デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

【クリスタ講座】デジタル漫画の下描きからペン入れまでを解説!

クリップスタジオでペン入れ

 

クリップスタジオで、マンガを描こうと思っても、使い方がよく分からなかったりしますよね。

マンガを描く流れは、デジタルでもアナログ(手描き)でも同じです。

 

マンガのネームが完成したら、次はそのネームをもとに、下描き・ペン入れをしていきましょう。

クリップスタジオの使い方も、画像つきで丁寧に説明していきます。

 

「ネームって?」という方はこちらをご覧ください。

漫画のネームの書き方 【漫画ネーム】面白いネームの書き方は何を意識すべきか?

デジタルマンガ講座

クリスタでマンガの描き方をマスター!

プロが動画で詳しく解説してくれるからはじめてでも簡単♪マンガを完成させる手順がまる分かり!さらに今なら7日間無料で受け放題!

 

ネームをアナログ(手描き)で描いた場合

下描きのもととなるネームは、クリップスタジオ(以下、クリスタ)で描いた場合と、アナログ(手描き)で描いた場合がありますね。

アナログで描いた場合は、クリスタに読み込ませる必要があるので、手順をご説明します。

 

ネームをクリスタで描いた場合は、この項目を飛ばしてもらってOKです。
 →【次項】クリスタで下描きをするへ

 

まず、ネームをスキャナーなどで読み取って、画像にします。

そしてクリスタを開き、上のメニューバーから「ファイル」>「新規」で新規ファイルを作成します。

新規ファイル作成

ダイアログが出てくるので、自分の用途にあった設定をします。

新規ファイル_プリセット

ダイアログ設定は、こちらの記事でも詳しく説明しています。

漫画原稿用紙の使い方-アイキャッチ 漫画原稿用紙の使い方がよくわかる!そこに絵を描いちゃダメですよ!

 

次に「ファイル」>「読み込み」>「画像」から先ほど取り込んだネームを選択します。

画像読み込み

ネームのサイズや向きと、キャンパス用紙があっていない場合は、操作ツールで拡大・縮小・回転で調整できます。

 

回転は、シフトキーを押しながら回すと、45度間隔で回転できます。

拡大・縮小・回転の画像

ネームを読み込めたら、次は下描きをしていきます。

クリスタで下描きをする

それでは、ネームをもとに下描きをしていきましょう。

下描き用の新規レイヤーを追加する

レイヤーにはラスターレイヤーとベクターレイヤーの2種類ありますが、ラスターレイヤーでOKです。

新規レイヤー作成の画像

画面上に表示されていない場合は「ウィンドウ」>「レイヤー」で表示させましょう。

レイヤー表示

新規でレイヤーを追加したら、レイヤーの名前を「下描き」と変更しておきましょう。

レイヤーの名前変更

これでどのレイヤーに、なにが描かれるのか、わかりやすくなりましたね。

 

下描きをするときは、必ずこのレイヤーに描くようにしましょう。

選択中のレイヤーは、レイヤーパレットで確認できます。

選択中レイヤー

続いて、下描きするレイヤーを「下描きレイヤー」に設定します。

 

メニューバーから「レイヤー」>「レイヤー設定」>「下描きレイヤーに設定」

下描きレイヤーに設定

レイヤーの設定を「下描きレイヤー」にするメリットは、選択範囲や塗りつぶしが適応されない  印刷や書き出ししたときに、表示されない などがあります。

下描きレイヤーに設定したレイヤーは、鉛筆マークがつきます。

下描きレイヤーになったレイヤー

ツールで下描きする

描画ツールは、好みのものでOKです。

おすすめは、鉛筆ツールの「濃い鉛筆」です。

描画ツール_鉛筆

下描きが描きにくいときは、拡大・縮小したり、回転させたりして、描きやすくしましょう。

拡大・縮小・回転の画像

コマの枠線は、直線ツールを使ってザックリ引いておきます。

直線ツール

 レイヤーカラーを変更する

下描きがすべて終わったら、レイヤーカラーを変更します。

 

レイヤーカラーとは、レイヤーに設定している色の事です。

レイヤーカラーを設定すると、すべての線の色が、その色になります。

 

レイヤーカラーの変更は、「レイヤープロパティ」から行います。

レイヤーカラー変更

レイヤープロパティが画面に表示されていない場合は、「ウィンドウ」>「レイヤープロパティ」で表示しましょう。

レイヤープロパティ表示

レイヤーカラーを変更する理由としては、下描きとペン入れした線の区別を、つきやすくするためです。

下描きとペン入れ

クリスタでペン入れをする

下描きレイヤーの上に、ペン入れ用の新規ラスターレイヤーを作成します。

もし、下描きレイヤーの下に作成してしまった場合は、ドラッグして下描きレイヤーの上にもっていきましょう。

レイヤーの移動

ペン入れ用のレイヤーが、下描きレイヤーの下にあると、描いても下描きの線の下に表示されてしまいます。

 

ペン入れは、ペンツールで描いていきます。

 

これは個人の好みにもよりますが、人物などの主線は、Gペン。

髪の毛などの細かなところや、背景などは、丸ペン。

 

アナログで描くときも、こうした使い分けをされる作家さんは多いです。

ペンツール種類

ブラシサイズが画面上に表示されていない場合は、「ウィンドウ」>「ブラシサイズ」で表示できます。

ブラシサイズの表示

ペン入れ時も下描き同様、拡大・縮小、回転させると、描きやすいです。

 

以上が、クリスタでの下描き・ペン入れのやり方です。

 

クリスタでマンガを描く制作手順は、こちらの記事でまとめています。

クリスタでのマンガの描き方!全制作手順 【デジタル漫画の描き方】クリスタ初心者でもわかる8つの制作手順とおすすめの本

 

クリスタでの漫画の描き方は、こちらの本でも解説しています。興味のある方はぜひ!

 

デジタルマンガ講座

クリスタでマンガの描き方をマスター!

プロが動画で詳しく解説してくれるからはじめてでも簡単♪マンガを完成させる手順がまる分かり!さらに今なら7日間無料で受け放題!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。