全メーカー対象!おすすめの液タブはこちら

液タブ13インチのおすすめ3選!小さくてコンパクトなサイズ感

13インチの液タブ

液タブの大きさはたくさんありますが、13インチの液タブは小さい部類に入ります。

小さいゆえにコンパクトで、大きいサイズに比べ値段も安いのが特長です。

らおん
らおん

手軽に液タブで絵を描きたい人におすすめ!

女の子
女の子

そうなんだ!でも13インチってどれくらいの大きさなの?

らおん
らおん

じゃあサイズ感もあわせておすすめの液タブも紹介していくね!

というわけで本記事では、13インチの液タブの大きさと、おすすめ製品を紹介していきます。

【ガイド】読みたいところへ飛ぶ

液タブ13インチは小さい?

液タブ13インチの大きさ
画像はWacom One 13

13インチの液タブはコンパクトなノートパソコンと同じくらいの大きさ。

その大きさから実際に絵が描ける範囲はさらに狭くなります。

女の子
女の子

じゃあ少し小さく感じるかも!

らおん
らおん

大きなストロークでは絵を描けないね!

絵が描ける作業領域は約A5サイズほどなので、おおきなキャンパスにイラストを描くにはあまり向いていません。

ですが小さいがゆえにコンパクトで、手軽に絵を描きたい人にはおすすめ。

場所もそれほど取らないので、趣味やちょっとした時間に絵を描きたい人には最適です。

液タブ13インチの実際の大きさ

液タブ13インチのサイズ感
画像の製品はWacom Cintiq Pro 13

上図は13インチの液タブとコミックスとの対比です。

らおん
横幅はコミックス3冊分くらいの大きさ!

製品によって多少大きさの違いはありますが、13インチの液タブはだいたいこれくらいのサイズです。

本体サイズと作業領域

13インチの液タブ、Wacom One 13を例にあげると、本体サイズは横357×縦225mmです。

絵が描ける作業領域(読取可能範囲)は横294×縦199mm とB5ノートサイズより少し大きいていど。

大きく場所をとらずにすむため、小さな机でも置くことができます。

13インチのおすすめの液タブ3選

紹介する13インチのおすすめの液タブはこちらです。

Wacom One 13

ワコムから販売されている13インチの液タブ「Wacom One 13」です。

本製品の最大の特徴は、スマホでも使用可能なところ。

13インチのコンパクトさで持ち運びも手軽、場所を選ばず自由に絵を描くことができます。

さらに別で用意が必要なペイントソフトも購入特典としてついてきます。

女の子
女の子

わ!すごい!すぐに絵が描けるんだね!

らおん
らおん

ペイントソフトも有名なクリップスタジオだから嬉しいよね!

ペイントソフトの受け取り方はこちらで解説。

4096段階の筆圧感知と、±60°の傾き検知で線がブレず、入りと抜きの強弱も表現できます。

2020年1月に発売された、ワコムの最新液タブです。

Kamvas Pro 13

Huionから販売されている13インチの液タブ「Kamvas Pro13」です。

Wacom One13のようにスマホでの使用はできないものの、性能はこちらのほうが上です。

8192段階で筆圧を感じとり、266PPSですばやく液晶画面に線が描画されます。

女の子
女の子

すごい!描きあじ抜群なんだね!

らおん
らおん

Adobe色域カバー率も92%で色表現もバッチリ!

パソコン環境で絵を描くなら、おすすめの13インチ液タブです。

Artist 13.3 Pro

XP-Penから販売されている13インチの液タブ「Artist 13.3 Pro」です。

XP-Penの液タブは操作性に優れているのが特長。

8個のファンクションキーで、保存や取り消しなどのショートカット。リングホイール活用でキャンパスの拡大・縮小が自由自在に操れます。

女の子
女の子

え!めっちゃ便利!!

らおん
らおん

キーボード操作は他の液タブより少なくて済むよ!

作業効率を求める方におすすめの液タブです。

Artist13.3Proの詳細レビューをみる

xp-penのartist13proレビュー 【Artist 13.3 Proレビュー】コンパクトで描き味抜群の液タブ

性能比較

13インチの液タブの性能比較表です。

製品名 本体サイズ(横×縦) 厚さ 重さ 筆圧レベル 応答速度 色域カバー率 傾き検知 最大表示解像度 最大表示色 視野角 ファンクションキー タッチ機能

「Wacom One 13」
357×225mm 14.6mm 1.0kg 4096 26ms 72%(NTCS) ±60 1920×1080
(フルHD)
1677万色 170℃ 0個

「Kamvas Pro 13」
388×219mm 11mm 0.91kg 8192 266PPS 92%(Adobe)
120%sRGB
±60° 1920×1080
(フルHD)
1670万色 178℃ 4個 タッチバー有

「Artist 13.3 Pro」
390.4 x 249.9mm 12.9mm 情報なし 8192 14ms 88%(NTCS) ±60° 1920×1080
(フルHD)
1670万色 178℃ 8個 リングホイール有
スマホでも使うなら
パソコン環境で使うなら
操作性を手に入れたいなら

13インチの液タブを選ぶメリット・デメリット

13インチの液タブは少し小さく、人によっては描きにくく感じることもあります。

そういったメリット・デメリットを把握し、しっかりとした目的にあわせて選びましょう。

デメリット

純粋に描きやすさを求めるなら、13インチでは物足りません。

大きなストロークで線が引けないため、手首を使って細かく絵を描く必要があります。

また大きなキャンパスで絵を描くときも、13インチだと縮小率が高くなります。

そのため拡大・縮小を繰り返す頻度も高まり、作業効率がグッと落ちます。

16インチ以上の液タブなら絵を描くのに適したサイズ感です。

16インチの液タブ 液タブ16インチのおすすめ2選!絵を描くのに最適で万人向けの製品

メリット

当たり前ですが、小さくコンパクトなことはメリットです。

作業場所もあまりとらないので、パソコン・キーボードと同時に机に置きやすいです。

また使わないときはサッとしまっておけるサイズ感なので、趣味の人や初心者にも向いています。

さらに持ち運びもしやすいため、ノートパソコンとともに外出先へ持ち出し、絵を楽しむことができます。

液タブ13インチのおすすめ3選まとめ

液タブ13インチのおすすめと、その大きさを紹介しました。

13インチというサイズはコンパクトで値段も安いため、これから液タブをはじめる人におすすめです。

また液タブを購入の際には、一緒に保護シートもあるとベターです。

液晶画面の保護だけでなく、ブルーライトカットで目の疲れ軽減、紙のような描き心地で描き味アップなど、絵を描くのに良い効果を発揮してくれます。

xp-penのartist13proレビュー 【Artist 13.3 Proレビュー】コンパクトで描き味抜群の液タブ 16インチの液タブ 液タブ16インチのおすすめ2選!絵を描くのに最適で万人向けの製品 【本気で選ぶ】液晶ペンタブレットのおすすめ13選!安さや機能を徹底比較し初心者でも選びやすい 価格が安い液タブ 【5万円以下】価格が安い液タブ!性能と安さのコスパ最強人気モデル7選! 液タブのサイズの選び方とおすすめの大きさ 液タブのサイズの選び方とおすすめの大きさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。