする理由2】性能はProに近い

ワコムの液タブは2種類。

  1. Cintiq
  2. Cintiq Pro

もちろん性能は『Cintiq Pro』のほうがいいです。

そしておすすめする「Cintiq 16」の性能は、この『Cintiq Pro』に近いんです。

 

らおん

しかも液タブの中で一番安い…!

 

ワコムさん…クリエイターのために頑張ってくれました…!!

つまりこういうことです。

 

値段は一般用並の安さ。

でも性能はProに近い。

 

らおん

まさにいいとこ取りの製品です

 

ただコストカットのために、サイドスイッチやタッチ機能などはカットされています。

 

気になる方のために、性能の比較表をつくりました。

比較は以下の3点です。

  • Cintiq 16
  • Cintiq13 HD
  • Cintiq Pro16

 

おすすめは「Cintiq 16」ですよ。

各液タブの比較
製品名 Cintiq 16 Cintiq13HD Cintiq Pro16
サイズ(横×縦) 422×285mm 375×248mm 410×265mm
厚さ 24.5mm 14mm 17.5mm
重さ 1.9kg 1.2kg 1.5kg
筆圧レベル 8192 2048 8192
最大表示解像度 1920×1080
(フルHD)
1920×1080
(フルHD)
3840×2160
(4K)
最大表示色 1677万色 1677万色 1677万色
RGBカバー率 96%
(sRGB)
75%
(Adobe)
85~90%
(Adobe)
応答速度 25ms 25ms 25ms
視野角 176℃ 178℃ 176℃
値段(税込) 73,224円 77,760円 181,440円

 

注目すべきは「筆圧レベル」と「値段」です。

筆圧レベルの数値が高いほど、細かな筆圧を感じとって繊細なタッチで絵を描くことができます。

 

らおん

描き味なめらか

 

おすすめの「Cintiq16」は、筆圧レベル8192と高く、値段も一番安いです。

Amazonだと6万円台で手に入ります。

 

らおん

ここでワンポイント!

液タブは、液晶画面にペンで描いていきます。

PCやスマホと同じように、保護フィルムを貼るのがおすすめですよ。

 

保護フィルムを貼ることのメリットはこちら。

  • 紙のような描き心地
  • ペン先の消耗を軽減
  • 光の反射をおさえる

 

らおん

少し値は張りますが、あとあとを考えると保護フィルムはあったほうがいいです

おすすめする「Cintiq16」の購入とペイントソフトはこちら

 

>>【公式ストア】Wacom Cintiq 16をみる

 

らおん

お忘れではないですか?

 

液タブだけでは絵を描くことができません。

別にペイントソフトを揃える必要があります。そこでおすすめのペイントソフトはこちら。

「CLIP STUDIO PAINT PRO」

 

通称「クリスタ」ですね。

ダウンロード版だと5,000円(税込)で永久ライセンスがもらえて一生使える優れモノ。プロも使っています。(もちろん私も)

 

\一番売れてるイラストソフト/

 

ワコムの液晶タブレットを詳しく紹介

ここからはワコムの液タブについて詳しく紹介していきます。

ワコムの液タブ「Cintiq Pro」シリーズは全4種類

※画像は「Cintiq Pro」と「Cintiq」の両方あります。

 

ワコムの液タブ「Cintiq Pro」はプロ用の液晶タブレットです。

そしてこのProには4種類あります。

Cintiq Proの種類

  • Cintiq Pro 13
  • Cintiq Pro 16
  • Cintiq Pro 24
  • Cintiq Pro 32

 

製品名のうしろの数字はインチ数で、画面の大きさを表しています。

「13」なら13インチ。「16」なら16インチ。

主な違いはこういったサイズなのですが、性能も若干異なっています。

 

ではそれぞれの仕様や性能を見ていきましょう。

「Cintiq Pro」シリーズの仕様・性能の比較

まず「Cintiq Pro」の特長は、筆圧レベル8192とペンの読み取りの正確さです。

これによって繊細なタッチや、紙に描いたような描き心地を味わうことができます。

これはどのサイズのCintiq Proでも同じです。

MEMO

筆圧レベルが高いと、線の強弱がつけやすく、なめらかな描き味になる。

筆圧レベル「8192」は、2018年11月現在で最高レベル。

 

描き心地に関してはどれも同じ性能を誇りますが、色に関しては少しずつその性能は変わっていきます。

 

色に関しての主な違いは、「最大表示色」と「Adobe RGBカバー率」です。

※下記をクリックで用語の説明を見れます。

最大表示色とはその名の通り、液タブで表示できる色の数です。

最小サイズのCintiq Pro13では、1677万色。

最大サイズのCintiq Pro32ともなると、10億万色以上を表示することができます。

表現できない色はほとんどないですね。

 

※下記をクリックで用語の説明を見れます。

Adobe RGBは、アドビシステムズ(Adobe)が定義した、RGBで色を再現できる範囲のことです。

Adobe RGBカバー率は、このAdobe RGBで再現できる色を、どのくらいカバーしているか、を指します。

このカバー率が高いと他のディスプレイや、プリンタなどで見たときの色の違いをおさえることができます。

 

 

それでは4サイズのCintiq Proで、その仕様・性能を比較してみましょう。

Cintiq Proの比較
製品名 Cintiq Pro13 Cintiq Pro16 Cintiq Pro24 Cintiq Pro32
サイズ(横×縦) 360 x 235 mm 410 x 265 mm 677 x 394 mm 854 x 506 mm
厚さ 13.9mm 17.5mm 47mm 53.25mm
重さ 1.1kg 1.5kg 7.2kg 13kg
筆圧レベル 8192 8192 8192 8192
最大表示解像度 1920 x 1080
(フルHD)
3840×2160
(4K)
3840×2160
(4K)
3840×2160
(4K)
最大表示色 1677万色 1677万色 10億7,374万色 10億7,374万色
Adobe RGBカバー率 87% 85~90% 99% 98%
応答速度 30ms 25ms 14ms 8ms
視野角 160℃ 176℃ 176℃ 128℃
値段(税込) 138,240円 181,440円 311,040円 397,440円

「Cintiq Pro」はどれでも高性能なので、一番サイズが小さい「Cintiq Pro 13」でも、初心者の方であれば充分に役割を果たしてくれます。

 

「Cintiq Pro 13」を公式サイトで購入する

 

しかし描き味にこだわるのであれば、「Cintiq Pro24」以上がおすすめです。

その理由は、最大表示色が1677万色から10億7,374万色に増えるほか、【応答速度】が倍以上速くなるからです。

 

この【応答速度】は液晶のドットが、他の色へ変わるスピードを表していて、この値が低いほど、そのスピードも速くなります。

ペンを動かしたときに、画面に線が表示される速度。と思ってもらえればわかりやすいかなと。

 

絵を描くときに、素早くアタリをとるとき、影の線を入れるとき。

リズムよく、シャッシャッシャッっと引けます。

※「Cintiq Pro13」でも問題なく線を引けますが、よりなめらかに描くことができるということですよ。

 

ちなみに「Cintiq Pro32」は2018年11月に発売された、ワコムの液タブで最高峰の機能・性能・描き心地・サイズを誇っています。

値段は40万円近くするので、間違いなくプロ用ですね。

 

実際に私はお店で試し書きしました。そのときのレビューもありますので、気になる方はご覧ください。

wacom-cintiqPro32のアイキャッチ 【ワコムCintiq Pro32レビュー】液タブ最強の描きやすさ!機能・性能・サイズ全て最高峰のレベル!

 

描き味を追求する方はこちらがおすすめです↓

「Cintiq Pro 24」を公式サイトで購入する

 

 

さらに詳しい仕様をご覧になりたい方は、下記をクリックしてください。

詳しい仕様
製品名 Cintiq Pro13 Cintiq Pro16 Cintiq Pro24 Cintiq Pro32
最大輝度 250cd/m2 250cd/m2 425cd/m2 310cd/m2
読取分解能 0.005mm 0.005mm 0.005mm 0.005mm
読取可能高さ 5mm 5mm 5mm 5mm
傾き検出レベル ±60レベル ±60レベル ±60レベル ±60レベル
ペンの傾き認識範囲 40度 60度
マルチタッチ機能
SDカードスロット
充電時間 最大2 時間 最大2 時間
連続稼働時間 約160 時間 約160 時間

 

「Cintiq Pro 16」を公式サイトで購入する

「Cintiq Pro 32」を公式サイトで購入する

ワコムの液タブ「Cintiq」シリーズは全3種類

 

ここでは少し性能が違う「Cintiq16」は省きます。

ワコムの液タブ「Cintiq」は一般用の液晶タブレットです。

この「Cintiq」にはサイズ違いの種類があり、一番安いものだと77,760円になります。

 

Cintiqの種類

  • Cintiq 13HD
  • Cintiq 22HD
  • Cintiq 27HD

 

Cintiqのうしろの数字はインチ数で、画面の大きさを表しています。

「Cintiq Pro」に比べると筆圧レベルが低く、線の強弱がつきにくくなります。

ですが、趣味でイラストやマンガを描く方にとっては特にさしつかえないでしょう。

 

ちなみに「Cintiq Pro」は筆圧レベル8192。

「Cintiq」の筆圧レベルは2048です。

単純に4倍違いますね。

 

らおん

Cintiq Proの描き味がよすぎるんだよ!

「Cintiq」シリーズの仕様・性能の比較

では「Cintiq」3種類の仕様・性能を比較してみましょう。

Cintiqの比較
製品名 Cintiq13 HD Cintiq22 HD Cintiq27 HD
サイズ(横×縦) 375×248mm 650×400mm 770×465mm
厚さ 14mm 55mm 54,5mm
重さ 1.2kg 6.8kg 9kg
筆圧レベル 2048 2048 2048
最大表示解像度 1920×1080
(フルHD)
1920×1080
(フルHD)
2560×1440
(フルHD)
最大表示色 1677万色 1677万色 10億7,374万色
Adobe RGBカバー率 75% 72% 97%
応答速度 25ms 14ms 12ms
視野角 178℃ 178℃ 178℃
値段(税込) 77,760円 203,040円 289,440円

「Cintiq13 HD」と「Cintiq22 HD」の値段の差がすさまじいですね。。。

 

らおん

じ…10万円以上も違う

 

10万円以上もするとなると、「Cintiq」ではなく「Cintiq Pro」の方が、描き味の面で高性能です。

 

「Cintiq13 HD」を公式サイトで購入する

 

さらに詳しい仕様は下記をクリックしてご覧ください。

詳しい仕様
製品名 Cintiq13 HD Cintiq22 HD Cintiq27 HD
最大輝度 250cd/ 230cd/m² 330cd/m2
読取分解能 0.005mm 0.005mm 0.005mm
読取可能高さ 5mm 5mm 5mm
傾き検出レベル ±60レベル ±60レベル ±60レベル

液タブを選ぶメリット

ペンタブレットをはじめて購入する方には、この液タブは値段がネックになるのではないでしょうか。

 

しかし、液タブには液タブのメリットがあります。

それは紙に絵を描くように、直感的に手描きのような感覚で絵を描けることです。

 

PCモニターを見ながら描く板タブでは、こうはいきません。

手元を見ずに絵を描かなければいけないため、多少の慣れが必要となってきます。

 

そのわずらわしさがない液タブは、初心者の方でも簡単に絵を描くことができます。

これが液タブの最大のメリットです。

液タブを選ぶデメリット

手描きのような感覚で絵が描けるとはいえ、やはり画面が液晶のため、値段が高いことがデメリットです。

 

正直高い買い物なのでペンタブを初めて買われる方は、板タブからはじめてみてもいいですね。

 

らおん

私は板タブから入りましたよ

 

板タブなら1万円以下で手に入ります。

ワコムでおすすめの板タブはこちら↓

「Intuos ベーシック」を公式サイトで購入する

 

ワコムの板タブ製品をもっと詳しく知りたい方は方は、以下の記事が参考になりますよ。

ワコムのペンタブ全種類 ワコムのペンタブintuosとintuos pro!描き味や違いを徹底的に解説【おすすめも紹介】

 

またワコムにこだわらないのであれば、5万円以下で買うこともできます。

 

▼ワコム以外でおすすめの液タブはこちら ▼

 

5万円以下で買えるおすすめの液タブを、もっと詳しくみる方はこちら↓

おすすめの液タブ 2019年初心者におすすめの液タブ!性能と安さのコスパ最強製品を値段別に紹介!

ワコムの液タブ「Cintiq」の読み方は?

読み方は「Cintiq(シンティック)」です。

わたしは雰囲気でクインテッドって読んでましたが、シンティックに改めようと思います。

 

ちょっとわかりづらいですよね。。。

絵を描くのにおすすめのペイントソフトは「クリスタ」

液タブを買ってもペイントソフトがなければ、イラストやマンガを描くことはできません。

 

らおん

液タブとは別にペイントソフトが必要なんです

 

おすすめのペイントソフトは「CLIP STUDIO PAINT Pro」です。

私も使っていますし、プロ・アマ問わず世界中で使われています。

 

ワコムとの相性も抜群ですね。

お値段も5,000円前後とそれほど高くありませんよ。

 

\一番売れてるイラストソフト/

ワコムのおすすめの液タブはCintiq 16!描き味なめらかでクリエイティブな作業に最適!:まとめ

筆圧レベル8192の描き味抜群のワコムの液タブ。

その中でもおすすめするのはこちらの製品です。

>>【公式ストア】Wacom Cintiq 16をみる

 

場所もとらずコンパクトなのもメリットです。

 

この「Cintiq Pro」は全4種類あります。

Cintiq Proの種類

  • Cintiq Pro 13
  • Cintiq Pro 16
  • Cintiq Pro 24
  • Cintiq Pro 32

主な違いはサイズ。

「Cintiq Pro」のうしろにある数字が、画面のインチ数になっています。

 

その他、多少の性能が異なりますが、絵を描くときはさほど気にならないレベルですよ。

なので、お好みのサイズをチョイスしましょう。

 

値段は10万円以上します。ちょっと手が出せない方は「Cintiq」がおすすめです。

この「Cintiq」の最小サイズだと、10万円以下におさえることができます。

 

性能の面では「Cintiq Pro」に劣りますが、趣味で絵を描くには充分な役割を果たしてくれますよ。

簡単にわけると「Cintiq Pro」はプロ用。

「Cintiq」は一般用。と思ってもらえればOKです。

 

「Cintiq13 HD」を公式サイトで購入する

 

ペイントソフトをお持ちでない方は、ペンタブだけでは絵を描けないので、ついでに購入しましょう。

\一番売れてるイラストソフト/

 

以上、「ワコムのおすすめの液タブはCintiq16!描き味なめらかでクリエイティブな作業に最適!」でした。

 

ペンタブレットについてもっと詳しく吟味したい方は、下記の記事も参考にしてくださいね。

ワコムのペンタブ
wacom-cintiqPro32のアイキャッチ 【ワコムCintiq Pro32レビュー】液タブ最強の描きやすさ!機能・性能・サイズ全て最高峰のレベル! ワコムのペンタブ全種類 ワコムのペンタブintuosとintuos pro!描き味や違いを徹底的に解説【おすすめも紹介】 ワコムインテュオスレビュー 【Wacom Intuosレビュー】コンパクト&描きやすいペンタブレット【筆圧レベル4096】
液タブの記事
おすすめの液タブ 2019年初心者におすすめの液タブ!性能と安さのコスパ最強製品を値段別に紹介!
板タブの記事
安いペンタブの選び方とおすすめ商品-アイキャッチ 【2019年】安いペンタブレットの選び方とおすすめ商品【板タブ限定】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。