おすすめの漫画講座はこちら

ゼブラのGペンをレビュー!クセがなく描きやすいため漫画を描くのに最適

ゼブラのGペンをレビュー

漫画を描く画材道具でもっともよく使われるのがGペン

他のペン先より描きやすく、キャラの主線などに使えるおすすめのGペンです。

らおん

タチカワや日光などGペンを販売している主要メーカーはいくつかありますが、今回はゼブラのGペンをレビュー。

アナログで漫画を描いていたときは、よく使っていました。

というわけで、描きやすさや必要な画材について、詳しくレビューしていきます。

この記事の著者
和々寺らおん

漫画家

和々寺らおん

raon wawaji

プロフィール

SNSやWEBで活動する漫画家。
当サイトでは、長年にわたり身につけた漫画の知識や経験、スキルを基に発信しています。またペンタブや参考書など、漫画・イラストを描く人のために詳細なレビューもしています。プロフィール詳細

ゼブラのGペンの特長

ゼブラのGペン箱

特長は、弾力があり柔らかいため、筆圧をかけると強弱のある線が描けること。

漫画では主にキャラの主線を描くときに使われ、プロも使ってる人が多いペン先です。

クセがなく、しなりもあるため線が描きやすい。初心者にも使いやすいのがゼブラのGペンです。

ゼブラのGペンをレビュー

ゼブラのGペン

ゼブラのGペンを使った描き心地などを、詳しくレビューしていきます。

レビュー項目

描き心地

一番重要な描き心地。

ペン先は紙に引っかかることなく、スムーズに線が描けます。

ゼブラのGペンの描き心地

ペンにしなりがあるため、線の強弱も筆圧にあわせて簡単にできます

らおん
描き心地は抜群!

ペン先もスムーズに動かせ、線も綺麗です。

ほかのブランドのGペンと比べ、欠点がないくらい万能な使い心地でした。

硬さ

Gペンの硬さです。

少し筆圧をかけるとペン先が開き、太い線が描けます。

ゼブラのGペンの硬さ

使いはじめは少し硬く感じ、太い線が描きづらいです。

しかし使っていくうちにペン先が開いてくるので、少し筆圧をかけるだけで太い線も描けるようになります。

らおん
使いはじめと使い慣れたペン先を使い分けるのがおすすめ!

筆圧が高い人も最初は硬く感じますが、次第になじんできます。

消耗

ゼブラのGペンの開き

Gペンに限らずどのペン先も、使っていくとペン先が開き、思うような線が引けなくなってきます。

筆圧が高い人はペン先の開きが早く、1本の消耗も早いです。

とくにGペンはキャラの主線を描くので、使う頻度も多い。

個人差はありますが原稿用紙、約40ページの漫画を描くと、1本消耗する感じです。

描き込みの量が多ければ、もっと少ないページ数で消耗します。

らおん
筆圧が高い人は消耗しにくいハードがおすすめ
筆圧が高い人向けハードGペン

ゼブラのGペンはこんな人におすすめ

アナログで漫画を描く人は必ずもっておきたいGペン。

プロを目指す人も趣味・同人で描く人もゼブラのGペンはおすすめです。

こんな人におすすめ
  • Gペンをはじめて使う人
  • 迫力ある絵を描きたい人
  • 筆圧が高い傾向にある人
  • 描きやすいペン先を探している人
  • 漫画を描く人全般

Gペンは少年漫画や青年漫画でもよく使われ、太い線が描けるため迫力のある絵が描けるのも特長。

ペン先の中では扱いやすいので、まずはGペンからはじめるのがおすすめです。

ゼブラのGペンの使い方

ゼブラのGペンを使うのに必要なもの

これ単体では使えず、ペン軸に装着。インクをつけて描きます。Gペンのほかに必要な画材は以下の通り。

  • ペン軸
  • インク
  • 原稿用紙

ペン軸はどのペン先にも使えるフリーサイズがおすすめ。Gペンの差込口があるので、そこに挿すだけです。

ゼブラのGペンをペン軸に装着

インクはパイロットの製図用インクを使う漫画家さんが多いですが、マンガ用と表記されているものでもOK。

漫画を描く場合は専用の「漫画原稿用紙」を使います。

ペンを動かす方向
Gペンの描き方

シャーペンのようにどの方向にも動かせるわけではありません。

必ず一方向に動かして描いていきます。

Gペンの使い方を詳しくみる

Gペンの使い方 はじめて漫画を描く!Gペンの使い方を完全解説

Gペン主要3ブランドの比較

Gペンを販売している主なブランド3つを比較しました。

横にスクロール
ブランド 描きやすさ なめらかさ 硬さ メリット デメリット

ゼブラ
ペンにしなりがあるため
クセがなく初心者にも扱いやすい。万能。
なし

タチカワ
少し硬いため
細い線を描くのに向いている
慣れないと
紙に引っかかりやすい

日光
手が早い人より丁寧に描く人のほうが
思い通りの線が描ける
おろしたては素早く描くと
インクの出がわずかに悪い

3ブランドを描き比べた結果、ゼブラのGペンが一番描きやすかったです。

日光のGペンはゼブラと描き心地が似てますが、ペンを動かすスムーズさではわずかにゼブラに軍配。

タチカワはペンが硬いため、慣れないと紙に引っかかる感じでした。

らおん
初心者は圧倒的にゼブラがおすすめ!

ゼブラのGペンのレビューまとめ

ゼブラのGペンのレビューでした。

ペン先の中でもっとも一般的なGペン。その中でもゼブラは使いやすく安定の品質があります。

僕も一番よく使っていたのはゼブラのGペンでした。

漫画の場合、とくに少年誌や青年誌ではGペンのほかに、丸ペンと併用して使う人が多いです。

らおん
細い線が描ける丸ペンもチェック!

ゼブラの丸ペンのレビューを見る

筆圧が高い人向けハードGペン
漫画を描くおすすめのGペン 【描き比べ】漫画を描くおすすめのGペン5選 ゼブラのGペンをレビュー ゼブラのGペンをレビュー!クセがなく描きやすいため漫画を描くのに最適 日光のGペンをレビュー 日光のGペンをレビュー!クセがなく描きやすいペン先 タチカワのGペンをレビュー タチカワのGペンをレビュー!少し硬いので細い線を主体に描くのに向いている 漫画の画材道具 【完全初心者】漫画を描く道具とおすすめの画材を解説 Gペンの使い方 はじめて漫画を描く!Gペンの使い方を完全解説 Gペンについて解説 漫画描き必見!Gペンについての全解説!種類や特徴なども

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。