デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

なぜあなたはマンガが上手くならないのか?

マンガがうまくならないタイトル画像

マンガを描いても、ある時期から上手くなっていかないことってありませんか?

自分のカベを感じるというか。

 

私も10年間マンガを描いていて、自分のカベや限界を感じることが何回もありました。

それでも諦めずに必死で本を読みあさったり、映画・漫画などの作品を研究してみたりして乗り越えてきました。

 

そこでわかったのは

マンガが上手くならないのは、『上手く描くコツ』を知らなかったからなんですね。

 

マンガには
「ストーリー」や「キャラデザ」、「演出力」「画力」
など、いろんな要素がありますよね。

 

それぞれの要素にはうまく描く『コツ』みたいなのがあります。

 

なぜあなたはマンガが上手くならないのか?

 

それはマンガを構成している要素と
自分が足りていないマンガの要素を知らないからです。

 

マンガが上手くならない人は、自分の足りない要素を知り、その要素の『コツ』を知ることで上手くなっていきます。

 

ではこれからマンガを構成している要素と、そのコツなどをご紹介していきたいと思います。

これであなたもワンランク上を目指せるはず!!

あなたに足りていないマンガの要素とは?

「漫画」といえば何が思い浮かぶでしょうか。

  • キャラクター
  • 絵の上手さ
  • ストーリー

だいたいこの3つかな、と思います。

 

この3つにしぼった時、あなたが苦手な要素はどれでしょうか。

 

あなたが苦手な要素。

それがあなたに足りていないマンガのスキルです。

 

キャラクター作りが苦手なら、俗にいう「キャラクターが弱い」可能性があります。

絵が苦手なら、表現できる幅が狭いので上手く伝わりません。

ストーリーが苦手なら、読者をワクワクさせることができません。

 

また、この3つすべて苦手じゃないよ!

という方は、この3つの中で1番得意なものをさらに伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 

苦手な要素があった方も、得意な要素があればそれをトコトン突きつめていくことで、誰にも負けない武器となります。

ただマンガは、どの要素も最低限のレベルに達している必要があるので、そこを補ったうえで得意な要素を伸ばすといいですよ。

 

でもマンガが上手くならない!と感じているのなら、まずは苦手な要素を伸ばすことからはじめましょう!

キャラクター作りが上手くなるコツ

キャラクター作りの『コツ』は、感情にフィーチャーすることです。

感情表現が豊かだと、キャラクターに魅力が増します。

  • なにをされると怒るのか
  • 好きなものの前ではどんな喜びかたをするのか
  • 嫌いなものに対して避けるのか、「大嫌い!」と言うのか

キャラクターが行動するのは、感情が働いているからです。


その感情を丁寧に描くことで、キャラクターは魅力的になっていきます。

 

 

感情的なキャラクターの描き方は、ディズニー映画が勉強になります。

どのキャラクターも、手に取るように感情が伝わっていきますよね。

表情も豊かです。

 

また、いろんな感情が載っている辞典もあります。

これを参考にキャラクターをつくるのもいいと思います。

この「感情類語辞典」は
さまざまな感情と、その感情からどう人が反応(行動)するのか。

それが書かれていて、キャラクターを作るうえでとても重宝しますよ。

 

感情を「ポジティブ」と「ネガティブ」にわけて紹介している本もあります。

こちらの2つの本は、このサイトでも内容を紹介しているのでよかったら参考にしてください。

ストーリー作りが上手くなるコツ

ストーリーが上手くなる『コツ』は、障害を意識することです。

 

ストーリーの構造をとても簡単に説明すると

主人公が目的をもち、
その目的を達成することがストーリーです。

  • 好きな人と結ばれたい!
  • 悪い奴をやっつける!
  • 仕事で成功したい!

とか。

 

ただ、その目的をすぐに達成しては面白くないので、目的を阻む必要があります。

それが「障害」を意識することです。

  • 恋のライバル出現!
  • 敵が強すぎる!
  • 陥れられてしまった!

とか。

主人公の目的が簡単に達成されないように障害をつくりましょう。

 

ストーリーのつくり方はこちらの記事でも解説しています。
よければ参考にしてください。

合わせて読みたい

絵が上手くなるコツ

絵が上手くなる『コツ』は…

 

 

 

これはもう描くしかないですね。


描いた分だけ絵はうまくなります。

描く以外に絵が上手くなるコツはありません。

 

しかし「絵」といっても、いろんな「絵」がありますよね。

  • マンガの「絵」
  • 「絵」
  • アニメの「絵」
  • 写実的な「絵」
  • 挿し「絵」

それぞれの「絵」は描き方が違うように、必要な「絵」の練習方法も変わってきます。

 

マンガで必要な練習方法は

  • クロッキー
  • デッサン
  • 模写
  • パース

です。

 

これは『絵はすぐに上手くならない』という本で詳しく解説されています。

『絵はすぐに上手くならない』の内容はこちらの記事で紹介していますので、気になる方はご覧くださいね。

また絵の練習方法じゃなくて、手っ取り早く絵が上手くなりたい!

という方のために、初心者向けに絵が上手くなる本も紹介しています。

絵が上手くなる初心者向けのおすすめ本これで変われる!絵が上手くなる初心者向けのおすすめ本を5つ紹介します!

マンガのテクニック、知っていますか?

マンガにはさまざまなテクニックがあります。

  • コマ割り
  • 描き文字
  • 引きとめくり
  • 効果線

これらのテクニックを使うことで、あなたのマンガは間違いなくレベルアップします!

 

マンガを描くにはどれも必須テクニックです。

 

特に『引き』と『めくり』のテクニックは覚えないと面白いマンガは描けません。

続きが気になるようなワクワクするマンガを描きたければ、このテクニックは必須です。

 

これらのマンガに必要な必須テクニックを以下の記事にまとめています。

それぞれのテクニックを詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

総合的に上手くなるには学びに行くこと

キャラ・ストーリー・絵、どの要素も足りない。

結局、なにをしたら上手くなるのかわからない。

 

そういう方は、マンガの描き方を教えてくれるところへ学びに行くのも1つの手です。

マンガに必要な技術を、カリキュラムにあわせて教えてくれるので、あなたのスキルアップに繋がるはずです。

 

おすすめの学校はこちら。


アミューズメントメディア総合学院。

 

ここでは、在学中に「担当付き」になるよう親身になってくれるので、それ相応のスキルが身につきます。

「担当付き」とはあなたの作品に将来性を感じてくれて、雑誌デビューの力になってくれる編集者さんがついてくれることです。

 

学校に行くと同じ夢を追う仲間とも出会えます。

自分の力が伸び悩んでいるのなら、検討してみてはいかがでしょうか。

資料を請求するくらいならタダですよ。

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

 

まとめ:マンガが上手くなりたいならたくさん吸収しよう!

マンガが上手くなるためには、自分のなにが足りてなくて、どの要素を伸ばしていけばいいのかを知ることが大切です。

足りてない要素を伸ばすことで、上手くならない悩みも少しは解消されるはずです。

 

さらに。

 

上手くなるために、自分が好きな作品。

マンガや映画、小説やドラマ。

そういったものを研究するのも力になります。

 

自分が面白いと感じたものは、なんなのか。
ストーリーの構成はどうなっているのか。
キャラクターはどうやって動かしているのか。

 

1つずつ丁寧に見ていくと、なにか気づきがあるはずです。

プロはいろんなテクニックを使っていますから、そのテクニックに気づいてください。

そしてそれを、吸収してください。

 

そうすれば今より確実に上手くなることができます。

このサイトでも、たくさんのテクニックを紹介していきたいと思います。

漫画の描き方と必須テクニックをまとめた記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。