デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

クリスタとペンタブをセットで購入!選び方や機能の違いも分かりやすく解説!

クリスタとペンタブのアイキャッチ画像

 

らおん
デジタルで絵を描くには、ペイントソフトとペンタブの両方が必要です

 

両方そろえるなら、クリスタとペンタブをセットで購入した方がお得になりますよ。

本記事ではクリスタとペンタブがセットになった商品と、それぞれを単品で購入するときの選び方を解説していきます。

クリスタとペンタブがセットになった商品はコレ!

クリスタとペンタブのセット商品は2種類あります。

では紹介していきますね。

クリスタと板タブのセット

クリスタとペンタブがセットになった商品はWacom(ワコム)からでています。

 

らおん
Wacomはペンタブのブランドだよ

 

それがこちらです。

Wacom Intuos Small ベーシック スターターパックモデル

 

ペイントソフトの「CLIP STUDIO PAINT PRO(クリスタ) 」とペンタブの「Wacom Intuos Small ベーシック」セットで10,800円(定価)です。

 

この「Wacom Intuos Small ベーシック」は、板タブと呼ばれるペンタブレットの種類です。

直接、画面に絵を描いていくタイプとは違い、PCモニターを見ながら絵を描いていきます。

そのため手描きで描くのと感覚が違い、慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

とはいえセットにしては値段もお手軽なので、これからデジ絵をはじめる方にはこちらが最適です。

 

らおん
描き味もなめらかだよ

 

ペンタブといえばワコム、だけあって、筆圧レベル4096で描き味も抜群です。
※筆圧レベルが高いと細かな線の強弱がつけられる

ワコムはペンタブの世界シェア8割以上も占めているので、品質も良いのが特徴です。

 

セットになっているクリスタ(PRO)は9,180円(定価)。

ペンタブ単品も9,180円(定価)。

別々で購入すると、1万8,000円ほどかかります。

セットだと1万800円で購入できるので、約7,000円お得になりますね。
※Amazonだとさらに安く購入できます。

 

サイズもそれほど大きくないので、充分に作業スペースも確保できますよ。

 

公式サイトで「Wacom Intuos Small ベーシック スターターパックモデル」を購入する

 

もうワンサイズ大きいものはこちら↓↓

クリスタと液タブのセット

らおん
クリスタと液タブのセットはこちらだよ

 

Wacom Cintiq Pro 13 ワコムストア限定セット

 

ペイントソフトの「CLIP STUDIO PAINT EX 」と液タブの「Wacom Cintiq Pro 13」がセットになっている99,900円(税込)のモデルです。

こちらはワコムストア限定の販売です。

 

液タブは液晶画面に直接絵を描くため、手描きと同じ感覚で描くことができます。

ペンタブに慣れる必要もないので、初心者の方におすすめです。

筆圧レベル8192もあるので、描き味もバッチリですよ。
※筆圧レベルが高いと細かな線の強弱がつけられる

 

セットになっているクリスタは【PRO】ではなくて【EX】になっているのも、うれしいところです。

 

らおん
EXはPROの上位版だよ

 

イラストも描けますし、なによりマンガを描くのに便利な機能が揃っています。

EXは複数ページの一括管理ができるので、マンガを描こうと考えている方にはおすすめです。

 

らおん
マンガを描きたい方はクリスタEXと液タブのセットがお得

 

セットになっているクリスタ(EX)は36,720円(定価)。

液タブ単品は89,856円(定価)。

別々で購入すると、12万6,000円ほどかかります。

セットだと9万9900円で購入できるので、約2万6,000円お得になりますね。
※Amazonだとさらに安く購入できます。

 

本体サイズは360mm x 235mmで、作業するにはちょうどよいサイズ感です。

 

クリスタと液タブは単品だとAmazonなどのネットショップでも購入できますが、セットはワコムストアでしか購入することができません。

公式サイトで「Wacom Cintiq Pro 13 ワコムストア限定セット」を購入する

クリスタとペンタブを個別に買ったほうがいい人は?

販売されているクリスタとペンタブのセットは

  • クリスタPRO+板タブ
  • クリスタEX+液タブ

上記の2種類だけです。

クリスタPROと液タブのセットが欲しくても、現在販売されていません。

クリスタEXと板タブのセットも同じくです。

なのでこういった方々は、個別で買いそろえる必要があります。

 

らおん
でも大丈夫ですよ

 

個別で買いそろえるメリットもあるんです。

それは、本当に自分自身にあった製品を選べることです。

 

次項から、あなたが自分にあったものを選べるよう、詳しく製品について解説していきます。

クリスタには種類がある!あなたにあった選び方は?

市販されているクリスタ(CLIP STUDIO PAINT)は2種類あります。

それは【PRO】と【EX】です。

当然、使える機能や値段も変わってきます。

 

結論からいうと、イラストを描く方は「PRO」。

マンガを描く方には「EX」がおすすめです。

 

\一番売れてるイラストソフト/

 

\本格的にマンガを描くなら/

PROとEXの機能の違い

どちらもイラストが描けることには変わりません。

 

らおん
じゃあなにが違うんだろう?

 

位置づけとしては、
・PRO=イラスト制作
・EX=マンガ制作
です。

EXはPROの機能が全て使えます。

さらに、マンガを描くのに便利な機能が備わっているのがEXです。

 

その主な機能が、複数ページやセリフの一括管理。

Kindleフォーマットでの出力です。

このKindleフォーマットでの出力は、Amazonで電子書籍として出版するときに便利な機能です。

 

めっちゃばりばりマンガ描く!という方は「EX」。

主にイラストを描く!という方は「PRO」がいいです。

 

らおん
PROからEXへグレードアップもできるので、迷ったらPROがおすすめ

 

PROとEX、機能の違いをもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事で解説していますので、参考にしてください。

クリスタEXとPROの違いのアイキャッチ画像 クリスタPROとEXの違いはイラストor漫画!その違いを解説&比較!

PROとEXの値段の違い

PROとEXによって値段が違いますが、それ以外にも製品のタイプによって値段は変わってきます。

製品のタイプは「ダウンロード版」と「パッケージ版」があります。

わかりやすく値段を表にしてみますね。

製品名 PRO EX
ダウンロード版 5,000円(税込) 23,000円(税込)
パッケージ版 7,368円(税込) 27,271円(税込)

※パッケージ版の値段はAmazon価格

ダウンロード版は公式サイトでのみ購入できます。

ちなみにワコムのペンタブとセットになっているクリスタは「パッケージ版」です。

 

このダウンロード版とパッケージ版の違いは、ガイドブックの有無にあります。

使い方やスタートアップガイドの冊子がついている方が、パッケージ版。

ついておらず、ソフトだけなのがダウンロード版です。

 

操作が不安な方はパッケージ版を購入したくなると思います。

ですが、ついている冊子は100Pほどで内容も簡単に説明してある程度です。

それならダウンロード版を購入して、別で専門の本を買った方が役立ちますよ。

お値段もパッケージ版を買うのとさほど変わりません。

 

▼クリスタPROはこちら▼

ダウンロード版PROを公式サイトで購入する

 

▼クリスタEXはこちら▼

ダウンロード版EXを公式サイトで購入する

 

クリスタの値段の違いについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。

クリスタ全種類の値段徹底比較のアイキャッチ画像 クリスタ全種類の値段を徹底比較!あなたに合ったおすすめを紹介します

ペンタブには種類がある!あなたにあった選び方は?

ペンタブはたくさん種類があるので、なにを優先させるかによって選択肢が変わっていきます。

 

安さ重視

Wacom Intuos Small ベーシック

 

描き味重視

Wacom Cintiq Pro 13

 

それでは詳しく解説していきます。

ペンタブの種類

ペンタブ(ペンタブレット)の種類は2つあります。

 

ペンタブの種類

  • 板型ペンタブレット(板タブ)
  • 液晶ペンタブレット(液タブ)

それぞれの違いは下記のようになります。

【板型ペンタブレット】

板タブのイメージ

ディスプレイを見ながら、手元のタブレットで絵を描く

【液晶ペンタブレット】

液タブのイメージ

液晶画面に直接絵を描く

 

らおん
それぞれのメリットとデメリットをあげるよ

 

板型ペンタブレット

【メリット】
・値段が安い

【デメリット】
・慣れが必要

液晶ペンタブレット

【メリット】
・手描きと同じ感覚で描ける

【デメリット】
・値段が高い

板タブには安い製品がありますが、PCモニターを見ながら描くので慣れが必要です。

製品によっては線の強弱など、描きやすさの面で液タブに劣ります。

 

液タブは値段が高いこともあり、慣れがほとんどいらず、描きやすいのが特徴です。

 

ですので、安さを重視するか、描きやすさを重視するかで選び方は変わっていきます。

安さ重視

Wacom Intuos Small ベーシックを公式サイトで購入する

 

描き味重視

Wacom Cintiq Pro 13を公式サイトで購入する

 

またワコム製品にこだわらないのであれば、下記の記事でおすすめのペンタブを紹介しています。

▼板タブの記事はこちら▼

安いペンタブの選び方とおすすめ商品-アイキャッチ 【2019年】安いペンタブレットの選び方とおすすめ商品【板タブ限定】

▼液タブの記事はこちら▼

おすすめの液タブ 2019年初心者におすすめの液タブ!性能と安さのコスパ最強製品を値段別に紹介!

ペンタブとパソコンのつなげ方

ペンタブをパソコンで使うには、専用のドライバをパソコンにインストールする必要があります。

といっても設定はとても簡単です。

パソコンにドライバをインストールすることで、ペンタブで絵を描くことができるようになりますよ。

詳しい手順は下記の記事で説明しています。

ワコムのペンタブ設定 【ワコムのペンタブ設定】ドライバーのインストール手順とソフトウェアのダウンロード方法

クリスタとペンタブをセットで購入する!選び方や機能の違いも解説!:まとめ

これからデジタルで絵を描こうと考えている方には、クリスタとペンタブがセットになっている製品がおすすめです。

 

らおん
セットの方が安く買えるよ

 

セットのペンタブは板タブと液タブがあります。

板タブはPCモニターを見ながら描くタイプなので、値段が安いです。

液タブは液晶画面に直接描くタイプなので、値段が高いです。

 

あなたの好みや予算にあわせて選んでくださいね。

 

クリスタPROと板タブのセット

公式サイトで「Wacom Intuos Small ベーシック スターターパックモデル」を購入する

 

クリスタEXと液タブのセット

公式サイトで「Wacom Cintiq Pro 13 ワコムストア限定セット」を購入する

 

またクリスタにも「PRO」と「EX」の2種類あり、セット製品ではどちらかを選ぶことはできません。

クリスタPRO+液タブ
クリスタEX+板タブ
上記の組み合わせが欲しい方は、個別で購入する必要があります。

 

個別で購入するなら、本当にあなたにあったものを選びましょう。

クリスタの選び方はこちらです。

  • イラストを描く方=PRO
  • マンガを描く方=EX

EXはPROの機能を全て使えるので、イラストも描くことができますよ。

 

\一番売れてるイラストソフト/

 

\本格的にマンガを描くなら/

 

 

続いてペンタブの選び方です。

  • 安さ重視=板型ペンタブレット
  • 描きやすさ重視=液晶ペンタブレット

ワコムのペンタブはどれも性能がいいので、一番安いものでも問題ありません。

サイズは好みで選んでくださいね。

 

デジタルで絵を描くのはすごく楽しいです。紙やペンもいらず、何度も書き直しができます。

SNSへアップするのも簡単ですしね。まだの方はぜひ体験してみてください。

 

安さ重視

Wacom Intuos Small ベーシックを公式サイトで購入する

 

描き味重視

Wacom Cintiq Pro 13を公式サイトで購入する

 

クリスタEXとPROの違いのアイキャッチ画像 クリスタPROとEXの違いはイラストor漫画!その違いを解説&比較! クリスタ全種類の値段徹底比較のアイキャッチ画像 クリスタ全種類の値段を徹底比較!あなたに合ったおすすめを紹介します クリスタの購入方法のタイトル画像 知らないと損するクリスタの購入方法!一番お得なのは公式サイトで買うこと 安いペンタブの選び方とおすすめ商品-アイキャッチ 【2019年】安いペンタブレットの選び方とおすすめ商品【板タブ限定】 おすすめの液タブ 2019年初心者におすすめの液タブ!性能と安さのコスパ最強製品を値段別に紹介! ワコムのペンタブ設定 【ワコムのペンタブ設定】ドライバーのインストール手順とソフトウェアのダウンロード方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。