デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

【クリスタ】初心者でも簡単!集中線や効果線の描き方

効果線の描き方_タイトル

クリップスタジオを使った集中線などの効果線の描き方をご紹介します。

初心者の方にもわかりやすいように
画像付きで丁寧に説明していますので、ぜひ参考にしていってくださいね。

 

効果線の種類や、手描きでの描き方はこちらで解説しています。
漫画の効果線-集中線漫画の集中線や効果線の書き方!コツやポイントを丁寧に解説

クリスタで集中線を描く

集中線を描く用の新規ラスターレイヤーを作成します。

新規レイヤー作成の画像

マンガを描くときは、作成したラスターレイヤーを、コマ枠フォルダーの下に入れます。

こうすることで、枠線からはみ出した線は自然と表示されなくなります。

コマ枠フォルダーに入れる

では、作成したラスターレイヤーに描いていきましょう。

 

「図形」>「定規作成」>「特殊定規」を選択します。

特殊定規を選択

続いて、ツールプロパティで特殊定規の設定を「放射線」にします。
「編集レイヤーに作成」にもチェックを入れておきましょう。

特殊定規の設定

用紙の上をクリックすると、集中線の中心点が決まります。
※用紙の外でも中心点を設定できます。
集中線の中心点

もし、集中線の中心点がズレてしまった場合は
「操作」ツールで、中心点をドラッグすると移動できます。
操作ツール

中心点が決まったら、ペンツールで線を引いていきます。

集中線

線の太さを変えたいときは、ツールプロパティのブラシサイズで設定しましょう。

線の太さの設定

線を引くときは、抜きを意識するとキレイになります。

線の引き方

他のコマにはみ出した線を消す

こういう状態の線を消していきます。

はみ出した線

消しゴムツールで消してもいいんですが
コマ内の消しちゃダメな線まで消える恐れがあるので
ここは選択範囲を指定して消していきます。

 

「選択範囲」>「長方形選択」を選択。


コマを斜めに切っている場合は、
「選択範囲」>「折れ線選択」を選択。
選択範囲ツールを選択

ツールプロパティで設定も確認しておきましょう。

選択範囲の設定

集中線が描いてあるコマをドラッグして選択します。
※「折れ線選択」の場合は、コマの角を順番にクリックして選択していきます。

選択範囲するコマを選択

「選択範囲ランチャー」で「選択範囲外を消去」をクリックして、コマからはみ出した線を消します。

選択範囲外を消去

「選択範囲ランチャー」が表示されない場合は
上のメニューバーから「表示」>「選択範囲ランチャー」をクリックして表示させましょう。

選択ランチャー表示

コマからはみ出した線が消えたら
「選択範囲ランチャー」の「選択を解除」で選択範囲を消しておきましょう。

選択範囲を解除

クリスタでスピード線を描く

スピード線を描く用の新規ラスターレイヤーを作成します。

新規レイヤー作成の画像

マンガを描くときは集中線と同じように
作成したラスターレイヤーを、コマ枠フォルダーの下に入れます。

 

「図形」>「定規作成」>「特殊定規」を選択
ツールプロパティで特殊定規を「平行線」に設定します。

「編集レイヤーに作成」にもチェックを入れておきましょう。

平行線の設定

用紙の上をドラッグすると、平行線を描くためのラインが作成されます。
※「Shift」キーを押しながらドラッグすると水平に(45℃間隔で)ラインが引ける。

平行線の基準

「操作」ツールでこのラインを選択すると、位置の調整や角度を変えられます。

平行線の操作

あとは、ペンツールで線を引いていけば完成です。

スピード線の種類

線の太さを変えたいときは、ツールプロパティのブラシサイズで設定しましょう。

線の太さの設定

集中線と同じく、線の抜きを意識するとキレイな線が引けます。

線の引き方

他のコマに線がはみ出てしまったときは、こちらを参照してくださいね。
⇒「他のコマにはみ出した線を消す」へジャンプ

 

以上が、クリスタで効果線を描く方法です。


クリスタでマンガを描く制作手順のすべてはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。