おすすめの漫画講座はこちら

XPPenの液タブArtist12セカンドをレビュー!X3チップでスムーズな描画とAndroid対応で持ち運びができる

artist12セカンド豪華版をレビュー

描き心地抜群のおすすめの液タブといえば、XPPenの液タブ「Artist12セカンド」。

12インチという持ち運びしやすい液タブであり、初心者にも使いやすい。さらにメーカー独自開発のX3スマートチップは体験する価値ありです。

液タブの価格としても3万円台で手に入り、コスパにも優れています。

ということで本記事では、Artist12セカンドを詳しくレビューしていきます。

メリット
  • X3チップで描き心地抜群
  • 持ち運び可能サイズ
  • Android対応(別途アダプタ必要)
  • ファンクションキー8個で作業効率化
  • 4色から選べる
デメリット
  • 大画面で描きたい人には不向き
  • スタンドなし
MEMO
本記事はXPPen様から商品をご提供いただき作成しています。
この記事の著者
和々寺らおん

漫画家

和々寺らおん

raon wawaji

プロフィール

SNSやWEBで活動する漫画家。
当サイトでは、長年にわたり身につけた漫画の知識や経験、スキルを基に発信しています。またペンタブや参考書など、漫画・イラストを描く人のために詳細なレビューもしています。プロフィール詳細

Artist12セカンドの外観とサイズ

artist12セカンドのパッケージ

上図のパッケージは日本限定モデルで豪華版。付属品が通常版よりたくさんついています。

パッケージを開けて液タブ本体を取り出すと、傷つかないようにフィルムが貼ってあります。

artist12セカンドの本体

それではフィルムを剥がし、液タブ本体の外観やサイズ感をレビューしていきます。

Artist12セカンドの外観サイズ
本体サイズ(横×縦) 346x209mm
描画領域 263x148mm
厚さ 12mm
ファンクションキー 8個

Artist12セカンドの本体です。液晶画面は視差を最小限に抑えられるフルラミネート加工。

artist12セカンドの本体

サイズは346x209mmで、少年コミック約3冊分くらい。

artist12セカンドのサイズ

実際に絵が描ける範囲は263x148mmと少し小さくなります。

また紙のような描き心地を求めるなら、豪華版についてくる付属のペーパーライクフィルムを貼るのがおすすめ。

artist12セカンドの保護フィルム

通常版は付属していないので、別途購入が必要です。

裏面はシンプルなデザイン。スタンドはついていません。

artist12セカンドの裏

側面には電源やUSBポートなどがあります。

artist12セカンドの側面

ショートカットを設定できるファンクションキーは8個。

artist12セカンドのファンクションキー

自分好みにカスタマイズでき、作業効率化をはかれます。

Aritst12セカンドの厚さは12mm。少年コミックの半分くらいの厚さです。

artist12セカンドの厚さ

タブレットと同じようなサイズ感なので、持ち運びもしやすいです。

Artist12セカンドのレビュー

XPPenの液タブ、Artist12セカンドをレビューしていきます。描画性能は次項に記載。

性能の一覧表

Artist12セカンドの描画性能表。

Artist12セカンドの性能
筆圧レベル 8192
応答速度 200RPS(最大)
色域カバー NTSC 90%
sRGB 127%
Adobe 94%
最大表示色 1670万色
最大解像度 1920×1080
視野角 178°
傾き検知 ±60°
Android対応 可(別途アダプタ必要)

スペックだけを見ると標準的な液タブの性能。

焦点はXPPenの液タブにだけ搭載される、X3チップによる描き心地です。ここは数値では計れません。

このあたりもレビューしていきます。

試し書き

artist12セカンドの描き心地

Artist12セカンドはX3チップ搭載でスムーズに描画できるメリットがあります。

実際に描くと自然な描き心地で、適度に線の強弱もつけられました。

しばらく試し書きしましたが、思い通りの線が引けず、ストレスを感じることはありませんでした。

また遅延を検証すべく、ペンで描画してからの反応速度も試しました。すばやく描画してもタイムラグなく描けました。

らおん
描き心地はかなり良好!

実際に使ってわかったのは、液晶画面に描いている感覚があまりないこと。紙に描いてるかのように描画できるため、絵を描くことに集中できます。

Artist12セカンドの同梱品

Artist12セカンドの同梱品

日本限定の豪華版なので、同梱品もたくさん入っています。

液タブをはじめて使う人は豪華版がお得です。

Artist12セカンドの使い方

液タブをはじめて使う人は、少しとまどってしまう部分。Artist12セカンドを使うには主に2工程をふみます。

  1. ドライバをインストールする
  2. 液タブをPCと接続する

ドライバをインストールする

Artist12セカンドは専用のドライバ(アプリ)がなければ動きません。ドライバはXPPen公式サイトからダウンロードできます。

artist12セカンドのドライバ

公式Artist12セカンドのドライバはこちら

ドライバをインストールし、それを起動するとショートカットなども設定できます。

artist12セカンドのショートカットを設定

液タブ側の設定はここで行います。

液タブをPCと接続する

artist12セカンドとPCを繋ぐ

本製品は豪華版なので、USB-C to USB-Cケーブルが付属しています。これを使えば1本で接続完了します。

USB-Cの形状
usb-cケーブル
らおん
ケーブル周りがスッキリ!

ただしPC側に出力可能なUSB-Cポートが備わっている必要があるので注意してください。

PC側に出力可能なUSB-Cポートがない場合は、HDMI端子などで繋ぐ3ni1ケーブルで接続します。

これで液タブとPCの接続はOK。PC側にペイントソフトがすでに入っている場合は、すぐにお絵かきできます。

Artist12セカンドがおすすめな人

12インチとタブレット並みの大きさなので、持ち運びしたい人にもおすすめ。

X3チップ搭載のペンで、初心者でも描きやすい液タブです。

おすすめな人
  • 液タブ初めての人(初心者)
  • Androidでも使いたい人
  • 持ち運びしたい人

Androidで使う場合は別途アダプタが必要なので注意。

対応の機種は以下を参考にしてください。

Artist12セカンドにはスタンドがないので、角度をつけて作業したい人は別途スタンドもおすすめ。

Artist12セカンドレビューまとめ

XPPenから販売された液タブ「Artist12セカンド 」のレビューでした。

個人的にX3チップは描き味抜群で、他メーカーにはない描き心地なのでお気に入りです。

液タブ初めての人や持ち運びしたい人におすすめ。

商品名 本体サイズ(横×縦) 厚さ 筆圧レベル 応答速度 色域カバー率 最大表示色 最大解像度 視野角 傾き検知 ファンクションキー Android対応

Artist12セカンド
346x209mm 12mm 8192 200RPS NTSC 90%
sRGB 127%
Adobe 94%
1670万色 1920×1080 178° ±60° 8個 可(別途アダプタ必要)
メリット
  • X3チップで描き心地抜群
  • 持ち運び可能サイズ
  • Android対応(別途アダプタ必要)
  • ファンクションキー8個で作業効率化
  • 4色から選べる
デメリット
  • 大画面で描きたい人には不向き
  • スタンドなし

XPPen公式ストア:https://www.storexppen.jp/

xp-penおすすめの液タブ 【最新】XPPenでおすすめの液タブ!選び方と全製品の性能比較! 液タブ3万円 液タブ3万円台のおすすめ製品3選!はじめてのデジ絵に最適 液タブのおすすめ 【2022年】実際使ってよかった液タブのおすすめを選び方とともに徹底解説 xp-penのドライバをインストールする方法 【簡単】XPPenのドライバをインストールして設定する方法を図解付きで解説 xp-penのエクスプレスキーの設定方法 【図解】XPPenのエクスプレスキーの設定方法をわかりやすく解説! xp-pen筆圧の設定 【図解】XPPenの筆圧設定の方法をわかりやすく解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。