おすすめの漫画講座はこちら

漫画を描くのに使うべきおすすめの丸ペン3ブランド

丸ペンのおすすめ3ブランド

漫画を描くのに必要な画材道具、丸ペン。

キャラの髪の毛、背景、効果線など、細く繊細な線を描くのに使われます。

わかった!でもどのブランドのを使えばいいの?

丸ペンの主要ブランドは3つ。そのうちの2つは描き心地がほぼ同じです。

なので実質、描き心地が違う2ブランドから、好みの丸ペンを選べばOK。

らおん
選ぶのは簡単です!

結論を先にいうと、ゼブラの丸ペンはしなりがあって描きやすく、一番おすすめです。

主要3ブランドの比較
ブランド 描きやすさ なめらかさ 硬さ メリット デメリット

ゼブラ
ペン先にしなりがあって描きやすい
線の強弱もつけやすい
なし

タチカワ
少し硬いため
細い線を描くのに向いている
慣れないと
紙に引っかかりやすい

日光
線の強弱がつけやすく
描きやすい
なし
一番おすすめ
この記事の著者
和々寺らおん

漫画家

和々寺らおん

raon wawaji

プロフィール

SNSやWEBで活動する漫画家。
当サイトでは、長年にわたり身につけた漫画の知識や経験、スキルを基に発信しています。またペンタブや参考書など、漫画・イラストを描く人のために詳細なレビューもしています。プロフィール詳細

丸ペンとは?

タチカワの丸ペン2本

丸ペンはインクにつけて描くペン先の一種です。細く強弱のある線が描けるのが特長。

漫画の場合はキャラの髪の毛や瞳、背景や効果線などによく使われます。

丸ペンとGペンの細さの違い

丸ペンとGペンの細さの違い

Gペンは力強く線の強弱がつけられる。丸ペンは細く線の強弱がつけられます。

Gペンはキャラの主線や、迫力ある線を描くのに適しているペン先。一方丸ペンはキャラの髪の毛や背景など、細い線を描くのに適しています。

らおん
漫画を描くときは、使い分けるのが一般的!

タチカワと日光の丸ペンの違い

よく比較されるタチカワと日光の丸ペン。実はこの2つは同じ画材メーカー「立川ピン製作所」がつくっています。

その違いはペン先の柔らかさです。

日光とタチカワの丸ペンの違い
  • タチカワ=硬い
  • 日光=柔らかい

タチカワのほうが日光より少し硬くつくられています。

丸ペンの価格

丸ペンの価格帯は下記の表にまとめました。価格の表記は税込みで定価。ネットや店舗などでは前後する場合があります。

ブランド 価格
ゼブラ 480円(2本入)
1,540円(10本入)
日光 308円(2本入)
1,540円(10本入)
タチカワ 308円(2本入)
1,540円(10本入)

ゼブラは2本入りよりも10本入りで買うほうがお得。10本入りだとどのブランドも同じ定価です。

全国の画材を取り扱っているお店では、主に2本入りが置いています。10本以上まとめて買うなら、ネット通販のほうが見つかりやすいです。

試しに使いたい人や、30~50ページの読切り漫画を1本描く人は2本入り。読切り漫画を2本以上描く人は10本入りがおすすめです。

ちなみにネット通販では100本入りも売っていますが、プロでもない限り使い切れません。

丸ペンの選び方

おすすめの丸ペン

丸ペンを販売しているブランドは少なく、どれも大差ないのが実のところです。

その中でも明確に違うのはタチカワの丸ペン。タチカワだけが他とは違い、少し硬いつくりをしています。

これを踏まえて丸ペンを選ぶとすると、使い方で決めるのがおすすめです。

使い方 おすすめブランド
線の強弱をつけて、細い線が描きたい ゼブラ or 日光
背景などで細く均一な線を描きたい タチカワ

3ブランドの比較とそれを選ぶメリット・デメリットの表です。

ブランド 描きやすさ なめらかさ 硬さ メリット デメリット

ゼブラ
ペン先にしなりがあって描きやすい
線の強弱もつけやすい
なし

タチカワ
少し硬いため
細い線を描くのに向いている
慣れないと
紙に引っかかりやすい

日光
線の強弱がつけやすく
描きやすい
なし
らおん
一番おすすめはゼブラの丸ペン!

漫画を描くおすすめの丸ペン3ブランド

漫画を描くのにおすすめの丸ペンは以下の3ブランド。

【ガイド】読みたいところへ飛ぶ

実際に描き比べた結果、ゼブラの丸ペンが一番おすすめです。

ゼブラの丸ペン

ゼブラの丸ペン箱

ゼブラ・日光・タチカワと3ブランド使ってみて、一番しなりがあるペン先。

そのため手によくなじみ、使いやすく描き心地も良好でした。

どんな筆圧の人にも対応でき、線の強弱もつけやすいです。

ゼブラの丸ペンを試し書き

キャラの髪の毛はもちろん、背景・効果線など細い線で描きたいシーンにも最適。

らおん
迷ったらゼブラの丸ペン!

丸ペンはGペンに比べペン先が細いため、紙に引っかかりやすくなります。うまく描けるか心配な初心者にこそ、ゼブラの丸ペンはおすすめ。

3ブランドの中で一番なめらかに描けます。

ゼブラの丸ペンのレビューはこちら

ゼブラの丸ペンをレビュー ゼブラの丸ペンをレビュー!繊細な線を描くのに最適

日光の丸ペン

日光の丸ペン

ゼブラの丸ペンと描き心地が似てるのが日光の丸ペン。ペン先の柔らかさもゼブラとほぼ同じです。

ゼブラの丸ペンより、わずかにしなり感はないものの、線の入り・抜きなどしやすく、筆圧もコントロールしやすいです。

日光の丸ペンの描き心地

インクのノリもよく、綺麗な線が描けます。

30~50ページの読切り漫画を描くのに2~3本使うので、10本入りの購入がおすすめです。

らおん
しっかり塗ってある油はサビ止めに効く

日光の丸ペンのレビュはこちら

日光の丸ペンをレビュー 日光(ニッコー)の丸ペンをレビュー!細く繊細な線が描ける

タチカワの丸ペン

タチカワの丸ペン

タチカワの丸ペンは他ブランドに比べ、硬く作られています。

そのためペン先が開きにくく、細い線が長く描ける丸ペンです。

タチカワの丸ペンの描き心地
らおん
もちろん太い線も描けます!

キャラより細く描く背景の線や、効果線などを描くのに適しています。

ただし他の丸ペンより少し、紙に引っかかりやすいです。

はじめて使う人はペン先の角度と、筆圧をコントロールするのに慣れが必要かもしれません。

タチカワの丸ペンのレビューはこちら

タチカワの丸ペンをレビュー タチカワの丸ペンをレビュー!ペン先が少し硬くハードな描き心地

漫画を描くおすすめの丸ペンまとめ

漫画を描くおすすめの丸ペンを紹介しました。

個人的に使っていて一番しっくりきたのはゼブラの丸ペン。手になじむ感じが使いやすかったです。

プロの漫画家さんもゼブラのつけペンはよく使っていますね。

もちろん他のブランドの丸ペンも品質・描き心地ともにすごくいいです。あなたの使い方にあわせて選んでください。

ゼブラの丸ペンをレビュー ゼブラの丸ペンをレビュー!繊細な線を描くのに最適 日光の丸ペンをレビュー 日光(ニッコー)の丸ペンをレビュー!細く繊細な線が描ける タチカワの丸ペンをレビュー タチカワの丸ペンをレビュー!ペン先が少し硬くハードな描き心地 漫画の画材道具 【完全初心者】漫画を描く道具とおすすめの画材を解説 アナログ漫画の描き方 【王道】アナログ漫画の描き方!使う画材とマンガ原稿用紙に描く順番 漫画を描くおすすめのGペン 【描き比べ】漫画を描くおすすめのGペン5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。