デジタル制作におすすめの機器はこちら

【スカルプターのための美術解剖学の感想レビュー】本格的に人体構造を学びたい人向けの本

スカルプターのための美術解剖学

本格的に人体構造とか学んでもっと絵が上手くなりたい!

あるていど絵が描けるようになっても、それ以上なかなか上手くなっていかないことってありますよね。

今以上に絵がうまくなるには人体構造を学ぶのが一番です。

人体構造を学ぶと絵に説得力がでてきます。

らおん
わたしも過去に泣きながら学んだ経験があります

当時は美術解剖学系の難しいそうな本を片っ端かたっぱしから読んでいました。

骨格、筋肉のつき方や動き方、そして各部位の名称までも。

なんだか大変そう…

そう、大変だったんです。でもこれから学ぶあなたは、できればやさしく美術解剖学を学びたいですよね。

しかも初心者にもわかりやすいように。

うん、でもそんな都合のいい本なんてあるのかな…?
らおん
それがあるんですよね!

その本とは「スカルプターのための美術解剖学」です。

スカルプターのための美術解剖学の表紙

スカルプターのための美術解剖学はイラスト・ 3CG・ 写真を駆使してわかりやすく丁寧に解説。

初心者でも、あるていど絵が描ける人でも、人体について詳しく学ぶことができます。

それは素晴らしい!

というわけで本記事では「【スカルプターのための美術解剖学の感想レビュー】本格的に人体構造を学びたい人向けの本」について紹介していきます。

スカルプターのための美術解剖学の感想レビュー

スカルプターのための美術解剖学の表紙

スカルプターのための美術解剖学は、人体構造を見て学べる最高峰の本。という感想です。

どこの筋肉がどういう風についていて、どう動くのか。これが視覚的に分かりやすい。

らおん
イラスト・3CG・写真などほとんどが図解!

フルカラーで筋肉の各部位を色分けしているので、どこの筋肉なのかすぐに把握できます。

この色分けは意外と大事な要素で、モノクロの美術解剖学の本ではどの部位かわかりづらいことがあるんです。

またモノクロ本のほとんどが、デッサン絵で構成されています。

絵だと、どうしてもわかりづらい部分やイメージしづらい個所がでてきます。

また絵柄の好み・クセや、

デッサン絵=難しい

といった印象で、理解のさまたげになることもあります。

らおん
本書はそれがないのが素晴らしい!

そもそもデッサン絵をほとんど使っていないので、絵柄のクセなどがありません。

使っているのは実際の肉体。その肉体の上から筋肉がどうついているか、どう動くか、ということを見せています。

解説文も最小限におさえてあります。解説文がなくても理解できるように視覚的にわかりやすい構成は初心者にもとっつきやすいです。

らおん
人体構造を勉強するならこれ以外には考えられません!

美術解剖学って難しいそう…。人体構造ってわかりづらい…。

そんな方にピッタリの視覚的に学ぶことができる良書です。

スカルプターのための美術解剖学の内容

それでは「スカルプターのための美術解剖学」の内容を紹介していきます。

こちらが目次です。

目次
  • 全身&胴体
  • 頭部&首
  • 上肢
  • 下肢

大きくわけて全4章。

そして章ごとにさらに詳しく枝分かれしています。

例えば「全身&胴体」の章では、

  • 人体の骨格
  • 胴体の重要なランドマーク
  • 男女の骨格の主な違い
  • 魅力的な体形にする方法
  • マッスの比率

上記の目次は一部ですが、こと細かに図解を通して解説しています。

それでは各章をみていきましょう。

全身&胴体

男女の骨格の違いから、骨格からどういう風に筋肉がついているのかを詳しく図解。

また魅力的に見える体形ポーズなども解説されています。

らおん
人体について知れるだけでなく、魅せ方まで学べちゃう!
魅力的に魅せる人体ポーズ
出典「スカルプターのための美術解剖学」P14,P15

そして特長はなんといっても、そのわかりやすさです。これは実際に見ていただくほうが早いですね。

骨格から筋肉のつき方
出典「スカルプターのための美術解剖学」P28

骨格にどう筋肉がついているかの図解です。

その他にも筋肉や関節の仕組み実際に描くときの注意点なども網羅しています。

胸筋のつき方
出典「スカルプターのための美術解剖学」P34

また、実際の人物に当てはめて筋肉の解説もしていますよ。

実写からの筋肉図1
出典「スカルプターのための美術解剖学」P78,P79
背中の筋肉
出典「スカルプターのための美術解剖学」P87
らおん
人が動いたときの筋肉の見え方もまる分かり!

頭部&首

頭部の骨格や筋肉のつき方はもちろん、人を正しく描くための知識が盛りだくさんです。

例えばアゴの輪郭ひとつとっても、どういう風に線を描けばいいのか図解されています。

顎の輪郭線
出典「スカルプターのための美術解剖学」P100

また顔の各パーツについても、その仕組みや構造からどういう風に見えるのか詳しく図解。

目の構造
出典「スカルプターのための美術解剖学」P102

この章の最後には老若男女の表情集があり、これも参考になりますよ。

らおん
表情は人を描く上でかなめですからね!

表情がもたらすイラスト効果は、下記の記事でも紹介しています。

人を惹きつけるイラストの描き方_タイトル画像 人を惹きつけるキャラクターイラストの描き方はディズニーから学べ

上肢

手と腕についての章です。

基本的な骨と筋肉のつき方から、腕を回転したときの筋肉の動き方を網羅。

腕を回転したときの見え方
出典「スカルプターのための美術解剖学」P147

また漫画やイラストでよく見かけるポーズで、筋肉の位置がわかるのもありがたいところです。

よく使うポーズの図解
出典「スカルプターのための美術解剖学」P157

関節の可動域や、腕のアウトラインも丁寧に図解されているので、絵を描くときにとても参考になります。

腕のアウトライン
出典「スカルプターのための美術解剖学」P173

リラックスしてるように見える方法なんてのもあり、単に美術解剖学の域を超えた解説もされています。

らおん
絵が上手くなるための知識が盛りだくさん!

下肢

腰と脚についての章です。骨・関節・筋肉の仕組み・構造がメイン。

脚の人体構造
出典「スカルプターのための美術解剖学」P194

また、ひざについての解説も勉強になります。

膝の構造
出典「スカルプターのための美術解剖学」P205
らおん
脚についての理解が一気に広がりますよ!

もちろん「足(足首から下)」についての解説も丁寧でわかりやすいです。

【スカルプターのための美術解剖学の感想レビュー】本格的に人体構造を学びたい人向けの本:まとめ

スカルプターのための美術解剖学の感想レビューでした。

本書の裏面にこんな一文があります。

人間の体を簡潔に解説した、もっとも使いやすい、アーティスト向け美術解剖学のガイドブックがここにあります。

スカルプターのための美術解剖学

まさしく上記の一文のとおり、本当に理解しやすく使いやすい。

漫画やイラストを描くときに重宝する美術解剖学のガイドブック。という感じです。

らおん
1,000点を超える図解で視覚で理解できる!

これをもっておくと、他の絵描きと差がつけられる貴重な1冊です。

美術解剖学の本をお探し、または人体構造を理解したい方は必携。買って損は絶対にしませんよ。

第二弾、表情編もあるのであわせて手に取ってみてください。

人を惹きつけるイラストの描き方_タイトル画像 人を惹きつけるキャラクターイラストの描き方はディズニーから学べ デッサンにおすすめの本 【初心者向け】絵描き10年が選ぶデッサンにおすすめしたい珠玉の本5選 絵が上手くなる初心者向けのおすすめ本 これで変われる!絵が上手くなる初心者向けのおすすめ本を5つ紹介します! 漫画デッサンおすすめ本-タイトル画像 漫画デッサンで確実に画力が上がるおすすめの本5選! イラスト上達のオススメ本!タイトル画像 イラストを上達させたいアナタが知るべきおすすめの本5選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。