おすすめの漫画講座はこちら

初心者でも簡単!床のタイルの描き方

床のタイルの描き方

背景の描き方を知るうえで、避けて通れないのが「増殖法」と「分割法」。

床のタイルも増殖させることで、敷きつめることができます。

本記事ではそんな床のタイルの描き方を解説していきます。

この記事の著者
和々寺らおん

漫画家

和々寺らおん

raon wawaji

プロフィール

SNSやWEBで活動する漫画家。
当サイトでは、長年にわたり身につけた漫画の知識や経験、スキルを基に発信しています。またペンタブや参考書など、漫画・イラストを描く人のために詳細なレビューもしています。プロフィール詳細

床のタイルの描き方

まずは1つ基準となるタイルを描いて、そこから増やしていきます。

タイルの基準を決める

次に基準となるタイルの対角線を、アイレベルまで伸ばします。

タイルの対角線を引く

次に対角線とアイレベルの交点から、タイルの角を通る補助線を引きます。

アイレベルから補助線を引く

次に、基準となるタイルの線を、それぞれ伸ばします。

線を伸ばす

上図で伸ばした線と、補助線の交点が、隣のタイルの幅になります。

交点が隣のタイルの幅

次に、増やしたタイルの角と、アイレベルを結ぶ線を引きます。

さらに補助線を引く

1回目に増やしたタイルと同じ手順で、交点から消失点へ向かう線を引きます。

交点で線を引く

上記を好きな範囲まで繰り返します。

これで左右のタイルは完了。次は前後のタイルを増やしていきます。

タイルの消失点へ向かう線(パースライン)と、補助線(赤)の交点で水平に線を引きます。

交点から線を引く

好きな範囲まで線が引けたら、タイルがある床の完成です。

床のタイル

デジタルを使ったタイルの描き方

アナログだとタイルをパースにあわせて、増やしていくのが大変です。

ですがデジタルだとグリッドを使えば簡単に描けます。

パース定規のグリッド表示

ペイントソフト「クリップスタジオ」だと、グリッド表示ができ、そのままタイルとして描くこともできます。

1点透視ではこんな感じ。

1点透視のグリッド表示

2点透視と3点透視ではこんな感じです。

2点と3点のグリッド表示

もちろんグリッドの大きさや位置も変えられます。

グリッドにはスナップ機能もあるので、なぞるだけで描けます。

デジタルを導入しているなら、使わない手はありませんね。

\一番売れてるイラストソフト/

プロも愛用

低価格で高機能

クリスタ!パース定規のグリッド表示を詳しくみる

クリスタのパース定規でグリッド表示させる方法 クリスタのパース定規でグリッド表示させる方法と使い方

床のタイルの描き方まとめ

床のタイルの描き方でした。

1つのタイルを増殖させて描く方法なので、応用すれば壁や天井にもタイルを敷けますよ。

背景を描くときに重宝する「増殖法」と「分割法」も、あわせて知っておくと便利です。

グリッドの切替えや幅の調整などは、はじめは分からなくても次第に慣れていきますよ。

背景の描き方おすすめ本 初心者向け!背景の描き方がわかるおすすめの本5選 背景の描き方 一番分かりやすい背景の描き方!パースの基本をマスターしよう クリスタのパース定規でグリッド表示させる方法 クリスタのパース定規でグリッド表示させる方法と使い方 背景パース増殖法 背景パースで描く増殖法 背景を描くときに使う分割法 背景パースで描く分割法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。