おすすめの漫画講座はこちら

タチカワのGペンをレビュー!少し硬いので細い線を主体に描くのに向いている

タチカワのGペンをレビュー

漫画を描く画材道具としてGペンはもっともスタンダード。

キャラの主線を描いたり、迫力ある効果線を描いたりなど、万能なつけペンです。

らおん
初心者でも扱いやすいよ!

そんなタチカワのGペンは他のより少し硬めに作れているため、細い線をメインに描きたい人におすすめのGペンです。

本記事ではゼブラのGペンと比較されがちな、タチカワのGペンを詳しくレビューしていきます。

この記事の著者
和々寺らおん

漫画家

和々寺らおん

raon wawaji

プロフィール

SNSやWEBで活動する漫画家。
当サイトでは、長年にわたり身につけた漫画の知識や経験、スキルを基に発信しています。またペンタブや参考書など、漫画・イラストを描く人のために詳細なレビューもしています。プロフィール詳細

タチカワのGペンの特長

タチカワのGペン

タチカワは、画材メーカー「立川ピン製作所」が作った画材ブランドの1つ。

立川ピン製作所の画材ブランドは、他に日光があります。

なにが違うの?

らおん
らおん

柔らかさが違うよ

日光とタチカワGペンの違い

日光のGペンに比べ、タチカワのGペンは少し硬くつくられています。

つまり、筆圧が普通~強い傾向にある人に向いているペン先です。

タチカワのGペンをレビュー

タチカワのGペンとペン軸

タチカワのGペンを使った描き心地などを、詳しくレビューしていきます。

描き心地

自然なタッチで絵を描けます。

わずかな筆圧でペン先が開くので、線の強弱もつけやすいです。

Gif動画
タチカワのGペンの描き心地

ただし全体的に少し硬い感覚。

ペン先の向きが少しでも傾くと、わずかに紙に引っかかる感触があります。

この絶妙なペン先のコントロールは、初心者には難しいかも。

らおん
それでも普通に描くことはできます!

手になじむまでにほんの少し、時間がかかるかもしれない。Gペンを使い慣れてる人なら、なんなく使いこなせます。

描き味のなめらかさでいうと、圧倒的にゼブラのGペンに軍配が上がります。

硬さ

紙面に描くカリカリ音はやや大きめ、感触は少し微妙な硬さを感じるかもしれません。

タチカワのGペンの硬さ

少々ペンにしなやかさがない感じはするものの、ペン先も開きすぎることありません。

そのため細い線を主体に描く、少女漫画などにも向いています。

消耗

タチカワのGペンの開き

個人差はありますが、漫画原稿35~40ページ前後くらいで1本消費する消耗感。

描き込みの密度が高い人なら、もっと少ないページ数で消耗します。

ペン先はつぶれにくい印象で、筆圧が高い人でもすぐにダメになることはありません。

ただ他のGペンより、描き心地が硬い感覚があるため、長時間描くと手に疲れは感じそうです。

タチカワのGペンはこんな人におすすめ

タチカワのGペンはやや硬くつくられているため、筆圧が高い人でもペン先がつぶれにくいです。

また細い線を描くのにも向いています。

こんな人におすすめ
  • 筆圧がやや強めの人
  • 細い線を主体に描きたい人
  • アナログで漫画を描く人

筆圧が高い人や、少女漫画など線が細いジャンルを描く人におすすめです。

タチカワのGペンの使い方

タチカワのGペンを使うための画材道具

タチカワのGペンを使うには、以下の画材も必要です。

  • ペン軸
  • インク
  • 原稿用紙

Gペンはつけペンなので、ペン軸に挿して使います。ペン軸はどのペン先にも使えるフリーペン軸がおすすめ。

そして漫画を描く場合は専用の「漫画原稿用紙」に描いていきます。

あとはインクをつけるだけでOKです。

Gペンの使い方を詳しくみる

Gペンの使い方 はじめて漫画を描く!Gペンの使い方を完全解説

Gペン主要3ブランドの比較

Gペンを販売している主なブランド3つの比較です。

横にスクロール
ブランド 描きやすさ なめらかさ 硬さ メリット デメリット

ゼブラ
ペンにしなりがあるため
クセがなく初心者にも扱いやすい。万能。
なし

タチカワ
少し硬いため
細い線を描くのに向いている
慣れないと
紙に引っかかりやすい

日光
手が早い人より丁寧に描く人のほうが
思い通りの線が描ける
おろしたては素早く描くと
インクの出がわずかに悪い

3ブランド使ってみて、一番使いやすかったのはゼブラのGペン。

タチカワのGペンは硬めに作られているので、グッと筆圧をかけたい人向け。硬い感触が好きな人向け。

といった少し好みがわかれそうな印象でした。

他のブランドもそれぞれメリットがあるので、比較表を参考に選んでみてください。

タチカワのGペンのレビューまとめ

タチカワのGペンのレビューでした。

ペンが他のブランドより少々硬いため、細い線を描くのに向いています。

少女漫画のように細い線を主体とし、たまに力強い線が欲しい人におすすめです。

漫画を描くおすすめのGペン 【描き比べ】漫画を描くおすすめのGペン5選 ゼブラのGペンをレビュー ゼブラのGペンをレビュー!クセがなく描きやすいため漫画を描くのに最適 日光のGペンをレビュー 日光のGペンをレビュー!クセがなく描きやすいペン先 タチカワのGペンをレビュー タチカワのGペンをレビュー!少し硬いので細い線を主体に描くのに向いている 漫画の画材道具 【完全初心者】漫画を描く道具とおすすめの画材を解説 Gペンの使い方 はじめて漫画を描く!Gペンの使い方を完全解説 Gペンについて解説 漫画描き必見!Gペンについての全解説!種類や特徴なども

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。