デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

30代でも漫画家になれる!その方法は戦略的にプロを目指すこと

漫画家になりたい30代のアイキャッチ画像

30代から漫画家を目指しても、プロになれるのか不安ではありませんか。

  • 遅すぎないか
  • 出版業界から跳ね返されるんじゃないか
  • 可能性はあるのか

わたしは漫画歴が10年くらいあります。

担当者がついてくれたこともあります。

 

しかしわたしは結果がでず、30才になる前に目指すのをやめてしまいました。

 

でも今考えると
もっと売れることを意識した作品を描けばよかった

マンガのテクニックを学ぶことにもっと貪欲になればよかった
戦略的に漫画家を目指すべきだった
と思うことがあります。

 

当時のわたしは、自分の好きなように作品を描き、自分の好きな雑誌を目指していました。

これではどんなに頑張ってもうまくいかないんですよね。

 

漫画家になるということは、商業誌(またはオンライン)で売れる作品を描かなければいません。

売れるためには、自分の好きなように作品を描いていてはダメなんです。

 

あなたがもし、これから漫画家を目指すのであれば、自分の好きなように作品を描くのではなく、売れる作品を意識しないといけません。

 

そのために実力を身につけることは必須です。

 

この記事ではわたしの過去の経験から
30代から漫画家を目指すために取るべき戦略と
雑誌掲載に必要な実力のつけ方を解説しています。

 

夢を諦めるには、まだ早いですよ。

30代でも漫画家にはなれる

まずはこの言葉を聞いて、安心してほしいです。

 

30代からでも漫画家になれます。

 

漫画家を目指すのに年齢は関係ありませんよ。

30代だからといって漫画家になれない世界ではないです。

30歳を過ぎてからデビューした漫画家さんも多くいらっしゃいますしね。

 

しかし、だからといって20代前半の漫画家志望さんと同じことをしていてはダメです。

初作品で賞を受賞して、とんとん拍子に連載決定。

そんな人はごくまれです。

 

運よくデビューできても、そこから連載までたどり着けるには、何年もかかります。

 

あなたはもう30代。

遠回りしているヒマはありませんよね。

 

生活もかかっているので、できれば最短距離で漫画家になれるのが理想のはずです。

 

そうなれば

とにかくマンガを描きまくって出版社にアピールするのは、効率的ではありません。

 

数を打てば当たる。
ではなく、まずは的に当てるだけの腕を身につけ、その腕で確実に当てられる的を狙ったほうが、漫画家になれる確率はグッとあがりますよ。

 

計画的に、戦略的に、漫画家を目指していきましょう。

次からはあなたがどう漫画家を目指していくのかについて、お話しますね。

 

本気で漫画家になる気があるなら、わたしはあなたを応援します。

30代で漫画家を目指すための戦略

漫画家を目指すあなたは、どのマンガ雑誌を狙うか決まっているでしょうか。

 

決めてないならまずは狙うマンガ雑誌を決め、そこを目標に進みましょう。

ここで重要なのは、狙うマンガ雑誌を間違えないことです。

対象読者が30代以上のマンガ雑誌を狙う

狙うマンガ雑誌は、青年系の対象読者が30代以上が好ましいです。

 

なぜなら、20代の漫画家志望さんと比べて、たくさん人生経験を積んできたと思います。

社会経験、恋愛経験、その他にもいろんな経験を。

 

その経験したことが、今のあなたにとってこれから漫画家を目指すための最大の武器となります。

そしてその武器を活かせるのは、対象読者が30代以上のマンガ雑誌です。

 

対象読者とあなたの年代が近いと、感性もその読者と離れることはなく、作品の共感も得られやすいです。

 

年齢が離れすぎていると、話があわないってよくいいますよね。

なので30代から漫画家を目指すのであれば、同じ年代をターゲットにしている雑誌を目指しましょう

 

 

しかし中には、少年・少女マンガ家を目指したい人もいると思います。

ですが正直、かなり難しいです。

 

わたしは約10年間少年マンガ家を目指し活動していました。

当時担当してくださった方は、とても良い人でいろんな内部事情を話してくれたんですね。

 

次の項目で、30代から少年・少女マンガ家を目指すには難しい理由をお話します。

ですが、絶対になれないわけではないので、どうか諦めないでほしいです。

 

これからあなたが目指す道です。情報として知っていてください。

 

この話を飛ばしたい人は下記をクリックしてくださいね。

「漫画家になるにはどうしたらいい?」へジャンプ!

30代で少年・少女漫画家になるのが難しい理由

一番の理由は、そもそもチャンスが回ってこないことです。

 

これは出版社によっても違いますし、同じ雑誌でも編集者さんによっても多少考え方が違うこともあります。

ですが、傾向としては「チャンスが回りづらい」です。

 

このチャンスが回りづらい理由はこんなものがあります。

  • 少年(少女)誌のターゲット層(子ども・学生)と感性が離れている
  • 20代のほうが伸びしろを期待できる
  • 読切りや連載掲載は経験させる意図で若い作家を選びやすい
  • 30代で失敗したらその後の人生に責任を負えない

実際に少年誌の編集者さんに話を聞いたり、耳にしたりした内容です。

 

ですがこれは、マンガのレベルが20代の人と同じだった場合の話です。

 

雑誌に掲載できるほどの即戦力があれば、30代でも関係なくチャンスは回ってきます。

これは漫画業界に限らず、どの業界にも同じことがいえますよね。

 

しかも今はオンライン配信もあるので、間口は広いです。

少年・少女漫画家を目指すなら

少年・少女漫画家を目指すなら、即戦力となる実力を身につける必要があります。

 

では、即戦力となる実力を身につけるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

それは学校へ行って効率よくマンガのテクニックを習得することです。

学校だとプロになるために、学びのカリキュラムが充実していますし、バックアップもあります。

 

 

もしかして独学で勉強しようと思っていましたか。

確かに独学でも力はつけることはできます。

 

しかし、独学だと自分に足りていない部分を客観的に把握すること。
それを補うためのテクニックやスキルを、どうやって習得するのかが手探りになること。

 

この2点から、独学だと実力を身につけるにはどうしても時間がかかってしまいます。

 

30代から漫画家を目指すなら、時間がかかればかかるほどチャンスは少なくなるので、余計な遠回りは避けるに越したことはありません。

 

あなたもできる限り早く、結果を出したいと思っていますよね。

でしたら独学でやるよりも、学校へ行って効率よくテクニックを身につけましょう。

 

マンガのテクニックを習得するなら、「アミューズメントメディア総合学院」 がおすすめです。

漫画の専門学校

なぜおすすめなのかというと、このアミューズメントメディア総合学院には出版事業部があるんですね。

 

この出版事業部と、在校生が作品を企画する「産学共同プロジェクト」というのがあります。

「産学共同プロジェクト」では、出版やデジタル配信などで作品をリリースできるため、他の学校よりもプロになるチャンスが転がっています。

 

もちろん授業内容もしっかりしているので、学校へ行くなら「アミューズメントメディア総合学院」がおすすめです。

 

まずは無料でパンフレットを取りよせてみてはいかがでしょうか。
公式サイトの右側のボタンからできますよ。

資料請求場所

 

\無料パンフレット/

プロに学びプロになる!

 

 

地方に住んでいる方は、おすすめの学校へは遠いですよね。

なんせ東京にしかありませんので。。。

 

そんな方はオンライン講座でテクニックを習得するのがおすすめです。

マンガ・イラストのオンライン講座「パルミー」はご存知でしょうか。

パルミー

プロの絵師、プロの講師によるWEB講座です。

もちろん無料ではありませんが、動画による解説でわかりやすく学ぶことができます。

 

このオンライン講座パルミーでは

  • 絵の描き方
  • キャラクターデザイン
  • ストーリーの作り方
  • ネームの書き方
  • コマ割り

こういったマンガのテクニックを一通り学ぶことができます。

しかもオンラインなので、自分の好きなときに、好きな場所で取り組めるのが魅力です。

 

料金は月額9,800円の講座受け放題プランと、1つの講座を受ける単体プランがあります。

しかし、単体プランでしか受けられない講座もあるので、注意してください。

 

絶対受けるべきおすすめの講座は、単体プランのこの講座。

マンガネーム講座

「マンガネーム講座」です。

 

マンガの面白さはネームで決まるといわれているくらい、大事な要素です。

 

いくら面白いストーリーが作れても、個性的なキャラを作れても、それを表現できるネーム力がなければ面白いマンガにはなりません。

 

反対にネーム力があれば、そこそこのストーリでも面白く見せることはできます。

なのでネーム力を鍛えるためにも「マンガネーム講座」は受けたほうがいいですよ。

 

\満足度90%以上/

いつでもどこでも受けられる

 

金銭的にも余裕があるなら、月額制のプランにも入って
そこで絵の描き方やキャラデザ、ストーリーの作り方などを学ぶといいでしょう。

 

\今なら7日間無料/

いつでもどこでも受けられる

 

とくもかくにも、まずは即戦力となる実力を身につけましょう。

漫画家になるにはどうしたらいい?

漫画家へは、どうやってなれるのか知っていますか。

 

目指すべきマンガ雑誌が決まったら、漫画家になるために行動していきましょう。

漫画家への道は以下の方法があります。

  • マンガ雑誌に応募
  • 出版社へ作品を持ち込み
  • マンガ専門学校へ通う

漫画家のなり方については、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてくだいね。

漫画家になるには?タイトル画像 漫画家になるには?その疑問をズバッと解決!あなたはどのルートを目指す?

 

まだ一度もマンガを描いたことがない人は、「【漫画の描き方】制作手順と必須テクニックをわかりやすく解説」をご覧ください。
この記事にマンガの制作手順と必須テクニックを書いています。

マンガの制作手順のアイキャッチ画像 【漫画の描き方】制作手順と初心者でも身につくテクニックを伝授

 

過去にマンガを描いたことがある人は、今よりもテクニックを上昇させていきましょう。

こちらの記事に、マンガテクニックを上達させる方法を紹介しています。

漫画が上達する4つの方法 あなたの漫画を上達させる選ばれし4つの方法+【おまけ】

「30代で漫画家になる」まとめ

漫画家になりたいなら、目指す雑誌を間違えないことと、雑誌に掲載できる実力をもつことです。

 

あなたと同じく30代から漫画家を目指す人もいますし、もっと早くから目指している人もいます。

そんな人たちに負けないよう、行動していきましょう。

 

雑誌に掲載できる実力を身につける方法を、下記にまとめますね。

 

【アミューズメントメディア総合学院】へ通う

漫画の専門学校

 

\パンフレットは無料/

プロに学びプロになる!

 

 

【パルミーオンライン講座】を受ける

パルミー

 

\満足度90%以上/

いつでもどこでも受けられる

 

\今なら7日間無料/

いつでもどこでも受けられる

 

【マンガテクニック】を上達させる

漫画が上達する4つの方法 あなたの漫画を上達させる選ばれし4つの方法+【おまけ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。