漫画を描くおすすめの液タブ

【Wacom Cintiq 16詳細レビュー】視差も気にならない初心者でも使いやすい高性能な液タブ

WacomCIntiq16のレビュー

デジタルで絵を描くのに欠かせないペンタブレット。その中でも、アナログ感覚で絵を描きたい人におすすめなのが液タブです。

数ある液タブの中でも、値段と性能のコスパの良いモデルが、Wacomワコム社の「Wacom Cintiq 16」。

WacomCintiq16の外装

これまでWacomの液タブは一番安いモノでも10万円前後と、とても高価なものでした。

ですがこのWacom Cintiq 16が登場してから、初心者や趣味で絵を楽しみたい人にも手が届くように。

手が届きやすい低価格帯になっても性能はそのまま。高品質と高性能を誇っています。

らおん
注文してから届くまでワクワクが止まりませんでした!

というわけで本記事では「Wacom Cintiq 16」をどこよりも詳細にレビューしていきます。

Wacom Cintiq 16のスペック

Wacom社の「Wacom Cintiq 16」は15.6インチの液晶ペンタブレット。

WacomCintiq16の本体

液晶画面に直接ペンで絵を描いていくので、あわせて保護フィルムも揃えておくとベターです。

WacomCintiq16の保護フィルム
らおん
液晶画面を守るだけでなく、紙のような描き心地になります!

紙のような描き心地になる保護フィルム(ペーパーライク)には2種類あります。

ペーパーライクの種類
  • 上質紙
  • ケント紙

それぞれの違いは下図。

液タブの保護フィルムの種類

らおん
わたしはしっかり描きたいので上質紙を購入しました!

Wacom Cintiq 16のスペックは以下。横にスライドできます。

製品名 サイズ(横×縦) 厚さ 重さ 筆圧レベル 傾き検知 読取り高さ 最大表示解像度 最大表示色 Adobe色域カバー率 応答速度 視野角 ファンクションキー タッチ機能
Wacom Cintiq 16
cintiq16
422×285mm 24.5mm 1.9kg 8192 ±60 5mm 1920×1080
(フルHD)
1677万色 96%
(sRGB)
25ms 176℃ 0個

外観

色は黒でシンプルなつくり。それでいて重厚感があります。

WacomCintiq16の本体
らおん
これで絵を描けるんだな…となにやら満足感のようなもので気持ちが高まります

描くときに意外とわからなくて焦る電源スイッチは右上に。

CIntiq16の電源スイッチ

背面にはスタンドがついており、本体に角度をつけて絵も描けます。

CIntiq16のスタンド
CIntiq16のスタンド使用

ただし本体のスタンドは折り畳み式なので角度の調整はできません。

細く角度調整を行いたい場合は別売りの「専用スタンド」が必要。でもここは使ってみて必要性を感じたら買い足せばOKです。

らおん
もちろんスタンドを使わず、液タブ本体を平面において絵を描くこともできます!

厚さは思ったより分厚くなく、持ちやすい。傾斜があり、前側が少し低くなっているので、絵が描きやすい姿勢になるよう設計されています。

CIntiq16の上面の厚さ
CIntiq16の側面の厚さ

ペンが収納できるホルダーも側面についています。

CIntiq16のペンホルダー

このペンホルダーは取り外し可能で、左右どちら側にも設置できます。

らおん
わたしは左利きなので左側につけてます!

サイズ・重量

Wacom Cintiq 16の本体サイズは422 × 285 mmで、B4の漫画原稿用紙より一回り大きいです。

CIntiq16の大きさ

厚さは約2.4cm。傾斜がついてるので、薄い面で約1.1cm。

サイズこそ大きいですが比較的薄いため、バッグなどに入れてもかさばらず、持ち運びしやすくなっています。

重さは1.9kgですが、女性が片手でも持てるくらいです。製品にもよりますが、体感はノートPCより軽い。

付属のケーブル類はあわせて564g(バンド含む)。本体とあわせると約2.4kgです。

CIntiq16のケーブルの重さ

液晶ディスプレイ

Wacom Cintiq 16 の液晶ディスプレイは1920 x 1080ドット(フルHD)の解像度です。

作業領域は15.6インチでアスペクト比(縦:横の比率)16:9。A4サイズより少し大きいです。

CIntiq16の作業領域の広さ
作業領域
絵が描ける範囲のこと。

また液晶画面にはアンチグレアフィルムがほどこしてあり、反射(映り込み)しにくくなっています。

らおん
反射を気にしなくていいので絵に集中できます!

インターフェース

Wacom Cintiq 16 のインターフェースは3つ。

  1. 裏面にある折り畳み式スタンド
  2. 左右にあるペンホルダーの差し込み口
  3. 3 ni 1ケーブルの接続部
CIntiq16のインターフェース

ケーブルの仕様

ケーブルは本体とパソコンをつなぐ線。そして電源ケーブル、ACアダプタが同梱されています。

CIntiq16のケーブル

液タブはそれ単体ではなにもできません。ケーブルを適切につないで使えるようにします。

各ケーブルの役割
  • USB-A = 液タブの認識
  • HDMI = 映像の入出力
  • ACアダプタ = 電源ケーブルに繋ぐ
  • 電源ケーブル = 電源供給

お使いのパソコンにHDMI端子がない場合は変換アダプタでつなぐことができます。

らおん
マイクロソフトのノートパソコン、Surface系のシリーズはHDMI端子がないので注意

液タブとパソコンをつなぐケーブルは1.8mある3 ni 1で、

  • USB-A
  • HDMI
  • ACアダプタ

につなぐ端子が1つにつながっています。

CIntiq16の付属のケーブル

この3 ni 1 ケーブルは片方を液タブ本体に、

CIntiq16にケーブル接続

もう片方をパソコンとアダプタにつなげます。

wacomcintiq16のケーブルをパソコンに接続
CIntiq16のケーブルをつなぐ

Wacom Cintiq 16の描き味

付属のペンは「Wacom Pro Pen 2」。

Wacom Cintiq 16で実際に描いてみてレビューします。

筆圧レベル

Wacom Cintiq 16 の筆圧レベルは8192。つまり8192段階で筆圧を感知する性能があり、これは最高レベルです。

cintiq16の筆圧

紙にペンで描くのと遜色そんしょくなく描けます。

ブラシサイズや筆圧の設定によって、思わず太い線になることもありますが、ここは調整できます。

視差

視差とはペン先と画面に描画される部分の差です。

この差があると狙ったところに線が引きにくくなり、思うように絵が描けません。

Wacom Cintiq 16ではどうか…

cintiq16の視差

視差は気になりません。思った通りのところに線が引けます。

応答速度

応答速度は、液晶画面のドットの色が切替わる速度です。

つまりササっと描いた線が、どのくらいのスピードで表示されるのか。ということ。

Wacom Cintiq 16の応答速度は25ms(単位はミリ秒)。

液晶画面に描いた線が約0.025秒で表示されます。

cintiq16の応答速度

すばやく描いても全然反応してくれます。しかも筆圧を感じとりながら。

らおん
ペンが早い人でも大丈夫!

試しにさらっと落書きした絵はこちら。

液タブ試し書き

Wacom Cintiq 16の機能

液タブには性能のほかに、タッチパネルやショートカットキーなどの機能が搭載されているものがあります。

タッチパネル

スマホやタブレットのように、液晶画面を指で操作できる機能。

残念ながらWacom Cintiq 16にはこの機能がありません。

ありませんが、ペンでタッチなどの操作が行えるので、それで十分だと感じます。

ファンクションキー

キーボードのショートカットを登録できるボタン。

Wacom Cintiq 16 にはこのファンクションキーがありません。

ですがこれは左手デバイスという機器を使うことで補うことができます。

あったほうが便利ですが、初心者の方はソフトの使い方や、デジタルで描くことに慣れるまではなくても大丈夫です。

あるていど慣れてきて、必要性を感じたら買い足せばOK。

ちなみに私は使っていません。

らおん
液タブでショートカットキーをバリバリ使ってたぜ!って人は用意するといいですよ

Wacom Cintiq 16の同梱品

CIntiq16の同梱品
Wacom Cintiq 16の同梱品
  • Wacom Pro Pen 2
  • ペンホルダー(本体に設置)
  • ペンの替え芯3本
  • 3 in 1ケーブル(1.8m)
  • ACアダプタ(1.5m)
  • 電源ケーブル (1.8m)
  • クイックスタートガイド
  • 保証書
  • レギュレーションシート

ペンの替え芯はペンホルダーにくっついています。

CIntiq16のペンの替え芯

Wacom Cintiq 16のお得なセットや特典

Wacom Cintiq 16はそれだけでは使えません。これはどの液タブでも同じ。

絵を描くには、液タブのほかにペイントソフトが必要になります。

この項目ではセットで購入するとお得な商品を紹介します。

【Amazon限定】素材ブラシの特典

Wacom Cintiq 16をAmazonで購入すると、CLIP STUDIO PAINT(通称クリスタ)で使える素材ブラシがもらえます。

これはAmazonだけの特典です。

【Wacomストア限定】CLIP STUDIO EXとのセット

液タブで絵を描くにはペイントソフトが必要。

特に漫画なら複数枚のページに、多くのセリフや絵を描いていきます。

それを効率よく作業でき、管理もできるソフトが「CLIP STUDIO PAINT EX(クリスタEX)」です。

らおん
ただクリスタEXはちょっと高いんですよね…

クリスタEXを単体で購入すると値段が張ります。

ですがWacom Cintiq 16のセットだと、別々で購入するより安く手に入れることができます。

ただしこれはWacomストア限定のセット。他では手に入りません。

らおん
漫画を描く人はストア限定セットがお得!
Check Now

Wacom公式ストア限定

クリスタは永久ライセンス

82,500円(税込)

イラストを描く人はクリスタPROでOK。こちらはお手頃価格で手に入ります。

ソフトのダウンロードは下記のボタン、公式ページから行えます。

\一番売れてるイラストソフト/

プロも愛用

低価格で高機能

液タブとクリスタのセット 液タブ(ペンタブ)とクリスタをセットで購入するには?買い方と選び方を徹底解説!

Wacom Cintiq16レビューまとめ

Wacom Cintiq 16のレビューでした 。

実際に描いてみて、線を引くスピードの反応も筆圧も、紙に描くのとそこまで違いはありません。

らおん
普通に絵を楽しめる♪

実は液タブを使う前はWacomの板タブを使っていたんですが、こちらは慣れるまで時間がかかりました。

なんせ手元を見ずにディスプレイ見ながらですからね。この感覚はすぐには慣れませんでした。

ですが液タブならそんな慣れは不要。すぐにさらさら絵を描けることに感動。

らおん
液タブ、めっちゃええやん…

ただ少し気になる点があるとすれば、液晶画面とペンの接地部分によって、感触がガリガリと違和感があること。

角度を変えると問題ないのですが、そこはちょっと気になる。なので保護シートがあるとベターかな、と思います。

ということでこれからは Wacom Cintiq 16 を愛用していきます!

【本気で選ぶ】液晶ペンタブレットのおすすめ13選!安さや機能を徹底比較し初心者でも選びやすい ワコムのおすすめの液タブ ワコムの液タブを初心者とプロ用でおすすめ!全製品と比較した結論 液タブとクリスタのセット 液タブ(ペンタブ)とクリスタをセットで購入するには?買い方と選び方を徹底解説! イラストレーターにおすすめの液タブ イラストレーターが使うペンタブはワコムで決まり!おすすめ製品を紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。