おすすめの漫画講座はこちら

液タブ3万円代のおすすめ製品3選!はじめてのデジ絵に最適

液タブ3万円

液タブの存在を知ったけど、高価な液タブは手が出しづらいですよね。

らおん
でも大丈夫!

まずはお手軽にデジ絵をはじめたい、そんな方におすすめなのが3万円代の液タブです。

液タブの価格はサイズで変わるため、比較的安価でも高性能な製品はたくさんあります。

サイズでいうと大きさは13インチくらい。それ以上大きい液タブは、5~6万円以上します。

13インチのサイズ感
xp-pen-artist13proの本体サイズ

液タブの中では少し小さいサイズ感ですが、以下のようなメリットがあります。

  • 安価で手に入る
  • 扱いやすい
  • 作業場所をとらない
  • 持ち運びできる

扱いやすく、持ち運び可能なサイズ感なので、デジ絵をはじめるのにピッタリです。

というわけで本記事では、液タブ3万円代のおすすめ製品を紹介していきます。

液タブ3万円代のおすすめ製品

3万円の液タブといえど、その性能は高価な液タブと引けを取りません。

中華液タブと呼ばれる海外メーカーの製品も、年々高性能になっています。

らおん
低予算で手に入れるなら海外メーカーがおすすめ!

3万円代で手に入るおすすめの液タブはこちら。

【ガイド】読みたいところへ飛ぶ

XP-Pen Artist 13.3Pro

xp-en-artist13proの箱

XP-Penの液タブ「Artist 13.3Pro」。

XP-Penは海外製でありながら、描いた線の安定感は他メーカーを圧倒しています。

らおん
常に高パフォーマンスを発揮!

視差もなく、線の入り抜きや強弱がしっかりでき、思い通りの線を描けます。

artist13proの筆圧レベル

外観は下図。A4用紙ほどの、絵が描ける範囲があります。

artist13proの作業領域

ショートカットをカスタマイズできるファンクションキーは8個。

作画の効率化もはかれます。

またスタンド付きなので、長時間描いても首や肩は、比較的楽に作業できます。

artist13proスタンドの角度

メーカー4社ほどの液タブを使ったことがありますが、描き心地に関してはXP-PenかWacomがダントツ。

ただしWacomはファンクションキーがないモデルが多いため、機能面でXP-Penがおすすめです。

3万円代の液タブで迷ったら、XP-PenのArtist 13.3Proで決まり。

性能表
製品名 本体サイズ(横×縦) 厚さ 筆圧レベル 応答速度 色域カバー率 最大表示色 最大解像度 視野角 傾き検知 ファンクションキー メーカー
Artist_13
Artist 13.3Pro
390.4 x 249.98mm 12.9mm 8192 14ms NTSC 88% 1670万色 1920×1080 178° ±60° 8個 XP-Pen

【レビュー】XP-Pen Artist 13.3Proをみる

xp-penのartist13proレビュー XP-PenのArtist 13.3 Proレビュー!コンパクトで描き味抜群の液タブ

Wacom One13

wacom one13パッケージ

Wacomの液タブ「Wacom One13」。

世界で圧倒的シェアを誇るWacomの液タブ、サイズは13インチです。

CIntiq16の作業領域の広さ

Wacomの製品はどれも品質がいいため、作画時も高パフォーマンスを保ってくれます。

らおん
つまり性能にムラがないから安定して描ける!

実際の描画がこちら。

WacomOne13の筆圧レベル

初心者でもスラスラ線を描けます。

ショートカットのカスタマイズができるファンクションキーがないのが欠点ですが、その代わり一部のAndroidスマホでも使えるのがメリットです。

らおん
パソコンがなくても使える!

ただしAndroidで使う場合は、OTG変換プラグが別途必要です。

線の安定性やAndroidで使いたい人はWacom One13がおすすめ。

性能表
製品名 本体サイズ(横×縦) 厚さ 筆圧レベル 応答速度 色域カバー率 最大表示色 最大解像度 視野角 傾き検知 ファンクションキー メーカー
wacomone13
Wacom One13
357×225mm 14.6mm 4096 26ms NTCS 72% 1677万色 1920×1080 170° ±60° Wacom

【レビュー】Wacom One13をみる

WacomOne13レビュー 【WacomOne液晶ペンタブレット13レビュー】Androidでも使える優れた液タブ

HUION Kamvas Pro13

kamvaspro13

HUIONの液タブ「Kamvas Pro13」。

13インチの液タブです。

アンチグレアガラスを搭載しているため、光の反射がおさえられ、集中して作画に取り組めます。

画像引用「Amazon」

僕は本製品の一回り大きい型、Kamvas Pro16を使ったことがありますが、線の描き味は他者メーカーより少し劣る印象。

個人的にHUIONは4Kの液タブを開発していることもあり、描画よりカラーなどのグラフィックに強いイメージです。

なのでフルカラーのイラスト、美麗なイラストを描きたい人にはおすすめ。

性能表
製品名 本体サイズ(横×縦) 厚さ 筆圧レベル 応答速度 色域カバー率 最大表示色 最大解像度 視野角 傾き検知 ファンクションキー メーカー
kamvas_Pro13
HUION Pro13
388×219mm 11mm 8192 266PPS sRGB 120% 1670万色 1920×1080 178° ±60° 4個 HUION
16インチの4K版!

【レビュー】Kamvas Pro16 Plus4Kをみる

huionのkamvaspro16plus4kレビュー HuionのKamvas Pro16 plus4Kレビュー!高解像度で色彩豊かな液タブ

3製品の性能比較表

本記事で紹介した、3製品の性能の比較です。

製品名 本体サイズ(横×縦) 厚さ 筆圧レベル 応答速度 色域カバー率 最大表示色 最大解像度 視野角 傾き検知 ファンクションキー メーカー
Artist_13
Artist 13.3Pro
390.4 x 249.98mm 12.9mm 8192 14ms NTSC 88% 1670万色 1920×1080 178° ±60° 8個 XP-Pen
wacomone13
Wacom One13
357×225mm 14.6mm 4096 26ms NTCS 72% 1677万色 1920×1080 170° ±60° Wacom
kamvas_Pro13
HUION Pro13
388×219mm 11mm 8192 266PPS sRGB 120% 1670万色 1920×1080 178° ±60° 4個 HUION

描き味に関する数値はWacomが少し劣っているように見えますが、これはあくまで最高パフォーマンス時の数値。

常にこの数値で描画できるわけではありません。

筆圧レベルや反応速度などは実は数値の高さより、安定して高パフォーマンスが発揮できるかどうかの方が大事です。

その視点でいくと、XP-PenとWacomは実際に使って、安定していました。

HUIONはじゃっかん、パフォーマンスがでていないように感じました。

液タブ3万円代のおすすめ製品まとめ

3万円代で手に入るおすすめの液タブでした。

本格的に絵を描くなら16インチ以上の液タブがおすすめですが、趣味ではじめるなら12~13インチの液タブがおすすめです。

12インチの液タブは2万円代で手に入るので、3万円よりお手軽ですね。

【ガイド】読みたいところへ飛ぶ
xp-penのartist13proレビュー XP-PenのArtist 13.3 Proレビュー!コンパクトで描き味抜群の液タブ WacomOne13レビュー 【WacomOne液晶ペンタブレット13レビュー】Androidでも使える優れた液タブ huionのkamvaspro16plus4kレビュー HuionのKamvas Pro16 plus4Kレビュー!高解像度で色彩豊かな液タブ 13インチの液タブ 液タブ13インチのおすすめ3選!小さくてコンパクトなサイズ感 16インチの液タブ 液タブ16インチのおすすめ3選!クリエイティブに抜群の高性能 xp-penおすすめの液タブ 【最新】XP-Penでおすすめの液タブ!選び方と全製品の性能比較! ワコムのおすすめの液タブ ワコムの液タブを初心者とプロ用でおすすめ!全製品と比較した結論 huionのおすすめの液タブ HUIONでおすすめの液タブはKamvas Pro16!その性能と全液タブをまとめて紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。