【初心者】マンガの描き方&必須テクニック公開中

【2019年】安いペンタブレットの選び方とおすすめ商品【板タブ限定】

安いペンタブの選び方とおすすめ商品-アイキャッチ

 

ペイントソフトで絵を描くときに欠かせないのが、ペンタブレット(ペンタブ)ですよね。

でも種類がたくさんあって、どれを選べばいいのか、わかりづらい。

 

らおん

なにが違うのかよくわからん。でも安いのがいい

 

かといって、とにかく安いものに重視すると、性能が犠牲になりがち。

ペンタブも性能が幅広く、お使いの用途によって選ぶ必要があります。

 

本記事では「安さ」を重視したうえで、最低限必要な性能をもつペンタブの選定方法と、おすすめの商品をご紹介します。

 

おすすめの液晶タブレットはこちら↓↓↓

液タブ-おすすめ-アイキャッチ 【2019年初心者向け】失敗しない液タブの選び方とおすすめ商品はコレ!【5万円以下】

ペンタブレットを選ぶポイントとは?

ペンタブレット(ペンタブ)には2つのタイプがあります。

 

ペンタブのタイプ

MEMO

【液晶タブレット】

液晶画面に直接ペンで絵を描くタブレット。

【板型タブレット】

PC画面を見ながら、手元のタブレット上で絵を描いていくもの。

 

液晶タブレット(液タブ)は、手描きと同じ感覚で描けるのが最大のメリットです。

ですがその分、値段は高くなります。

安くても2万円代。10万円を超えるものもあります。

 

もちろん画面サイズやスペックによって変わりますが、

「安く買いたい!」という方には手が出しづらい金額ですよね。

 

らおん

もっと気軽にペンタブがほしいよね

 

というわけで、ご紹介するペンタブは板型タブレット(板タブ)に限定しました。

 

学び子ちゃん

板タブだと安いの?

らおん

板タブは1万円以下のものもあるから、手が出しやすいんだよ

学び子ちゃん

そうなんだ!

 

低予算でペンタブをお探しなら、板タブしかありません。

制作環境や用途にあわせて、あなたに適している板タブを選びましょう。

 

板タブを選ぶときのポイントは大きく3つです。

板型タブレットを選ぶポイント

【1】筆圧レベル

【2】サイズ

【3】ワイヤレス対応

それでは上記3つのポイントを詳しく見ていきます。
※以降、板タブをペンタブと表記します。

おすすめの安いペンタブは筆圧レベルで選ぶ!

まず筆圧レベルの説明から。

 

筆圧レベルとは絵を描いたときの、筆圧を感じとる機能です。

このレベルが高いほど、より細かな筆圧の違いを感じとり、絵に反映されます。

線の抜きや入りも、細かく表現することができますよ。

 

らおん

筆圧レベルが高いと、描き味もなめらかになるよ

 

この筆圧レベルの段階は高い順で
8192
4096
2048
1024

と下がっていくのですが近年、これ以下の低い水準の筆圧レベルは見かけません。

「2048」もあれば、思い通りの線を引くことができます。

おすすめの安いペンタブはサイズで選ぶ!

お使いのデスクや作業スペースによって、適したサイズのものを選びましょう。

 

サイズが大きくなると、もちろん値段も高くなっていきます。

とにかく安くすませたいなら、一番小さいサイズのものがいいです。

 

サイズ感は、横20cm×縦16cmのものが小さいですね。

これはB5キャンパスノートの、約一周り分小さいサイズ感です。

 

ペンタブには作業領域、つまりペンに反応する範囲が決まっています。

図解するとこんな感じです。

ペンタブの作業領域

 

なので実際に絵を描ける範囲は、もっとせまくなることを知っておきましょう。

 

わたしは作業領域、横20cm×縦16cmていどのペンタブを使っていますが、特に描きにくいと感じたことはありませんよ。

 

ペンタブの必要サイズは、好みや作業スペースによって変わります。

ご自身にあわせたサイズのチョイスで問題ありません。

おすすめの安いペンタブはワイヤレスで選ぶ!

ペンタブには、PCとケーブルでつながずに使える、ワイヤレス機能を搭載しているものがあります。

確かにワイヤレスだとPCとつなぐ手間もはぶけ、ケーブルがジャマにならないメリットもありますよね。

 

ですが、正直なところワイヤレスじゃなくても大丈夫です。

わたしはケーブルでつないでいますが、

・ケーブルの長さが足りない
・絵を描くときにジャマになる

こういった問題もなく、楽しく絵を描います。

 

ただしケーブルはUSB接続です。USBポートが備わっているPCが必要となりますので、ご注意を。

【2019年】安くておすすめのペンタブはコレ!

前章までの内容をまとめると、選ぶときの3つのポイントは以下となります。

板型タブレットを選ぶポイント

【1】筆圧レベルは「2048」以上

【2】サイズは「作業スペースや好み」にあわせて

【3】ワイヤレス対応は「なし」

というわけで、上記3つと安さを考慮した、1万円以下の条件にあてはまるペンタブを集めました。

 

らおん

それがこちらの3製品です

 

⇒XP-Pen ペンタブ バッテリー充電不要 Deco01

Deco01の特徴
  • Amazonベストセラー1位
  • バッテリー充電不要のスタイラスペン
  • 8個カスタマイズ可能エクスプレスキー搭載
    ※機能のショートカットを作成できる
  • 読み取り高さ10mm
  • 左利き設定も可能

 

⇒HUIONペンタブレットINSPIROY H610PROV2

H610PROV2の特徴
  • 傾き検知機能付き
    ※ペンの傾きによって線の濃淡・太さを表現する機能
  • バッテリー充電不要のペン
  • 16個のファンクションキー
    ※機能のショートカットを作成できる
  • 読み取り高さ10mm
  • 左利き設定も可能

 

⇒ワコム ペンタブレット Wacom Intuos SmallベーシックTCTL4100/K0

SmallベーシックTCTL4100の特徴
  • Amazon限定CLIP STUDIO用カスタムブラシツールの特典付
  • バッテリー充電不要のペン
  • 4個のファンクションキー
    ※機能のショートカットを作成できる
  • 左利き設定も可能
  • ペンタブ世界シェア9割のブランド

 

3製品の主なスペックを比べると、以下のとおりです。
※スマホは横にスライドできます。

3製品スペック比較
製品名XP-Pen
Deco01
HUION
INSPIROY H610PROV2
Wacom
Intuos Smallベーシック
筆圧レベル819281924096
商品サイズ(cm)36×22.636×2420×16
ワイヤレス対応情報なしなしなし
厚さ0.8cm0.9cm0.9cm
値段5,999円7,010円6,843円
ブランドXP-PENHUIONWacom

※値段はAmazon価格です。
※値段は変更する可能性があります。
※Wacom Intuos Smallベーシックの値段は変更されています。

 

上記以外にも、条件を満たしているペンタブはあります。

ですが、選ぶポイントと照らし合わせるとあまり大差がないため、最もおすすめできるペンタブにしぼりました。

 

3つともブランドが異なります。

一番有名なのは「Wacom(ワコム)」ですね。

 

らおん

Wacom(ワコム)は、ペンタブレットの世界シェアが9割なんだよ

 

そのためサポートも充実しており、ワコム製品でわからないことやトラブルがあれば、ネットなどで情報を見つけやすいです。

 

とはいえ、ブランドを重視しない方もいると思うので、あなた自身に適したペンタブを選んでもらえればと思います。

 

らおん

では以下をチェックしよう!

 

ペンタブは、これから絵を描くためのツールとなります。

趣味で軽く描かれる方。本格的に絵を描かれる方。

 

求める性能も違ってくると思います。

あなたの用途にあわせて選んでくださいね。

 

筆圧レベル高・安い

 

筆圧レベル高・サイズ大きい

 

サイズ小さい・ブランド

 

 

安いペンタブレットの選び方とおすすめ商品【板タブ限定】:まとめ

本記事で紹介したタブレット、板タブは慣れるのに少し時間がかかるかもしれません。

手描きだと手元を見て絵が描けるんですが、板タブはPC画面を見ますので。

 

はじめはその感覚がつかみづらい方もいると思います。

ですが、あるていど描いていけばすぐに慣れるので、心配無用ですよ。

 

ペイントソフトをまだお持ちでない方は、「CLIP STUDIO(クリップスタジオ)」がおすすめです。

 

クリップスタジオの機能・値段の比較についてはこちら↓

クリスタEXとPROの違いのアイキャッチ画像 【クリスタ】EXとPROの違いは機能に差がある!それぞれの機能の違いを解説 クリスタ全種類の値段徹底比較のアイキャッチ画像 クリスタ全種類の値段を徹底比較!あなたが損せずに買えるのはコレ!

 

以上「【2019年】安いペンタブレットの選び方とおすすめ商品【板タブ限定】」でした。

 

液タブ-おすすめ-アイキャッチ 【2019年初心者向け】失敗しない液タブの選び方とおすすめ商品はコレ!【5万円以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA