マンガ講座の紹介はこちら

HuionのKamvas Pro16 plus4Kレビュー!高解像度で色彩豊かな液タブ

huionのkamvaspro16plus4kレビュー

Huionの液タブ「kamvas Pro16 plus 4K」。

個人的に最も使いやすいサイズ16インチの液タブで、4Kという高解像度。

らおん
画面の綺麗さが違います!

色域カバーも広いため、色彩豊かな表現にも富んでいます。

発色も良いため、美麗なイラストを描きたい人におすすめの液タブです。

ということで本記事では「 kamvas Pro16 plus 4K」を詳しくレビューしていきます。

メリット
  • 4Kの高解像度
  • 色表現が豊か
  • 描きやすい
デメリット
  • ファンクションキーなし
MEMO
本記事はHUION様から商品をご提供いただき作成しています。

kamvas Pro16 plus4Kの外観とサイズ

huionのKamvasPro16Plus4Kのパッケージ

黒を基調とした重厚感あるパッケージの液タブ。

この液タブで絵が描けるのか…と手元に届いただけで嬉しくなりますね。

本体の外観・サイズ感はこちら。

Artist16 Pro外観サイズ
本体サイズ(横×縦) 402.7×257.4mm
描画領域 345.6× 194.4mm
厚さ 13mm
重さ 1.27Kg
ファンクションキー なし
らおん
それでは開封していきましょう!
huionのKamvasPro16Plus4K開封

開封するとしっかり包装された「Kamvas Pro16 Plus 4K」の本体が現れました。

丁寧に包装と保護用のフィルムを剥がします。

kamvaspro16-plus4kの本体

本体サイズは402.7×257.4mm。

液タブのブルーライトカットや、紙のような描き心地にしたいなら、別途ペーパーライクフィルムなどを貼ると良さげです。

Kamvas Pro16 Plus 4K 本体のサイズ感の比較です。

huionのKamvasPro16Plus4Kの本体

実際に絵が描ける作業領域は345.6× 194.4mmの15.6インチ。

そして裏面はシルバーでシンプルなデザインです。

huionのKamvasPro16Plus4K本体の裏面

側面にはUSBポートがあります。

huionのKamvasPro16Plus4Kのインターフェース

これはパソコンと繋ぐためのものですね。

続いて本体の厚さ。これは12mm。

huionのKamvasPro16Plus4Kの厚さ

少年コミックよりも少し薄いくらいで扱いやすいです。

Kamvas Pro16 Plus4Kには付属でスタンドがついています。

huionのKamvasPro16Plus4Kのスタンド

スタンドを使うと角度を調整して使うことができます。

huionのKamvasPro16Plus4Kの角度調整

スタンドを使うと長時間の作業で、首や肩の痛みを軽減できます。

kamvas Pro16 plus4Kのレビュー

液タブでは数少ない4Kディスプレイです。

キメ細やかな液晶表示で、なめらかな表現で絵を描けます。

らおん
では実際に使った使用感をレビューしていきます!

性能の一覧表

kamvas Pro16 plus4Kの性能表。

kamvas Pro16 plus4K性能
筆圧レベル 8192
応答速度 25ms
色域カバー NTSC105%
sRGB145%
最大表示色 1670万色
最大解像度 3840×2160
視野角 178°
傾き検知 ±60°
Android対応

色域カバーも広く、解像度が高いのが特長。

さらに4Kということもあり、発色も良く鮮やかです。

Androidにも対応していますね。

4Kという高解像度

kamvas Pro16 plus4Kの最大の特長は高解像度である4K。

ほとんどの液タブの解像度が1920×1080なのに対し、本製品は3840×2160と2倍の性能を誇っています。

らおん
解像度とは画面にあるドットの数!

液タブやパソコンなどのモニターは、すべてドットで表現されています。

つまりこのドットが多ければ多いほど、くっきりなめらかな表現ができます。

解像度の説明

kamvas Pro16 plus4Kはその名の通り4Kなので、他の液タブに比べて綺麗な画面。

色域カバーも広く、豊かな色味を表現できています。

4Kの液タブのモニター

実際に描いていて、画面の綺麗さもさることながら、発色のよさに驚きました。

バッテリーフリーペンで電池いらず

kamvas Pro16 plus4Kのペン

kamvas Pro16 plus4Kは電池がいらない、バッテリーフリーのペンです。

市販のシャーペンとほぼ同じくらいの大きさ。

持ちにくさや握りにくさはなく、シャーペンと同じ感覚で描けます。

筆圧レベル8192で描き味抜群

筆圧レベルは筆圧を感知する機能で、線の強弱のつけやすさなどに影響します。

そしてkamvas Pro16 plus4Kは、8192段階で筆圧を感知。

筆圧の強さに応じて線の太さを反映できます。

kamvaspro16の筆圧

線の強弱はつけやすく、描いていて自然でした。

液タブには視差が生じる製品もありますが、ドライバの設定でキャリブレーションすれば、視差はほどんど感じません。

キャリブレーション
ペン先とポインタの位置ずれをなくすための調整。
ドライバで簡単に設定できる。

反応速度は25ms

反応速度とはドットの色が切替わる速さを指します。

kamvas Pro16 plus4Kの反応速度は25ms(ミリ秒)。

つまり描いた線は0.03秒後には、画面に反映されます。

らおん
どんなに早く描いてもOK!
kamvaspro16の反応速度

正直、反応速度25msのわりに、素早く描いたときに遅れて描画されている感じがありました。

ただ線画のときは、下書きみたいに素早く描き続けることはないので、許容範囲。

接続の仕方

液タブをはじめて使う人に、デスクトップPCとの接続も解説します。

接続方法を飛ばしたい方は下記をクリックしてください。

接続方法を飛ばして次をみる

コードは全部で4つありますが、全て使うわけではありません。

デスクトップ
使うのはこれだけ。

kamvaspro16plus4kの3ni1ケーブル

上記のコードは3ni1コードといって、片方に3つ・もう片方に1つ接続させる端子がついています。

3ni1コードの3又になっている方の接続はこちら。

もう片方は液タブ本体に挿します。

各箇所に接続できたらOKです。

らおん
接続は初心者でも簡単!

kamvas Pro16 plus4Kの同梱品

kamvas Pro16 plus4Kの付属品
同梱品
  • スタンド
  • バッテリーフリーペン
  • ペンの替え芯×10
  • ペンホルダー
  • ペンケース
  • 3ni1 ケーブル
  • 延長ケーブル
  • USBケーブル
  • USB-c ケーブル
  • 電源アダプタ
  • クリーニングクロス
  • 2本指グローブ
  • クイックスタートガイド

液タブを使うのに必要なものは、すべて同梱されています。

ただし絵を描くには別途ペイントソフトが必要です。

Kamvas Pro16 plus4K がおすすめな人

4Kの高解像度、綺麗な画面で絵を描きたい人におすすめ。

サイズも16インチと描きやすいサイズ感なので、初心者にも扱いやすいです。

おすすめな人
  • 綺麗な画面で絵を描きたい人
  • 色鮮やかな表現がしたい人
  • ガッツリ創作活動したい人

4Kの液タブは製品数が少ないため貴重。キメ細やかな綺麗な画面で絵を描きたい人は4Kがおすすめです。

HUIONのKamvas Pro16 plus4Kレビューまとめ

HUIONから販売された高解像度の液タブ「 Kamvas Pro16 plus4K 」のレビューでした。

描き心地やペンの性能は他の液タブとほぼ変わりませんが、画面の綺麗さはピカイチ。

美麗画面の体験をしたい方はぜひ!

商品名 本体サイズ(横×縦) 重さ 筆圧レベル 応答速度 色域カバー率 最大表示色 最大解像度 視野角 傾き検知 ファンクションキー Android対応

Kamvas Pro 16 Plus(4K)
402.7×257.4mm 1.27Kg 8192 25ms NTSC105%
sRGB145%
1670万色 3840×2160 178° ±60° 0
メリット
  • 4Kの高解像度
  • 色表現が豊か
  • 描きやすい
デメリット
  • ファンクションキーなし
16インチの液タブ 液タブ16インチのおすすめ3選!クリエイティブに抜群の高性能 【本気で選ぶ】液タブのおすすめ13選!タイプ別に選べるから初心者でも安心

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。