全カテゴリーはこちら

物語を動かすキャラクターの役割は全部で7つ!

キャラクターの役割

物語を動かすにはキャラクターの存在が必要不可欠です。

そのキャラクターには役割があり、ストーリーを進むべき道へ導いてくれます。

https://raon-terastorys.com/wp-content/uploads/girl_normal_open.jpg
女の子

ふ~ん!じゃあキャラクターの役割ってどんなのがあるの?

https://raon-terastorys.com/wp-content/uploads/2018/11/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.jpg
らおん

うん!順番にみていこう!

物語を動かすキャラクターの役割は全部で7つ。

この役割を意識するだけでも、ストーリーは作りやすくなりますよ。

キャラクターの7つの役割

https://raon-terastorys.com/wp-content/uploads/girl_normal_open.jpg
女の子

キャラクターの役割って7つもあるんだ!

https://raon-terastorys.com/wp-content/uploads/2018/11/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.jpg
らおん

そうだね!キャラに役割を演じてもらうといいよ

短編マンガや読み切り漫画では、登場するキャラクターが限られています。

1人のキャラクターが複数の役割をになってもOK。

ストーリーの途中で役割が変わってもOKです。

臨機応変に役割を使うことで、自在にストーリーを操れるようになります。

1.ヒーロー(主人公)

ヒーロー(主人公)

ヒーローはその作品の主人公です。

主人公の役割は、その世界での目的をもち、達成させるように動かすことです。

主人公の目的の例
  • 恋人
  • 仕事
  • お宝
  • 友情
  • お金

幾多の壁に阻まれようとも、ヒーローは常に目的を達成するように行動します。

ヒーローを魅力的に描く2つのポイント

主人公を魅力的に描くには、

  • 尊敬・憧れる要素
  • 欠点

上記の2つをつくることです。

「尊敬や憧れる要素」は読者にとって、

  • 「かっこいい!」
  • 「あんなふうになりたい!」

と思ってもらうために必要で、主人公がカッコよくあるための要素でもあります。

そしてもう1つの「欠点」。

これは読者に共感してもらい、身近な存在として受け入れてもらうために必要な要素です。

らおん
「ドラえもん」を例にとってみよう!

ドラえもんはとても便利な道具をもっています。

日常の「あーしたい、こーしたい」ならすぐに叶えてくれます。

https://raon-terastorys.com/wp-content/uploads/2018/11/aad952de5fb1279e600bbb7b21819bf3.jpg
らおん

これが憧れる要素

https://raon-terastorys.com/wp-content/uploads/girl_normal_open.jpg
女の子

でもドラえもんってネズミが苦手なんだよ

そうドラえもんはネコ型ロボットでありながら、ネズミが大の苦手です。

https://raon-terastorys.com/wp-content/uploads/2018/11/aad952de5fb1279e600bbb7b21819bf3.jpg
らおん

これが欠点

https://raon-terastorys.com/wp-content/uploads/girl_surprise.jpg
女の子

わ!憧れる要素と欠点が入ってる!

なんでも叶えてくれる「憧れる要素」だけだと完璧な存在。

ですがどこか人間味がありませんよね。

それを【ネズミが苦手】という欠点をつくることで、不完全な存在となり読者との距離感を縮めています。

らおん
これで感情移入しやすくなる!
主人公の設定で大切-アイキャッチ 主人公を設定するときに大切な2つのコト

ヒーローの性格パターン

ヒーローの性格パターンは主に2つ。

  • 能動的な性格
  • 受動的な性格

このどちらかです。

能動的な性格は積極的だったり活動的だったり、やる気に満ちている性格のこと。

らおん
つまり勇敢にグイグイと突き進んでいくタイプ!

受動的な性格はなかなか行動に移せず、悩んだり迷ったりする性格のこと

らおん
つまり消極的でなにをするにも躊躇ちゅうちょするタイプ!

このタイプはストーリーが前に進むように、ヒーローの背中を押してあげる存在が必要となります。

ストーリーが進むにつれて、受動的なヒーローが能動的になる!そんなパターンも、もちろんアリです。

ヒーローの成長パターン

ヒーローは物語を通して成長していきます。

その成長パターンは、

主人公の成長パターン
  • 能力

上記の2通り。

「能力」の成長パターンは、ヒーローにまだ伸びしろがある不完全な力の状態。

その状態からストーリーを通して「能力」が成長していきます。

その能力とは、

  • 敵と闘うスキル
  • スポーツや将棋などの競技
  • 恋愛テックニックやコミュニケーション能力
  • 仕事のスキル
  • 音楽や料理のスキル

などさまざまです。

らおん
『ドラゴンボール』の悟空は、物語を通して闘う「能力」が成長していくこのパターン!

「心」の成長パターンはヒーローの能力はすでに完全な状態で、ストーリーを通してヒーローの「心」が成長していきます。

能力が完全なので、

  • 人を見下す
  • 自信過剰
  • 仲間がいなくても平気

こういった価値観を持ちがちです。

ですが、

  • 仲間は大切
  • 人は尊い
  • 品格
  • 悪は許せない

などの、人として素晴らしい価値観をもつように「心」を成長させていきます。

らおん
『るろうに剣心』の剣心も「心」の成長パターン!

剣心は幕末最強と謳われた伝説の人斬りです。

剣術という「能力」は完全な状態。

しかし、数多くの人の命を奪ったという自責から、自分の命を軽く感じていました。

それをストーリーを通して、自分の命について改めることで価値観が変わり、心の成長をしています。

2.メンター(賢者)

メンター(賢者)

メンターは、ヒーロー(主人公)の手助けをしたり、成長させてくれる役割があります。

物語におけるメンターの役割は

  • 武術・スポーツなどを教えてくれる師匠的存在
  • ヒーローの目標となる憧れる存在
  • 人生や価値観について教えてくれる存在
  • ヒーローが旅立つときに手助けしたり、背中を押してくれる存在

などさまざまです。

ヒーローが悪い方向(悪の道)へ行きそうになったときも、忠告をしたり正しい道へ導いてくれるのもメンターの役割ですね。

3.ガーディアン(門番)

ガーディアン(門番)

ヒーロー(主人公)を足止めする存在。

または、ヒーローの能力が本物か。気持ちに覚悟があるかどうかを試す存在でもあります。

らおん
ヒーローの力や想いを試すのがガーディアンの役割!

具体的には、

  • ヒーローの行く手を阻む(人や災害・建物、動物など形を問わない)
  • ヒーローの気持ちに覚悟があるか、試練を与える
  • ヒーローの能力が本物か、テストする

などが挙げられます。

ワンピース1話目、ルフィが海へ出るときに近海の主を倒しますが、その近海の主が「ガーディアン」です。

ルフィに、海へ出るに値する強さを持っているかを試しています。

ワンピースに学ぶストーリーのつくり方 ワンピースに学ぶ面白いストーリーのつくり方

4.ヘラルド(使者)

ヘラルド(使者)

ヘラルドは、ストーリーに重要な変化を知らせる存在。

このヘラルドによって、ヒーロー(主人公)はなにかを決断し、行動に移さなければいけなくなります。

それによってストーリーに大きな変化が加わります。例えば、

  • ヒーローの親しい人が事故や病気などに巻き込まれたことを伝える
  • ヒーローに危機が迫っていることを知らせる
  • 物語の黒幕が登場する

またヘラルドは人ではなくて、災害の場合もあります。

ヒーローにとって大切なスポーツ大会。しかし、嵐や台風が近づき中止になるかもしれない。

こういった順調に進んでいたストーリーに暗雲がたちこみ、物語を負の状況へ導きます。

ヘラルドは、すべての作品に必要となる重要な存在です。

5.シェイプシフター(変化者)

シェイプシフター(変化者)

シェイプシフターは、ヒーロー(主人公)をほんろう、混乱、裏切る存在です。

あるときは味方。あるときは敵。

そのときどきで思うように行動して、ヒーローを困らせるのがシェイプスターの役割です。

  • いい人だと思っていた人が実は悪い奴
  • 人によって態度をコロコロ変える
  • 信頼を得て仲間になったが実は敵のスパイ
  • 人をあざむく
  • 誰にでもいい顔をする八方美人

こういったキャラクターがシェイプスターといえます。

らおん
一番いい例は『ルパン三世』の不二子ちゃん!

不二子はルパンの仲間であるときも、ここぞ!というときに裏切ることもあり、典型的なシェイプシフターです。

6.シャドウ(影・悪者)

シャドウ(影・悪者)

シャドウは、ヒーロー(主人公)にとっての最大の障害です。

絶体絶命のピンチに陥るほどの強敵として、ヒーローの前に立ちはだかります。

そのため、ヒーローはこれまで成長してきた証を見せる必要があります。

その証とは「能力」、または「心」です。
ヒーローの成長するパターンへジャンプ!

これまでに成長してきた力を最大限に発揮し、シャドウに立ち向かいます。

シャドウの役割はいわゆる、ラスボスです。

シャドウを魅力的に描く

シャドウはヒーローにとって、最大の敵です。

そのためシャドウを魅力的に描くことは、ストーリーをより面白くさせる要因の1つとなります。

『ドラゴンボール』のフリーザがその典型的な例ですね。

  • 部下を大切にする姿勢
  • 優雅に振る舞う余裕ある態度
  • 敬語を使う品のある話し方

こういった悪役にも人として尊敬できる部分や知性・優しさなどがあると、その悪意ある言動も、どこか魅力的に感じてしまうものです。

言葉使いや態度からザコ感がでないように、魅力ある言動をさせましょう。

7.トリックスター(道化師)

トリックスター(道化師)

トリックスターは、場の雰囲気を変える役割をはたします。

おどけたり、イタズラをしたり、ユーモアある言葉で笑いを誘い、場の雰囲気を和ませます。

シリアスなシーンが続いたり緊迫した状態が続くと、読者は見ていて疲れることがあります。

そんなときに場を和ませることで緩急をつけています。

らおん
イメージは『ドラゴンボール』のミスターサタン!

また、わる知恵やずる賢さなどをもっている一面もあります。

基本的に力の弱さを頭の良さでカバーすることもあり、「ガーディアン」や「シャドウ」を出し抜くことも。

普段おちゃらけているトリックスターは、真剣になる姿を見せてることでギャップを生み、読者を感動させることができます。

そういう意味では『ワンピース』のウソップもトリックスターに当てはまります。

らおん
「仲間の夢を笑われた時だ!!!」では涙腺が崩壊しました

物語を動かすキャラクターの役割は全部で7つ!まとめ

ヒーローは作品の主人公なので、各作品に一人しか存在しませんが、その他は複数存在してもOKです。

悟空のメンターは、亀仙人・界王様。と幼少期と青年期で二人います。

ワンピースのルフィも、シャンクスとレイリーなど複数います。

https://raon-terastorys.com/wp-content/uploads/girl_smile_open.jpg
女の子

シャンクスはルフィを海賊に導いたメンター だね!

https://raon-terastorys.com/wp-content/uploads/2018/11/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.jpg
らおん

そう!そしてレイリーは覇王色という能力を与えたメンター!

本記事で紹介したキャラクターの役割は、ヒーロー以外固定されたものではありません。

1人のキャラが「メンター」や「シャドウ」の役割をすることもOKです。

例えばメンターだったキャラが、ヒーローの才能に恐れを感じ、シャドウとなって立ちはだかる。

そんなストーリーのつくり方もできます。

https://raon-terastorys.com/wp-content/uploads/girl_normal_open.jpg
女の子

そういや『ドラゴンボール』の亀仙人もそうだったよね

https://raon-terastorys.com/wp-content/uploads/2018/11/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.jpg
らおん

そうだね!悟空を修行で強くしたメンターの一面をもちながら、 天下一武闘会の決勝戦で立ちはだかるシャドウにもなってる!

こうしたキャラクターの役割を知っていると、ストーリーにも広がりがもてます。

ぜひ参考にしてくださいね。

主人公の設定で大切-アイキャッチ 主人公を設定するときに大切な2つのコト ワンピースに学ぶストーリーのつくり方 ワンピースに学ぶ面白いストーリーのつくり方 キャラのタイプは5つアイキャッチ画像 キャラクター設定するときに役立つ5つのタイプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。