デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

【主人公の設定】戦う理由としてつけてはいけないものと上手な作り方

主人公の戦う理由

ストーリーの展開上、主人公を戦わせたいが一体なんのために戦うのか、その理由をつくれなくて困っていませんか?

 

確かに「戦う理由」は必要ですよね。

それを描かなければ読者から「え?なんで戦うの?」

と、ストーリーに集中してもらえません。

 

ですが、それこそが答えといえます。

読者に感情移入させるために“ 戦う理由 ”がいるのです。

 

ということは“ 戦う理由 ”は、読者の共感を得られるものにすればOKです。

共感を得ることができたら、感情移入できるのでストーリーに集中してもらえます。

戦う主人公を応援してもらえます。

 

では、読者の共感を得られる“ 戦う理由 ”とはどんな理由でしょうか。

ここではその理由について触れたいと思います。

 

キャラクターデザイン講座

パルミーの神絵師授業でスキルUP!

月謝制なら60以上の人気講座が見放題!好きな時間に学べるのでどんどん上手くなる!今なら7日間無料お試し!

やってはいけない主人公が戦う理由づけ

やっちゃダメな理由

まずはじめに戦う理由として、つけてはいけないものがあります。

 

それは「世界を救うため」です。

これがなぜダメなのか。

 

主人公が戦う理由として、この「世界を救うため」は読者の共感が得られにくいからです。

感情は、日常で感じる想いなので、「世界を救うため」になにかをする。
ということがイメージできません。


例えば

  • 世界を救うために暴力団と戦う
  • 世界を救うために詐欺師と戦う
  • 世界を救うためにボクシングチャンピオンと戦う
  • 世界を救うために眠気と戦う

これだとなんのこっちゃ、ですよね。

 

世界を救う=○○と戦う、が成立していないので感情移入ができないのです。

なので漠然と「世界を救うため」という理由はNGです。

 

ではどうしたらいいか?

 

それは、日常で行動する感情に落とし込むことです。

  • ナンパされた彼女を助けるため暴力団と戦う
  • だまし取られたお金を取り戻すため詐欺師と戦う
  • 世界一になるためボクシングチャンピオンと戦う
  • 仕事を終わらせるため眠気と戦う

こうすれば、戦う理由がわかりやすいですよね。

このように行動する理由を、現実でもあり得る理由にすることが大切です。

 

ちなみにゲームなどでよくある
世界を滅ぼそうとする悪い奴がいて
世界を救うためにその悪い奴と戦う。

というものがありますが、これも例外ではありません。

ゲームは自分が主人公としてプレイするので、そんなに問題ではありません。

 

ですが漫画の場合はダメなんです。

たとえ世界を滅ぼそうとしてる奴がいても

その戦う理由は、現実でもあり得る理由に落とし込む必要があります。

 

そしてその結果、世界を救うんです。

 

わかりやすい例でいえば、『ドラゴンボール』がそうですね。

「サイヤ人編」や「フリーザ編」でも悟空は地球を救うためや、宇宙を救うために戦っていません。

強い奴と戦いたい!
やられた仲間のため!

という日常でも感じる理由で戦っています。


そしてその結果、地球を救うのです。

主人公が戦う理由のつくり方

戦う理由のつくり方

主人公がなに者かと戦う、という展開にしたいときありますよね。

でも戦う理由がない。

 

そんなときは戦う理由をつくってしまいましょう!

戦う理由をつくる上で大切なのは、主人公の感情にひもづけることです。


例えば、主人公の

  • 逆鱗に触れさせる
  • 大切にしているものを壊す・奪う
  • 大切な人を傷つける
  • 正義と反している行動をとる
  • 命の危険を感じさせる
  • 自由を奪う

という、主人公が戦いたくなる、または戦わざるおえない状況を作りだしましょう。

そうすることで

  • 怒り
  • 守りたい
  • 正義感
  • 生きたい
  • 解放されたい

と何かしらの感情をいだき、何者かと戦うことが自然となります。

 

また、主人公自身が戦う理由をもっている場合もあります。

  • 強い奴と戦いたい
  • 修行など己を鍛えるため
  • 約束を守るため
  • 弱い自分を見せたくないから
  • 逃げることがカッコ悪いと思っている

何者かと戦う前に、こういった理由を主人公に仕込んだり、読者に見せておくと、戦う流れが自然になります。

 

しかしもっと簡単な方法があります。

それは

 

主人公の目的のジャマをすることです。

ストーリーは、主人公の目的を達成するために展開していきます。

  • 恋愛成就
  • 悪い奴をやっつける
  • 仕事や夢で成功する
  • お宝をハントする
  • そのスポーツの大会で優勝する

これらの目的があった場合

  • 恋のライバル
  • 競争相手
  • ジャマする奴
  • 倒すべき相手

などとし、主人公の目的を阻むことで、自然と戦う流れになっていきます。

本当は戦いたくない主人公の動機づけ

戦いたくない主人公の動機
本当は戦いたくないのに戦わなければいけない。

そういった状況を作りだすことです。

 

例えば

  • 戦わないと生きて帰れない
  • 戦わないと好きな誰かが死ぬ

こういった状況や

  • 大切な人
  • 幸せな環境
  • 誇りや信念

など、なにかが失われるのを守るために戦う。

これが本当は戦いたくない主人公の動機づけです。

 

『戦いたくない』とネガティブなので、理由もそういったネガティブな感情からくるほうが、共感を得られやすいです。

まとめ:主人公が戦う理由には共感が大切

主人公が戦う理由はなんでもいいわけではありません。

適当に理由を探してつけたとしても、読者は共感が得られなければ面白く感じてくれないんです。

 

主人公の感情を大切に描き、その感情から戦う流れにもっていくようにすると、読者は共感してくれます。

主人公が戦う理由で大切なのは、読者に共感してもらうことです。

 

あなたが何者かと戦うときに、どういった理由なら戦えるのかを考えると、その答えを導き出せるかもしれません。

 

「主人公が旅をする目的のつくり方」を書いている記事もあります。
あわせてご覧ください。

主人公が旅をする目的 【主人公の設定】旅をする目的6パターン

 

キャラクターデザイン講座

パルミーの神絵師授業でスキルUP!

月謝制なら60以上の人気講座が見放題!好きな時間に学べるのでどんどん上手くなる!今なら7日間無料お試し!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。