デジタル制作におすすめの機器はこちら

huionのペンタブ全種類から1つをおすすめ!スマホでも使えるHS610が最良!

huionのおすすめのペンタブ

huionフイオンのペンタブってどれがいいの?

たくさん種類があって、どれを選べばいいのか迷いますよね。

性能がいいのは?使いやすいのは?

huionの全ペンタブの中から比較して結果…

らおん
おすすめは「HS610」だよ

この「HS610」という製品はパソコンのみならず、スマホでも使えるのが特長

さらにショートカットが登録できるキーも多く、カスタマイズ性に優れています。

すごい!

反応速度もhuionフイオンの全ペンタブの中で高く、素早いタッチにも対応できます。

らおん
huionフイオンのペンタブでは「HS610」がおすすめ!

ということで本記事では、huionフイオンのおすすめのペンタブと、全ペンタブの紹介・性能の比較をしていきます。

huionのペンタブ全種類からおすすめするのは「HS610」

huionのペンタブをお探しなら「HS610」がおすすめです。

らおん
ではおすすめポイントを伝えていきます!

筆圧レベル8192

筆圧レベルとは、描き手の筆圧を段階的に感知する機能です。

この値が高いと線の強弱がつけやすく、なめらかな描き心地になります。

筆圧レベル8192は最高レベル。

ショートカットキーの数が12個

ショートカットキーとは、

Ctrl + S = ファイル保存

のように、キーボードで使うショートカットを登録しておけるものです。

登録しておけば、ペンタブのキーを押すだけで実行してくれます。

らおん
めっちゃ便利なんですよ!

その数が12個も設置されており、huionのペンタブの中ではトップクラス。

作業効率が計れます。

ファンクションキーの数が16個

ファンクションキーとは、一連の作業を登録できるものです。

例えば、

新規レイヤー作成 ⇒ 下塗り ⇒ クリッピングマスク

などの一連の作業をファンクションキーに登録しておけば、一瞬で実行してくれます。

ショートカットキーとあわせると、作業効率が大幅にアップします。

反応速度が266PPS

反応速度とは、線を引いたときに感知できる速度。つまりサッと素早く描いた線を正確に読み取れるものです。

この値が高いほど、1秒間に感知できるポイントが多くなります。

らおん
感知できるポイントが多いと、素早いタッチにも反応します!

おすすめするペンタブ「HS610」は、huionのペンタブの中で反応速度が非常によい製品です。

ササッとラフを描きたいときにも使えるね!

Android6.0以降のスマホでも使える

通常ペンタブはパソコンにつないで使うものですが、「HS610」はスマホでも使用できます。

ただしAndroid6.0以降が対象。

らおん
iPhoneには対応していないので注意!

家ではパソコン、外ではスマホ。そんな感じで気軽にどこでも絵を描くことができるようになります。

らおん
以上がおすすめポイント!

HS610の性能

では具体的な性能を表でご覧ください。

HS610の性能
サイズ(横×縦) 350×211.8mm
厚さ 8mm
筆圧レベル 8192
反応速度 266PPS
ショートカットキー 12個
ファンクションキー 16個
傾き検知 ±60°
いいね!「HS610」!

スマホで使えるhuionのペンタブについて

スマホはAndorid6.0以降に対応。それ以下やiPhoneでは使えないので注意してください。

スマホでも使えるhuionのペンタブは、公式サイトに載っているものなら全て使用可能です。

それがこちら。

ちなみにスマホで使えるようにするには、「ファームウェアアップデート」と「OTGアダプタ」が必要となります。

らおん
OTGアダプタはスマホとペンタブを繋ぐもの!

ペンタブをアップデート、そしてOTGアダプタでスマホと繋ぐと使えるようになります。

あなたのもっているスマホの端末に対応しているOTGアダプタを選びましょう。

そしてここで注意してほしいのは、スマホで使う場合は対応ペイントソフトも変わることがあります。

スマホで使えるペイントソフトの一例、

  • Adobe Photoshop
  • アイビスペイント
  • メディバンペイント
  • Sketch

もしスマホでも使うなら、ペイントソフトにも注意してくださいね。

スマホでも使えるおすすめのペンタブは以下の記事でも紹介しています。

パソコン不要のおすすめのペンタブをみる

パソコン不要のペンタブ スマホがあれば大丈夫!パソコン不要のおすすめのペンタブ3選

huionの全ペンタブの性能比較

紹介するhuionのペンタブは、公式サイトに掲載されているもの全てを対象にして、その性能を比較しています。

製品名 サイズ(横×縦) 厚さ 筆圧レベル 反応速度 ショートカットキー ファンクションキー 傾き検知
HS610
huion_HS610
350×211.8mm 8mm 8192 266PPS 12個 16個 ±60°
H610PROV2
huion_H610PROV2
360×240mm 10mm 8192 233PPS 8個 16個 ±60°
H640P
huion_H640P
260×147.7mm 8mm 8192 233PPS 6個 2個 ±45°
H950P
huion_H950P
320.8×188.8mm 8mm 8192 233PPS 8個 8個
ショートカットキーと併用

ちなみにどのペンタブでも、付属のペンは充電不要です。

性能を見ても「HS610」が一番だね!

huionのペンタブ全種類からおすすめするのはHS610:まとめ

huionのおすすめのペンタブは「HS610」です。

おすすめポイント
  • 筆圧レベルが最高値
  • カスタマイズの幅が広い
  • 反応速度が速い
  • スマホでも使える

スマホはAndroid6.0以降に対応。それ以下やiPhoneには対応していませんのでご注意を。

huionの全ペンタブの中でもトップクラスの性能。値段も1万円以下で手に入るのでおすすめです。

らおん
家でも外でも絵を楽しめますよ♪
安いペンタブの選び方とおすすめ商品-アイキャッチ 初心者歓迎!安くて性能もいいおすすめのペンタブ3選【板タブ限定】 パソコン不要のペンタブ スマホがあれば大丈夫!パソコン不要のおすすめのペンタブ3選 ワコムのおすすめのペンタブ wacomの全ペンタブの中から選ぶおすすめの板タブと性能比較まとめ! xp-penのおすすめのペンタブ xp-penのペンタブでおすすめなのは?全Decoシリーズの性能を比較した結果スマホでも使えるDeco03が最良! xp-penでおすすめの液タブはArtist 16 Pro!その性能とその他全種類の液タブを紹介! xp-penでおすすめの液タブはArtist 16 Pro!その性能とその他全種類の液タブを紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。