コスパ最強の液タブはこちら

【主人公の設定】旅をする目的6パターン

主人公が旅をする目的

 

主人公が旅をして、世界中を大冒険するマンガが描きたいと思っていませんか?

または旅の途中で、困ってる人を助ける。

という読切マンガを描きたいとか。

 

でも肝心の、主人公が旅をする目的が見つからなくて困っている。


それ、わかりますよ!

 

私もマンガを描きはじめのころは、よく指摘されました。

「で、主人公の旅してる目的って何なの?」と。

 


初心者の方にありがちなのは、

旅の途中で出会った人に助けてもらい

その恩を返すため、助けてもらった人を苦しめる悪い奴をやっつける

そしてまた旅立っていく。


というストーリー。

で、結局主人公がなぜ旅をしているのかを描いていないこと。

 

見落としがちですが、この「主人公が旅をしている目的」は超大事です。

なぜかというと、ただ漠然と「旅をしている」では、主人公が何者かわからないからです。

 

何者かわからないキャラクターに、読者が感情移入してくれることはないんですよね。

なので、主人公が旅をする目的をしっかり描きましょう!

 

ここではその、主人公が旅をする目的のつくり方を、パターン別に紹介していきます。

 

キャラクターデザイン講座

パルミーの神絵師授業でスキルUP!

月謝制なら60以上の人気講座が見放題!好きな時間に学べるのでどんどん上手くなる!今なら7日間無料お試し!

旅の目的はなにか手に入れるため

旅する目的を一番つくりやすいのは“ なにか ”を求めることでしょうか。

例えばこのような目的です。

  • 夢を叶えるため
  • 世界の財宝を手に入れるため
  • 自分のスキルを高めるため

漫画『ワンピース』は「海賊王になる」という夢を叶えるために海へ出ました。

『ルパン三世』は財宝を手に入れるため、世界を回っています。

 

また、医学や剣術、料理など、その道を極めんとする志から、世界を旅するもの立派な目的になりますね。

旅の目的は失ったなにかを取り戻すため

これは元々は主人公にあったものだけど、なにかがキッカケで失ってしまった。

それを取り戻すために旅をする、という目的です。

 

わかりやすい例でいうと
『鋼の錬金術師』がこのパターンですね。

錬金術の禁忌を犯し、主人公のエドは体の一部を。
弟は体のすべてを失ってしまいました。

その失った体を取り戻すことを目的に旅をしています。


その他にも

  • 生き別れた親、兄弟
  • 土地復興のための人材探し
  • 大切な人の失った感情

などがあります。

旅の目的はなにかを探すため

旅をすることが目的ではなくて
なにかを手に入れるための手段として旅しているのが、このパターンです。


例えば

  • 不治の病を治す薬
  • 自分にふさわしい花嫁
  • まだ見ぬ食材・生き物
  • スターとなる逸材
  • 自分を雇ってくれるところ
  • 死に場所

という何かを探すため、世界中を旅しています。

旅の目的は主人公の能力が求められるから

主人公の能力を必要とする人がいるから、旅をしているパターンです。

漫画『ブラックジャック』もこのパターンですね。
ブラックジャックの医者(無免許ですが)としての腕を頼りに、命を救う依頼をしてくる。

世界各地から依頼がくるので、結果、世界を旅することになる。

 

他にも考えられる例として

  • 医者
  • 料理人
  • 探偵
  • 建築家
  • 用心棒

など、その能力を発揮できる場が世界中にあるなら、旅する目的としては成り立ちます。

職業柄、旅の目的が必要ない

旅をすることに目的が必要ないパターンですね。

例えば

  • サーカス団
  • スパイ
  • 世界的スーパースター
  • 旅行会社の社員
  • パイロット・スチュワーデス

旅の目的があるというよりは、世界中を回っていても不思議じゃない人たちですね。

追ってから逃げるため旅をしている

こちらはあまりないかもしれませんが、なにかから逃げるために旅をしている主人公です。

  • 借金取り
  • お尋ね者
  • 命を狙われている

など。

ちょっとネガティブな理由なので、使いどころが難しいかもしれませんね。

まとめ:主人公が旅をする目的は世界に用があるから

旅をする目的に困ったら、まずは世界に目的をつくりましょう。

その世界にでることで、目的が達成される理由をつくるのです。

  • なにかを手に入れたい
  • なにかを取り戻したい
  • なにかを探したい
  • 主人公の能力を必要としている

世界に用があるなら、旅をしていても不思議ではありませんよね。

 

主人公が旅立つシーンが入る作品なら、その出発点にも気をつけましょう。

主人公の目的と一番遠いところを出発点にしたほうが、旅としては面白いです。

 

美味しいコーヒー豆を探すために、東京から日本全国を旅するより

日本から、真裏にあるブラジルに探しに行く方が、ストーリー性を感じられますよね。

 

主人公の旅をする目的が決まったら、その出発点も意識してみてくださいね。

 

主人公の理由づけシリーズで、バトルの理由のつくり方もあります。

あわせてどうぞ!

主人公の戦う理由 【主人公の設定】戦う理由としてつけてはいけないものと上手な作り方

 

キャラクターデザイン講座

パルミーの神絵師授業でスキルUP!

月謝制なら60以上の人気講座が見放題!好きな時間に学べるのでどんどん上手くなる!今なら7日間無料お試し!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。