全カテゴリーはこちら

理由がないとダメ!主人公が旅をする目的6パターン

主人公が旅する目的

主人公が旅をする理由が思いつかない…!

世界中を駆け巡る漫画が描きたい。主人公は世界を旅している。

でもその理由がない。

らおん
わたしもよくやってました…

しかし作品に感情移入してもらうためには、「なぜ主人公が旅をしているのか」の目的が大事です。

その目的に共感し、読者は感情移入してくれます。

ただこれが難しい。

過去のわたし含め、初心者がよくやってしまいがちな例として、

女の子
女の子

旅の途中で困ってる人を助ける!みたいなストーリーが描きたい!

らおん
らおん

で、結局主人公がなぜ旅をしているのかを描いていない

大事なことなので2回いいます、「主人公が旅をしている目的」は超大事です。

旅の目的を描くと以下の効果があります。

  • 目的による感情移入
  • 主人公が何者かがわかる

ただ漠然と「旅をしている」では、主人公が何者かわかりません。

何者かわからないキャラクターに、読者が感情移入してくれることありません。

目的を描き、主人公が何者かであるかを示す。覚えておいてくださいね。

というわけで本記事では、主人公が旅をする目的の作り方について解説していきます。

主人公が旅をする目的6パターン

主人公が旅をするにも目的が必要です。

それはなんの目的もなく世界中を旅する主人公には、読者からの共感を得られないから。

らおん
なんで旅してるの?

って思われて物語に集中してもらえません。

旅の目的が思い浮かばなければ、以下の6つのパターンを参考にしてください。

1.旅の目的はなにか手に入れるため

旅の目的として一番つくりやすいのが、「なにかを求める・手に入れる」こと。

たとえば、

  • 夢を叶えるため
  • 世界の財宝を手に入れるため
  • 自分のスキルを高めるため

漫画『ワンピース』は「海賊王になる」という夢を叶えるために海へ出ました。

『ルパン三世』は財宝を手に入れるため、世界を回っています。

また、医学や剣術、料理など、その道を極めんとする志から、世界を旅するもの立派な目的になりますね。

2.旅の目的は失ったなにかを取り戻すため

これは元々は主人公にあったものだけど、なにかがキッカケで失ってしまった。

それを取り戻すために旅をする、という目的です。

わかりやすい例でいうと漫画『鋼の錬金術師』がそうですね。

女の子
女の子

確か錬金術の禁忌を犯して、体の一部が失ったんだよね

らおん
らおん

うん!その失った体を取り戻すこと旅の目的だね

その他にも、

  • 生き別れた親、兄弟
  • 土地復興のための人材探し
  • 大切な人の失った感情

などがあります。

3.旅の目的はなにかを探すため

なにかを手に入れるための手段として旅しているのが、このパターンです。

たとえば、

  • 不治の病を治す薬
  • 自分にふさわしい花嫁
  • まだ見ぬ食材・生き物
  • スターとなる逸材
  • 自分を雇ってくれるところ
  • 死に場所

という何かを探すため、世界中を旅しています。

4.旅の目的は主人公の能力が求められるから

主人公の能力を必要とする人がいるから、旅をしているパターンです。

漫画『ブラックジャック』もこのパターンですね。

ブラックジャックの医者(無免許ですが)としての腕を頼りに、命を救ってほしいと依頼がくる。

世界各地から依頼がくるので結果、世界を旅することになる。

他にも考えられる例として

  • 医者
  • 料理人
  • 探偵
  • 建築家
  • 用心棒
  • 探検家

など、その能力を発揮できる場が世界中にあるなら、旅する目的としては成り立ちます。

5.職業柄、旅の目的が必要ない

旅をすることに目的が必要ないパターンです。

たとえば、

  • サーカス団
  • スパイ
  • 世界的スーパースター
  • 旅行会社の社員
  • パイロット・スチュワーデス

旅の目的があるというよりは、世界中を回っていても不思議じゃない人たちです。

6.追ってから逃げるため旅をしている

こちらはあまりないかもしれませんが、なにかから逃げるために旅をしている主人公です。

  • 借金取り
  • お尋ね者
  • 命を狙われている

など。

ちょっとネガティブな理由なので、使いどころが難しいかもしれませんね。

主人公が旅をする目的6パターンまとめ

旅をする目的に困ったら、まずは世界に目的をつくりましょう。

その世界にでることで、目的が達成される理由をつくるのです。

  • なにかを手に入れたい
  • なにかを取り戻したい
  • なにかを探したい
  • 主人公の能力を必要としている

世界に用があるなら、旅をしていても不思議ではありませんよね。

主人公が旅立つシーンが入る作品なら、その出発点にも気をつけましょう。

らおん
目的と一番遠いところから出発すると、面白い旅の予感を演出できます

美味しいコーヒー豆を探すために、東京から日本全国を旅するよりも

日本から真裏にあるブラジルに探しに行く方が、ストーリー性を感じられますよね。

主人公の旅をする目的が決まったら、その出発点も意識してみてくださいね。

【動機づけ】主人公の戦う理由の考え方とダメな例 主人公の設定で大切-アイキャッチ 主人公を設定するときに大切な2つのコト キャラクターの性格の作り方 深みあるキャラクターの性格の作り方とその魅力の出し方 キャラクターの役割 物語を動かすキャラクターの役割は全部で7つ! オリキャラの作り方 オリキャラの作り方は設定が大事!魅力的に作るコツを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。