デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

これだけでOK!ファンタジー衣裳の描き方におすすめの本5冊【厳選】

ファンタジー衣裳の資料画像

ファンタジー衣裳の参考になる本ないかな…?

ファンタジー作品の衣裳って描くのが難しいですよね。現代モノと違って創作する部分が多いので、参考資料なしに描くのは大変です。

らおん
そこでファンタジー衣裳に参考になる本をご紹介します

わたしも創作マンガを描いて10年以上経ちますが、ファンタジー作品の割合が多め。ファンタジーに関する資料たくさんを読んできました。

その中で厳選して5冊紹介します。

ちなみにファンタジー衣裳や背景、世界観などの資料をまとめた記事もあります。ご興味ある方は下記のリンクからご覧ください。

ファンタジー資料のまとめをみる

ファンタジー資料まとめ すぐに役立つおすすめのファンタジー資料本11選!【服装・背景・世界観】

ファンタジー衣裳の描き方におすすめの本5冊

現代とは違うキャラクターの衣裳・服装。想像だけで描くには限界がありますよね。

ファンタジーにジャンルをしぼり、厳選したおすすめの本をご紹介します。

らおん
それがこちら!

それでは紹介していきます。

ファンタジー衣裳の描き方

本書「ファンタジー衣裳の描き方」は完全なファンタジーとはいえなくても、どこかファンタジー要素を含んでいる作品の衣裳に適した本です。

ひとえにファンタジーといっても、そのファンタジー度合いや方向性は作品によって違いますよね。

ファンタジー度合いと方向性
  • 現代をモチーフにしたファンタジー
  • ファンタジーをベースに現代の要素をもってくる
  • スペースファンタジー(SF)
  • ダークファンタジー
  • メルヘンなファンタジー

キャラの衣裳は作品とマッチするために、その世界観にあった衣裳をデザインにします。

らおん
でもこれが難しいんですよね…

しかし本書「ファンタジー衣裳の描き方」は、どのファンタジー度合いにも、方向性にもあわせることができます。

すごい!!

さらに

  • 西洋
  • 東洋
  • 現代
  • 王道ファンタジー系

など幅広く網羅しています。

そして現代ファッションをベースにファンタジー衣裳へアレンジする方法も解説しているので、あなたがつくる作品の世界観にあった衣裳・服装を描くことができます。

じゃあこれ1冊あれば十分だね!

ファンタジー衣裳をゼロベースから考えるのは大変ですが、身近なファッションからヒントを得ると描きやすくなりますよ。

ファンタジー作品を主に描く方には特におすすめです。

メルヘンファンタジーな女の子のキャラデザ&作画テクニック

本書「メルヘンファンタジーな女の子のキャラデザ&作画テクニック」はメルヘンで可愛い世界観のファンタジーを描くのに向いています。

らおん
おとぎ話や童話、ネコ耳とか!

衣裳を考えるモチーフとなるのは

  • スイーツ
  • 童話
  • お花

などです。それぞれのイメージからキャラクターの衣裳、服装をデザインする解説がされています。

かわいい世界観を表現したい人にピッタリなんだね!

そして本書はキャラクター衣裳だけでなく、その世界観をいろどる小物や背景、カラーの選択などの解説もあります。

らおん
つまり、メルヘンファンタジーの教科書です!

可愛い世界観のファンタジーを描きたい方におすすめです。

ファンタジー・マトリックス

本書「4ファンタジーマトリックス」は、これぞ王道ファンタジー!といった衣裳の描き方が載っています。

漫画やゲームでよく見かけるファンタジー職業

  • 騎士
  • 魔術師
  • 吟遊詩人

などの衣裳のデザイン。そして乗り物や食べ物などのアイテムファンタジーの基礎知識なども掲載しています。

らおん
まさに王道ファンタジーの教科書です!

魔法がバンバンでてくるようなファンタジーを描きたい方におすすめです。

コスチューム・マトリックス

本書「コスチューム・マトリックス」はファンタジー要素がある作品におすすめです。

完全なファンタジーでもいけますが、ベースは現代系でファンタジー要素があるような作品に適しています。

らおん
現代に異世界の住人が迷い込んだ!みたいな

それゆえ、ファンタジー度合いは軽め。衣裳の描き方も

  • 制服×動物
  • カジュアル×ゴス・礼服
  • 和服×メカ
  • 民族衣裳×四季

といった「ベース×モチーフ」の組み合わせで、150種以上のオリジナルコスチュームが掲載されています。

本書から衣裳デザインをするコツを学べば、それをあなたの作品に活かすこともできますよ。

らおん
コラムでは服飾の豆知識や、描写力アップの話もあるので役立ちます

「ファンタジー・マトリックス」ほどファンタジー感がいらない方は、こちらがおすすめ。

ベースとモチーフのかけ合わせる量が多いので、あなたの表現したい衣裳がきっと見つかりますよ。

ゲームシナリオのためのファンタジー衣装事典

本書「ゲームシナリオのためのファンタジー衣装事典」は衣裳の描き方ではなくて、衣裳の構造や知識などが記載されています。

描き方は載っていませんが、絵を描くためには構造の理解は欠かせませんよね。

といっても、内容が近代ヨーロッパと日本なので、使いどころが難しいかもしれません。

らおん
また、ファンタジーのカテゴリーとしてちょっと当てはまってないかもしれませんね…

ヨーロッパや日本の歴史をベースにした作品におすすめ。また小説・シナリオなどの文章を書く方も参考になる内容です。

魅力を引き出す服の描き方【おまけ】

ファンタジー衣裳の描き方の資料をご紹介してきましたが

キャラクターの服装をデザインしても、それをうまく描けなければもったいないですよね。

もっと服装をうまく描きたい方におすすめの本をご紹介します。

デジタルツールで描く! 魅力を引き出す女の子の服の描き方

本書「デジタルツールで描く! 魅力を引き出す女の子の服の描き方」はファンタジー衣裳の描き方ではないですが、服装を描くときに参考になる本です。

たとえば

  • マキシワンピ
  • ネルシャツ腰巻
  • デニムスカート

など、コーデしてある服に、アウトラインやシワのできかたなどの服の描き方が、数多く収録されています。そして服装も

  • ガーリー
  • カジュアル
  • エレガント
  • ゴシック

など幅広く網羅。さまざまなファッションスタイルや、その仕組みを知ることができます。

衣裳や服装を描くのが苦手な方は、こちらの本を参考にするのも勉強になりますよ。

これだけでOK!ファンタジー衣裳の描き方におすすめの本5冊【厳選】:まとめ

ファンタジーといっても、王道系やメルヘン系、少しその要素が入ったもの、など多種多様ですよね。

本記事では、いろんなファンタジー度合いに適応できるおすすめの本をご紹介しました。

どれも資料として役に立つ本ばかりなので、気になる本があればチェックしてみてくださいね。

紹介した本はこちら
ファンタジー資料まとめ すぐに役立つおすすめのファンタジー資料本11選!【服装・背景・世界観】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。