コスパ最強の液タブはこちら

XP-Penでおすすめの液タブはArtist 16 Pro!その性能とその他全種類の液タブを紹介!

xp-penのおすすめの液タブ

近頃、液タブ界で勢いのある「XP-Pen」というブランド。

液タブというと、ワコムのように値段が高いイメージがありますよね。

しかしこのXP-Penは、液タブだけど非常に安価で手に入り、それが人気なんです。

でも種類がたくさんあって、どれを選べばいいのか分からないよー!
らおん
おすすめは「Artist 16 Pro」だよ!

正直、XP-Penの液タブはどれも、ほとんど性能に差がありません。

いえ、細かくいうと違いはあるんですが、趣味で楽しむならそれほどこだわる必要はありません。

各種類で値段が違うのは主に、サイズです。

その中でもなぜArtist 16 Proがおすすめなのか。それは色域カバー率が全液タブの中で一番高いからです。

らおん
色域カバー率は異なるモニター間で、見える色の違いを少なくするもの!

というわけで本記事では、XP-Penでおすすめの液タブと、XP-Pen全種類の液タブについて紹介していきます。

おすすめはこちら!

xp-penでおすすめの液タブは『Artist 16 Pro』

XP-Penでおすすめの液タブはArtist 16 Proです。

らおん
では次からおすすめの理由を伝えていきます!

【おすすめする理由】色域カバー率が一番高い

色域とは、液晶ディスプレイなどで色を表現できる範囲です。

この色域は国際規格や、IllustratorやPhotoShopで有名なAdobe社が定義した色の範囲があります。

例えば色域カバー率が75%だと、そのディスプレイは国際規格(もしくはAdobe)が定義した色の範囲を75%まで再現できる。ということになります。

ん~よくわかんないけど、色域カバー率が高いとなにがいいの?
らおん
異なるディスプレイ間で色の誤差が少なくなるんだよ

色域カバー率が高いと、異なるディスプレイ間で色の見えかたが違う!なんてことが少なくなります。

例えば液タブを買い替えたとします。

前の液タブの色域カバー率が90%。新しい液タブの色域カバー率が75%だと、前の液タブで作成したイラストを新しい液タブで開いたときに、色が違って見えます。

90% ⇒ 75%だと、色を再現できる範囲が小さくなるので、色味が違って見えるんです。

らおん
なので色域カバー率は高いほうがいい!

ではArtist 16 ProはXP-Penの中でどれほど色域カバー率が高いのか。表にしてみました。

色域カバー率の比較
製品名 色域カバー率
Artist 12 Pro 72%
Artist 15.6 Pro 88%
Artist 16 Pro 92%
Artist 22 Pro 82%
Artist 22E Pro 84%
Artist 12 72%
Artist 15.6 75%

この表をご覧の通り、Artist 16 Proの色域カバー率が一番高くなります。

ちなみにArtist Proシリーズでは、他の性能に差はありません。

この性能は他と同じ
  • 筆圧レベル
  • 応答速度
  • 解像度
  • 最大表示色

つまり、色域カバー率の一番高い製品を選んだ方が、よい液タブと出会えます。

らおん
それが「Artist 16 Pro

値段もArtist Proシリーズは約1~2万円の差しかありません。

それならこれに決定だね!

xp-pen Artist 16 Pro でおすすめの保護フィルム

液タブに保護フィルムはかかせません。

らおん
スマホに保護フィルムを貼る感覚と同じ!

液タブは液晶に直接ペンで絵を描いていくので、当然キズや汚れがつきやすくなります。

指紋がつくのもイヤ!

それを防ぐおすすめの保護フィルムはこちら!

主な特長は以下。

  • ペーパーライク
  • ブルーライトカット
  • 指紋防止
  • 反射防止

ペーパーライクとは、紙と同じ描き心地になる加工です。紙(アナログ)で描き慣れている方にはうれしい仕様。

また、目が疲れにくくなるブルーライトも大幅にカットしてくれます。

長時間作業も安心!

指紋や反射も防止してくれるので、保護フィルムの有無で液タブの使い心地がガラっと変わりますよ。

保護フィルムならではの液タブの使い心地を、ぜひ手に入れてください。

xp-penのおすすめ液タブで使うペイントソフト

XP-Penの液タブだけでは絵を描くことはできません。

えっ!そうなの!?
らおん
別にペイントソフトが必要なんだ!

そこでおすすめのペイントソフトは「CLIP STUDIO PAINT(通称クリスタ) 」です。

クリスタにはPROとEXの2種類あり、

  • PRO = イラスト用
  • EX = マンガ用

という使い分け。マンガ用のEXとなると、アニメーションも作れる優れものです。

イラスト用のPROでも機能が充実しており、プロ・アマ問わず多くの人が利用しています。

らおん
わたしは漫画を描くのでEXを愛用!

イラスト用のPROだと5,000円と値段もお手頃。さらに今後もアップデートで機能が増え、使いやすくもなっていきます。

ペイントソフトはクリスタに決めた!
\一番売れてるイラストソフト/

プロも愛用

低価格で高機能

\本格的にマンガ描くならEX/

マンガ制作機能充実

永久ライセンス

クリスタのダウンロード方法はこちら

クリスタの購入方法のタイトル画像 知らないと損するクリスタの購入方法!一番お得なのは公式サイトで買うこと

その他のxp-penの液晶ペンタブレットを詳しく紹介

紹介した「Artist 16 Pro」が、なんかしっくりこない方のために、XP-Penの他の液タブもご紹介します。

XP-Penの液タブからは、主に2つのシリーズが販売されています。

  • Artist Proシリーズ
  • Artistシリーズ

この2シリーズの違いは主に、

  • 色域カバー率
  • エクスプレスキーの数
  • タッチバーorリングホイール

です。

色域カバー率が高いのはもちろん「Pro」シリーズ。

そして「Pro」シリーズは通常の「Artist」シリーズと違い、エクスプレスキーの数が多いです。

なのでカスタマイズの幅も広がり、リングホイールで使い勝手もよくなるのが「Pro」シリーズです。

らおん
それでは両シリーズを紹介していきます

Artist Proシリーズと性能比較

Artist Proシリーズは6種類。

Artist Pro の種類
  • Artist 12 Pro
  • Artist 13.3 Pro
  • Artist 15.6 Pro
  • Artist 16 Pro
  • Artist 22 Pro
  • Artist 22E Pro

【12】や【16】などの数字はインチ数で、画面の大きさを表しています。

Proシリーズではほとんど性能に差がないので、お好きなサイズの液タブを選んでくださいね。

それでは各性能を比較してみます。

製品名 サイズ(縦×横) 重さ 筆圧レベル 最大表示解像度 最大表示色 色域カバー率 応答速度 視野角 エクスプレスキー
Artist 12 Pro
Artist12Pro
351.52 x 225.38mm 12.9mm 8192 1920×1080 1670万色 72% 14ms 178度 8個
Artist 13.3 Pro
Artist_13Pro
390.4 x 249.98mm 12.9mm 8192 1920×1080 1670万色 88% 14ms 178度 8個
Artist 15.6 Pro
Artist_15.6Pro
443 × 280mm 11mm 8192 1920×1080 1670万色 88% 200RPS
(14msより少し遅い)
178度 8個
Artist 16 Pro
Artist_16Pro
405 × 255mm 30mm 8192 1920×1080 1670万色 92% 14ms 178度 8個
Artist 22 Pro
Artist_22Pro
517 × 321mm 30mm 8192 1920×1080 1670万色 82% 14ms 178度 8個
Artist 22E Pro
Artist_22E-Pro
567 × 326mm 30mm 8192 1920×1080 1670万色 84% 14ms 178度 16個
おすすめはこちらです!

Artistシリーズと性能比較

XP-PenのArtistシリーズは、Proシリーズよりエクスプレスキーの数が少なく、カスタマイズ性において劣っています。

色域カバー率もProシリーズよりも低いです。

Artistシリーズは3種類。

Artistの種類
  • Artist 12
  • Artist 13.3V2
  • Artist 15.6

【12】や【15.6】などの数字は、おおよそのインチ数で画面の大きさを表しています。

それでは各種類の性能の比較を表にしてみます。

製品名 サイズ(縦×横) 重さ 筆圧レベル 最大表示解像度 最大表示色 色域カバー率 応答速度 視野角 エクスプレスキー
Artist 12
Artist_12
364.11×218.87mm 8192 1920×1080 1670万色 72% 14ms 178度 6個
Artist 13.3V2
390 x 250mm 14mm 8192 1920×1080 1670万色 75% 200PPS
(14msより少し遅い)
178度 6個
Artist 15.6
Artist_15.6
443 × 280mm 12.6mm 8192 1920×1080 1670万色 75% 200RPS
(14msより少し遅い)
178度 6個
おすすめはこちらです!

xp-penでおすすめの液タブはArtist 16 Pro!その性能とその他全種類の液タブを紹介!:まとめ

XP-Penでおすすめの液タブは「Artist 16 Pro」です。

性能がほぼ横並びのProシリーズで、色域カバー率が一番高いのが特長。

値段も5万円以内で手に入り、初心者にも手が届きやすいです。

液タブを購入される場合は、一緒に保護フィルムもあるとより、描き心地がよくなりますよ。

ペーパーライクで紙のような描き心地、さらにブルーライトカットで目にも優しいです。

おすすめの液タブ おすすめする液タブは性能と安さのコスパ最強!初心者にも優しい5万円以下に厳選【2019年版】 ワコムのおすすめの液タブ ワコムのおすすめの液タブはCintiq16!プロはCintiq Pro32!描き味なめらかでクリエイティブな作業に最適! huionのおすすめの液タブ HUIONでおすすめの液タブはKamvas Pro16!その性能と全液タブをまとめて紹介! クリスタの購入方法のタイトル画像 知らないと損するクリスタの購入方法!一番お得なのは公式サイトで買うこと xp-penのおすすめのペンタブ XP-Penのペンタブでおすすめなのは?全Decoシリーズの性能を比較した結果スマホでも使えるDeco03が最良!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。