おすすめの漫画講座はこちら

【ワコムCintiq Pro32レビュー】液タブ最強の描きやすさ!機能・性能・サイズ全て最高峰のレベル!

wacom-cintiqPro32のアイキャッチ

2018年11月2日にワコムから新型の液タブが発売されました。

らおん
その名も「Wacom Cintiq Pro32」です

本記事では、「Wacom Cintiq Pro32」を体験したレビューと、どんな仕様なのかを書いています。

より「Wacom Cintiq Pro32」をより詳しく知りたい方は、下記の動画もあわせてごらんください。

この記事の著者
和々寺らおん

漫画家

和々寺らおん

raon wawaji

プロフィール

SNSやWEBで活動する漫画家。
当サイトでは、長年にわたり身につけた漫画の知識や経験、スキルを基に発信しています。またペンタブや参考書など、漫画・イラストを描く人のために詳細なレビューもしています。プロフィール詳細

ワコムの液タブ「Cintiq Pro32」レビュー

ワコムの液タブ「Cintiq Pro32」レビューですが、まずはじめに申しておきたいのが、実際に購入していない、ということです。

MEMO
40万円近くし、まったく手が出せないため、家電量販店にある試し書き用の液タブを使いました。
Wacom cintiq Pro32店頭画像

なので、実際に購入しての体験レビューではない、ということをあらかじめご了承くださいませ。

※お店で体験しましたが、他のお客様のご迷惑にならないように、試用をゆずったり、独占したりしないように配慮しておりましたことを、ご理解ください。

「Cintiq Pro32」のサイズ感

2018年11月現在で、ワコム史上最大の画面サイズとなる「854 x 506 mm」です。

実際見た感想…

らおん
バスマットくらいあるな!

そう。バスマットくらいの大きさをイメージしてもらえればわかりやすいかと。

もちろんご家庭によって多少サイズは違うと思いますが、バスマットくらいです。
(もしかするとそれよりも大きいかもしれません。。。)

ですので、作業スペースがバスマットくらいとれる環境が必要となります。

ただ、これくらいの大きさがあると、ゆったりと絵を描くことができます。

キャンパスを頻繁に拡大・縮小することも少なくなり、作業効率も上がりますよ。

なにより大きな画面で絵を描けるのはいいですね。

厚さも「53.25mm」とそこまでかさばりません。

cintiq-Pro32の厚さ

「Cintiq Pro32」の描き味

それでは一番気になる描き味はどうでしょうか。

……。

線の描き味
らおん
めっちゃスラスラ描ける!!

とにかくなめらか。それでいて線の強弱もしっかりつけられる。反応速度もOK。

さすがのレベルです。

筆圧レベル「8192」、応答速度「8ms」だとこうも違うものなのですね!

MEMO

【筆圧レベル】
筆圧を段階的に感知して、線の強弱を表現するもの。
このレベルが高いと、より高度な線の強弱が可能となる。

【応答速度】

液晶のドットが、現在の色から他の色へ切替わるときのスピード。
この値が低いほど、切替わるスピードが速いことを示す。

実際に試し書きをしていらっしゃる方がいました!

すごいなめらかに描いておられますね。

私も店内に置いてある、他の液タブでも絵を描きましたが、その違いを明確に感じました。

液晶画面に絵を描いているので硬い感触かな、と思いきや、紙に描いているような自然な感触でした。

これは……欲しい!!

ワコムの液タブ「Cintiq Pro32」の性能

性能を簡単に表にしてみました。

製品名cintiq Pro32
価格397,440円
最大表示解像度3840×2160(4K)
最大表示色10億7374万色
Adobe色域カバー率98%
応答速度8ms
最大輝度310cd/m2
視野角水平128℃ / 垂直128℃
筆圧レベル8192
傾き検出レベル±60
ペンの傾き認識範囲60℃
読取りの高さ5mm
マルチタッチ機能
充電時間最大2時間
連続稼働時間約160時間
バッテリーサイズ充電式リチウムイオン電池
サイズ(横×縦)854 x 506mm
読み取り可能範囲697.92 x 392.58 mm
厚さ53.25 mm
重さ13kg

最大表示色が10億7000万色以上とは驚きです。もはや表現できない色はないですね。

4Kという圧倒的画面のキレイさも、色域カバー率98%も魅力的です。

全てにおいて最高級の機能・性能を搭載しています。では続いてインターフェイス周りの情報を。

USB3.0ポート4つ
USB Type-Cポート1つ
USB-A ポート2つ
HDMI 2.0ポート1つ
DisplayPor1つ
入力端子USB Type-C
DisplayPort、HDMI
ヘッドフォン端子
内臓マイク搭載
SDカードスロット

本製品「Cintiq Pro32」を購入すると、絵を描くのに必要な付属品はありました。

  • ペン
  • 電源ゲーブル
  • USBケーブル
  • スタートガイド

あとはペイントソフトさえあればいつでも描ける状態となります。

ワコムの液タブ「Cintiq Pro32」の特徴

まずはこれです。紙に描いているようなリアルな感触と描き味。

液タブを使ったことがない初心者も、なんの違和感もなくデジタルで絵を描くことができます。

もちろん液タブを普段からお使いの方でもビックリするくらい、なめらかな描き味です。

そして、4Kという解像度の高さ。10億7000万色以上という色表示。

これによって、より高品質な作品を描くことができるようになります。

またVRやARの制作にも欠かせない、3D制作にも対応しています。

VR・ARは今後、どんどん市場が広がっていくことが予想されるので、本製品「Cintiq Pro32」の需要も高まっていくことでしょう。

ワコムCintiq Pro32レビューまとめ

店頭での体験になりますが、実際にその描き心地を思う存分ためしました。

  • 線の強弱
  • 線を描くスピード
  • 手の動きにあわせた反応速度

どれをとってもピカイチでした。

わたしはシャーペンの芯を折るほど筆圧が高いのですが、それでも液晶画面は涼しい顔をして、リアルな描きやすさを提供してくれました。

また、家にこれがあると、友達にも自慢できますね。

「え!なにコレ!?こんなん持ってんの!もうプロじゃん!」

「まぁね~(えっへん!)」

値段は安いとはいえませんが、それだけのクオリティ・品質・性能・機能が備わっています。

気になる方は商品ページだけでもご覧くださいね。

液タブのおすすめ 【2022年】液タブのおすすめを目的や予算感にあわせて徹底紹介 ペンタブレットのおすすめ 【決定版】おすすめのペンタブとその選び方!初心者でも使える人気製品を紹介