全カテゴリーはこちら

【Parblo A610 Proレビュー】Androidでも使えて広々とした作業領域で絵も描きやすい

parblo-a610proレビュー

デジタルで絵を描くのに欠かせないのがペンタブレット。

らおん
そして今回、Parblo A610 Proを使ってみました
parblo-a610pro本体

率直にいうと、線の強弱がつけやすく描きやすい。Androidでも使えるのでパソコンをもっていなくても絵が描けます。

というわけで本記事では、Parblo A610 Proのレビューと、実際に使った感想・使用感などを詳細に書いていきます。

当サイト限定クーポン
クーポンコード:Terastorys
期限:2020年3月9日まで
※Parblo公式サイトで購入の際に上記クーポンコードを入力すると5%OFFになります。
Parblo A610 Pro 保護フィルム
VacFun
MEMO
本記事はメーカー様から商品をご提供いただいき、執筆しています。

A610 Proの外観と付属品

まずA610 Proのフタを開けてビックリ。

フタの裏はクッションがついていて、配送時に商品が破損しないように配慮されていました。

parblo-a610pro-01
らおん
この気遣いはうれしい!!

ちょっとした気遣いを感じつつ、本題のペンタブを開封してみます。

A610 Proの外観

parblo-a610proの本体

左にタッチリングが1つと、ショートカットキーが合計8つです。

parblo-a610proのショートカットキー

全体的な大きさは少年コミック2.5冊分くらい。

parblo-a610pro本体サイズ

商品の本体サイズは350 × 223mmで、その中で実際に絵を描く範囲(作業領域)は250.4 × 150.9mmですね。

parblo-a610proの作業領域

ペンタブ本体とパソコンをつなぐゲーブル箇所は左側面に。

parblo-a610proケーブル端子

絵を描いていてケーブルがジャマにならない位置がいいですね。

らおん
実際に試し描きしましたがジャマになりませんでした!

厚さは少年コミック半分くらいで薄いです。

parblo-a610proの厚さ

重さも軽く約580g。

parblo-a610proの重さ

A610 Proの外観を以下の表にまとめました。

A610 Proの外観まとめ
本体サイズ(横×縦) 350 × 223mm
作業領域(横×縦) 250.4 × 150.9mm
厚さ 8mm
重さ 580g
ショートカットキー 8つ
タッチリング 1つ

A610 Proの付属品

parblo-a610pro付属品
付属品
  • バッテリーレスペン
  • 交換用ペン先8本
  • ペンホルダー
  • USBケーブル
  • クリーニング布
  • ドローイング手袋
  • クイックスタートガイド
  • 品質保証カード

替え芯はわかりづらいですが、ペンホルダーの中に入っています。

parblo-a610proの替え芯の場所

またスマホで使う用の変換アダプタもついています。

parblo-a610proスマホ用OGT変換アダプタ
らおん
ただしAndroidのみに対応。iPhoneでは使えません

Androidでも機種によっては変換アダプタがあわない場合があるので、スマホで使われる方は別途変換アダプタを用意する必要があります。

parblo-a610proの手袋着用

2本指手袋もついていますが、こちらは左利き・右利きどちらでも使えます。

Parblo A610 Pro 保護フィルム
VacFun

A610 Proの使用感

それでは早速A610 Proを使ってみます。

使うにはいくつか準備が必要です。

  1. 本体とパソコンを接続する
  2. ドライバをインストールする

準備は他のペンタブと一緒ですね。

らおん
描き心地はこんな感じ!
parblo-a610proの描き心地
※上記動画、PCモニターを映しています

筆圧レベルが高いだけあって、線の強弱をつけやすいです。入りや抜きも簡単。

反応速度はそこそこ。高速で絵を描き続けるにはもう少し頑張ってほしいところですが、ふつうに描く分には気になりません。

また作業領域が広いので、広々と絵を描けストレスフリーです。

らおん
なかなか良き製品♪
Parblo A610 Pro 保護フィルム
VacFun

A610 Proの性能表

Parblo A610 Proの性能はこちら。

A610 Proの性能
本体サイズ(横×縦) 350 × 223mm
作業領域(横×縦) 250.4 × 150.9mm
厚さ 8mm
重さ 580g
ショートカットキー 8つ
タッチリング 1つ
筆圧レベル 8192
傾き検知 ±60°
読取速度 200RPS以上
読み取り高さ 7~10mm
解像度 5080LPI
価格(公式サイト) 8,999円
Parblo A610 Pro 保護フィルム
VacFun

Parblo A610 Proレビュー:まとめ

Parblo社のペンタブを使ったのははじめてでしたが、使い勝手がよく線も引きやすかったです。

個人的に反応速度がもう少し早かったら文句なし。手が早い人は若干遅く感じてしまうかもしれません。

ただふつうにイラストを描くには十分な反応速度です。

らおん
値段も1万円以下なので手に入れやすい!

初心者の方や、趣味で絵・マンガを描きたい方におすすめできるペンタブレットです。

当サイト限定クーポン
クーポンコード:Terastorys
期限:2020年3月9日まで
※Parblo公式サイトで購入の際に上記クーポンコードを入力すると5%OFFになります。
Parblo A610 Pro 保護フィルム
VacFun
ペンタブレットのおすすめ 【迷わず選べる】おすすめのペンタブと選び方!初心者で使える安いペンタブレットも紹介【板タブ限定】 パソコン不要のペンタブ スマホがあれば大丈夫!パソコンいらずのおすすめのペンタブ3選 ワコムのおすすめのペンタブ Wacomの全ペンタブの中から選ぶおすすめの板タブと性能比較まとめ! huionのおすすめのペンタブ HUIONのペンタブ全種類から1つをおすすめ!スマホでも使えるHS610が最良! xp-penのおすすめのペンタブ XP-Penのペンタブでおすすめなのは?全Decoシリーズの性能を比較した結果スマホでも使えるDeco03が最良!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。