マンガ講座の紹介はこちら

【厳選!】デジタル漫画に必要な道具をご紹介!最適な作業環境を手に入れよう!

デジタル漫画に必要な道具と環境

らおん
これからデジタルで漫画を描く方のために必要な道具をご紹介します

デジタル漫画に必要な道具は主に2パターンあります。それはペンタブを使うか、iPadを使うか、です。

ペンタブを使う場合に必要な道具はこちら。

らおん
作業環境を図解するとこんな感じ
ペンタブの使い方

次にiPadで漫画を描くのに必要な道具はこちら。

iPadの場合はそれ単体で使います。

女の子
女の子

この2つはなにが違うの?

らおん
らおん

描くスタイルが違うんだよ

漫画家の方や、本格的に漫画を描きたい方はペンタブを使うのがおすすめ。

趣味で軽く描きたい方はiPadがおすすめです。

ペンタブとiPad、それぞれの特長はこちら。

ペンタブ
  • 作業効率化を図れる
  • より綿密な絵が描ける
  • 画面サイズが大きい
iPad
  • 出費が抑えられる
  • パソコンいらず
  • 持ち運びできる

それでは各環境に必要なおすすめの道具を紹介していきます。

見たいところへ飛ぶ
液タブのデジタル環境
ipadのデジタル環境

【本格的に描く】デジタル漫画に必要な道具3つ

漫画家(志望)や同人などでしっかり漫画を描きたい人向けです。

デジタル漫画を描くのに必要な道具は次の3つ。

ペンタブ(液タブ)

ペンタブはデジタルで漫画を描くときに必要なものの1つです。

らおん
これがないとマウスで絵を描かなくちゃいけないので大変です

そのペンタブには2種類あります。

液タブ

液晶画面に直接ペンで描く

板タブ

PC画面を見ながら手元のタブレット上に絵を描く

はじめてペンタブを使うなら、アナログ感覚で描ける液タブがおすすめです。

らおん
その中でもおすすめの液タブはワコムの「Cintiq16」!

ワコムはペンタブ世界シェア8割以上を誇る、圧倒的ブランド。

プロの漫画家・イラストレーターにも支持され、クリエイターの現場でも導入されている品質・性能が高い商品です。

そのため描き味や使用感もよく、後ほど紹介するペイントソフト「CLIP STUDIO PAINT(通称クリスタ) 」との相性も抜群

らおん
好きな漫画を自由に描ける!

Wacom Cintiq 16の詳細なレビューをみる

WacomCIntiq16のレビュー 【Wacom Cintiq 16レビュー】視差も気にならない初心者でも使いやすい高性能な液タブ

さらにこのワコムのCintiq16は、CLIP STUDIO PAINTクリスタとのセット販売もされています。

セット販売だと約10,000円もお得。セットは販売はワコム公式ストア限定です。

セット販売について詳しくみる

漫画を描くのにおすすめの液タブをみる

漫画を描くおすすめの液タブ 【迷うな!】描き味抜群の漫画を描くのにおすすめの液タブ5選!

ペイントソフト

クリップスタジオの画像

おすすめのペイントソフトは「CLIP STUDIO PAINT」です。

らおん
クリップスタジオ、通称クリスタです

クリスタにはPROとEXの2種類があります。

  • PRO = イラスト用
  • EX = マンガ用

漫画を描くならEX一択です。おすすめのポイントは以下。

  • 機能が充実している
  • プロも使っている
  • ノウハウ本が多数出版されている

クリスタは無料ではなく有料のソフトですが、他のペイントソフトの比ではないくらい機能が充実しています。

らおん
特にすごいのが漫画を描く機能!

漫画を描くにあたってこれほど充実した機能をもっているペイントソフトは他にありません。

便利な機能
  • 複数ページの管理
  • セリフの一括管理
  • 見開きページの作成

さらに詳しくみる

無料のペイントソフトでも漫画を描くことはできます。ですが漫画はページが複数枚あります。

そのページを管理するのにダントツで便利なのがクリスタEXです。

らおん
これはもう使った人だけが体感できます!

さらに今なおアップデートされ続け、どんどん機能が充実し、使いやすくなっているのもポイント。

そしてクリスタはノウハウ本が多く出版されています。ネットでも使い方を検索するとすぐにでてきます。

無料ソフトだと、使い方や着色テクニックなどの情報が少なく、書籍もほとんど販売されていません。

らおん
つまり無料ソフトは情報が少ない…

しかしクリスタはプロ・アマ問わず多くの人が使っているので情報が得られやすく、あなたのスキルも上げやすいのが特長です。

らおん
無料だからといって、使い方や塗りの技術がわからなかったら意味ありませんからね

液タブとセットで購入するなら公式ストアがおすすめ。Amazonなどのネットショップで購入するより安く手に入ります。

セット販売について詳しくみる

Check Now

Wacom公式ストア限定

液タブはCintiq16

クリスタ単体のダウンロードはこちら
\本格的にマンガ描くならEX/

マンガ制作機能充実

永久ライセンス

クリスタEXの機能アイキャッチ 本気でデジタル漫画描くならクリップスタジオ(クリスタ)EX一択!その機能と使い方を徹底解説

パソコン

液タブはパソコンに接続して使います。

またペイントソフトはパソコンにインストールして使うので、ある程度のスペックも必要です。

らおん
じゃあパソコンどれがいい?

おすすめのパソコンはマウスコンピューターから販売されている、クリエイターPCです。

その名の通り、イラストや漫画を描くクリエイターのために作られたパソコン。

つまり、漫画を描くのにもっとも適したパソコンです。

処理能力が高く、高パフォーマンス。なのに無駄なものを省いているため、価格もパソコンとしては安いです。

さらに注文時にカスタイマイズができるので、あなたの用途に合った性能・機能を追加できます。

らおん
もちろん標準スペックでも高性能!

クリエイターPCについては下記の記事で詳しく紹介しています。

デジタル漫画を描くおすすめのパソコン、クリエイターPCをみる

イラスト・漫画におすすめのクリエイターパソコン 【動作快適】デジタルイラストや漫画を描くのに超おすすめのパソコンはクリエイターPC
クリエイターPC

高スペック

カスタイマイズ可能

【趣味で描く】デジタル漫画に必要な道具2つ

気軽に趣味で漫画を描きたい方は、iPadがおすすめ。低予算で必要な道具を揃えられるのが魅力です。

らおん
場所を選ばず自由に描けるのもポイント!

iPadで漫画を描くのに必要な道具は2つ。

iPad

ネットやアプリなども使え、持ち運びもできる万能のデジタル機器ですね。

らおん
もちろん漫画を描くこともできます!

ペイントソフトのアプリをインストールするだけでOKです。

アプリやデータ管理、漫画を描くのに必要なものはiPad一台で事足ります。

らおん
iPad万能すぎっ!!

またiPadで漫画を描くなら専用のペンがあった方が描きやすいです。あわせて揃えておきましょう。

ペイントソフト

ペイントソフトは無料のアプリもいいですが、漫画を描く機能としては不十分。

有料ですがマンガ機能に特化しているCLIP STUDIO PAINT EXがおすすめです。

らおん
通称クリスタ!プロも使ってます

クリスタのiPad版は月額制、または年額制。

月額と年額の料金表
月額 980円
年額 7,800円

月額・年額というサブスクリプション型です。

月々の出費は痛いかもしれませんが、パソコン・ペンタブを買うことに比べれば費用は安くすみます。

らおん
パソコンなんか数十万円しますからね…
クリスタ全種類の値段徹底比較のアイキャッチ画像 クリスタ全種類の値段とプランを徹底比較!損せずに決める究極ガイド!

デジタル漫画に必要な道具を厳選紹介!まとめ

デジタル漫画を描くのに必要な道具をご紹介しました。

道具を揃えたら次は漫画の制作ですね。

制作には「クリスタを使ったデジタル漫画の描き方」をご覧ください。

それではおさらいです。揃える道具はなにで描くかによって変わります。

  • 液タブで描く
  • iPadで描く

液タブは本格的に描きたい人、漫画家の方。

iPadは趣味で気軽に描きたい人向けです。

本格派・漫画家
\本格的にマンガ描くならEX/

マンガ制作機能充実

永久ライセンス

クリエイターPC

高スペック

カスタイマイズ可能

気軽に趣味で描く

また液タブかiPad、どちらにするか迷う方は下記の記事を参考になさってください。

液タブとiPad使うならどっちがいいか?

液タブとipadどちらがいいか? 究極!液タブとiPad使うならどっちがいいか?比較して間違いない選択をしよう 漫画を描くおすすめの液タブ 【迷うな!】描き味抜群の漫画を描くのにおすすめの液タブ5選! クリスタEXの機能アイキャッチ 本気でデジタル漫画描くならクリップスタジオ(クリスタ)EX一択!その機能と使い方を徹底解説 イラスト・漫画におすすめのクリエイターパソコン 【動作快適】デジタルイラストや漫画を描くのに超おすすめのパソコンはクリエイターPC クリスタ全種類の値段徹底比較のアイキャッチ画像 クリスタ全種類の値段とプランを徹底比較!損せずに決める究極ガイド!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。