デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

【クリスタ】コマ割りのやり方と枠線の太さや間隔を変更する方法

クリスタのコマ割り

クリスタでコマを割る方法おしえてっ!

マンガでとくに重要なコマ割り。手描きだと簡単にできていたこともデジタルになると、とたんに難しくなりますよね。

らおん
でも大丈夫!マンガ制作経験10年以上の私が丁寧に解説していきますね
教えられるとおりにやればOKなのね♪

本記事で解説する内容は以下です。

  • コマの枠線の引き方
  • 枠線の太さとコマの間隔の変え方
  • 枠線の位置の調整方法
  • コマから絵をはみ出す方法
  • コマの上にコマを重ねる方法
らおん
ではいってみましょー!

デジタルマンガ講座

クリスタでマンガの描き方をマスター!

プロが動画で詳しく解説してくれるからはじめてでも簡単♪マンガを完成させる手順がまる分かり!さらに今なら7日間無料で受け放題!

 

コマ枠フォルダーを作成する

クリップスタジオでコマ割りするときは、コマ枠フォルダーを使います。

上のメニューバーから「レイヤー」>「新規レイヤー」>「コマ枠フォルダー」で作成します。

コマ枠フォルダー

コマ枠フォルダーを使うと、枠線の外にはみ出した線などが、表示されなくなり便利です。

いわゆる“マスク”がかかった状態ですね。

コマにマスク

マスクがかけられ、印刷や書き出し(別のファイル形式で保存すること)のときに、青色の部分に描かれた線は表示されません。

コマ枠フォルダーを作成したら、レイヤーパレットにコマ枠フォルダーが追加されているはずです。

コマ枠フォルダーレイヤー

コマの枠線を引く

ツールから「図形」・「コマ枠」・「枠線分割」を選択します。

枠線分割

コマを分割したい位置で、枠線を引きます。

このとき、シフトキーを押しながら引くと、縦・横・ナナメ45度に、まっすぐ枠線を引くことができます。

枠線を引く

枠線の太さを変える

コマの枠線を引いたときに、線の太さが気に入らなければ、変更していきましょう。

 

変更のしかたは、「操作」ツールの「オブジェクト」を選択。

ツールプロパティにあるブラシサイズを、好きな数値にします。

枠線太さ変える

ツールプロパティが画面上にない場合は、メニューバーから「ウィンドウ」>「ツールプロパティ」で表示させます。

ツールプロパティ表示

個人的には、枠線の太さを「0.8mm」にしています。

これは、紙の原稿用紙に描いていたときの名残ですね。

枠線の間隔を変える

枠線の間隔も、引いたときに気に入らなければ、変更していきましょう。

「枠線分割」ツールを選んだ状態にし、ツールプロパティで、枠線の左右・上下の間隔を変更できます。

枠線間隔変更

個人的には、左右の間隔を「0.3mm」。

上下の間隔を「0.8mm」にしています。

これも紙に描いていたときの名残です。

枠線の位置を調整する

タチキリを使いたいときや、枠線の位置を調整したい!そんなときは、「操作」ツールの「オブジェクト」を使います。

 

すると、枠線に黄色い三角などの印が出てくると思います。

枠線調整の印

それぞれどういう役割があるか、見ていきましょう。

1. 黄色い三角
クリックすると、枠線がキャンパスの外まで広がります。
 

 
枠線の間にある黄色い三角は、クリックすると、枠線の間隔がなくなり、線が1本になります。  

枠線の間隔なくなる

2. 緑色の四角
ドラッグすることで、枠線を好きな位置に、移動できます。  

枠線好きな位置に移動

3. 黄色い四角
コマを変形することができます。  

枠線変形

 

タチキリをしたいときや、特殊な形でコマを割りたいときは、こうした方法でコマを調整してみてはいかがでしょうか。

コマ枠から人物をはみ出させる

コマ枠から人物やアイテムなどを、はみ出させたいときがあると思います。

そんなときは、コマ枠フォルダーをラスタライズして、作業していきます。

コマ枠フォルダーをラスタライズする

ラスタライズは、レイヤーパレットから行えます。

 

コマ枠フォルダーのレイヤー上で右クリック、またはパレットの左上にあるアイコンをクリックします。

すると、メニューがずらーっと出てきますので、その中から「ラスタライズ」を選択します。

ラスタライズ

ラスタライズすると、レイヤーパレットにラスタライズされたレイヤーが追加されます。

ラスタライズされたレイヤー

★ラスタライズとは?

ラスターレイヤー以外のレイヤーを、“ラスターレイヤー”に変換することです。

変換することによって、そのレイヤーに描き込むことができたり、フィルターをかけたり、といったことができるようになります。

ただし、ラスターレイヤーは、線の位置や太さを変えることができません。

ラスタライズするときは、枠線の位置をすべて調整してから行いましょう。

また、一度ラスタライズしたレイヤーは、もとのレイヤーに戻すことができません。

人物と重なっている枠線を消す

ラスタライズしたレイヤーを選択し、人物と重なっている枠線を、消しゴムツールで消します。

消しゴムツールの種類は「硬め」で消しましょう。

絵とかぶっている枠線を消す

ラスタライズによって、枠線の外に描かれた線は、印刷や書き出しの際に表示されてしまいます。

他のコマで、枠線からはみ出した線がある場合は、これも消しましょう。

コマの上にコマを重ねる

コマの上にコマを重ねる方法は、ツール「図形」の「コマ枠」・「長方形コマ」を使います。

長方形コマ

「長方形コマ」を選択したら、重ねたいコマの上をドラッグしてコマ枠を作ります。

コマ枠を重ねる

長方形コマで作ったコマ枠も、ラスタライズする前なら線の太さや位置を調整できます。

 

調整のやり方は、項目「枠線の位置を調整する」で紹介した方法と同じです。

まとめ:クリスタで枠線を引く

以上が、クリスタでの枠線の引き方となります。

 

アナログ(手描き)だと、ただ線を引く単純作業ですが、デジタルとなると、とたんに引き方が難しくなりますよね。

デジタルだと、さまざまな機能があるので、枠線の引き方も1つではないです。

 

今回は、初心者の方にも分かるように、難しくない簡単な方法をご紹介しました。

ぜひ役立ててもらえると嬉しいです。

 

クリスタでマンガを描く制作手順は、こちらの記事でまとめています。

クリスタでのマンガの描き方!全制作手順 【デジタル漫画の描き方】クリスタ初心者でもわかる8つの制作手順とおすすめの本

 

デジタルマンガ講座

クリスタでマンガの描き方をマスター!

プロが動画で詳しく解説してくれるからはじめてでも簡単♪マンガを完成させる手順がまる分かり!さらに今なら7日間無料で受け放題!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。