【初心者】マンガの描き方&必須テクニック公開中

マンガの基本構図5パターンと描き方のコツを参考実例を交えて解説!

構図例2-2

 

マンガの構図に悩んでいませんか?

同じ構図ばかりでメリハリがなかったり、なんかしっくりこなかったり。

 

しかし、基本的な5つの構図を覚えれば、もっと自分の見せたいものを、表現できるようになります。

 

その5つの構図と、例も合わせて分かりやすく解説していきます。

とても簡単なので、ぜひ習得してくださいね。

マンガのコマ割り講座

コマ割りと構図の実践授業!

コマをどう切る?どんな絵を入れる?マンガの描き方に悩んでる人は必見!オンライン講座のパルミー!今なら7日間無料!

 

構図の基本

はじめに構図の基本を押さえましょう。

基本的な構図は5つあります。

 

まずは、アップ・バストショット・ロング

アップ・バスト・ロングの構図

続いて、フカン・アオリ

フカン・アオリの構図

この5つの構図を、シーンや状況にあわせて使い分けていきます。

ではそれぞれ見ていきましょう。

アップ

アップの構図

アップは、キャラの顔までの構図です。

 

キャラの表情を見せたいときなどに、よく使います。

キャラの感情がよく分かるため、読者に感情移入してもらいやすくなる構図でもあります。

 

アップの中でも、真正面で描くと読者にダイレクトにキャラの感情を伝えることができます。

少しナナメからの位置だと、そのキャラが相手に対してのアクション、または反応したときの感情として読者に伝えることができます。

真正面と横の構図

バストショット

バストショットの構図

バストショットは、頭から胸の下くらいまでが入る構図です。

 

私たちが、日常で会話するときの視界は、このバストショットが近いです。

なので、キャラ同士の会話や日常を切り取ったシーンなどで使うといい構図です。

ロング

ロングの構図

ロングは、キャラの全身が入る構図です。

全身が入るため、キャラを取りまく状況を伝えることができます。

 

また、ロングの構図は第三者的な視線でもあります。

そのため、多用すると読者が感情移入しづらくなる構図でもあります。

 

誰かが主人公に近づく、主人公に何かが降りかかる(起こる)直前のシーンなどにも使える構図です。

フカン(俯瞰)

フカンの構図

フカンは上から見下ろす構図です。

キャラ同士の位置関係や、全体の状況を伝えるのに適しています。

 

また見下ろす構図であるため、強者の目線でもあります。

立場や力が弱いキャラを演出したいときなどに使うのも効果的です。 フカン_弱者

アオリ

アオリの構図

アオリは下から見上げる構図です。

建物や人物などの大きさ、強さを表すのに適した構図です。

 

また、見上げるという弱者の目線であります。

そのため、強敵だと表したいとき。

これから困難に立ち向かうときなどに使うと効果的です。 アオリ_強者

 

構図の例とコツ

構図の例として、簡単なストーリーをつくって当てはめてみます。
ストーリーは以下です。

  • 追いかけられる主人公
  • 横から怪物が現れ、主人公を追いかけていたヤツを食べる
  • そして、続いて主人公を食べようとする怪物
  • その瞬間、何者かに倒される怪物
  • 何が起こったのか分からない主人公の元に仲間が現れる
  • 安心する主人公

上記のストーリーに構図をつけていきます。

 

構図例1_1

 

 

構図例1_2

コツとしては、

キャラの表情を見せたいときは、アップの構図。

キャラが置かれている状況を見せたいときは、ロングの構図。

キャラの強さや、大きさを見せたいときは、アオリの構図。

キャラの弱さや、キャラ間の位置関係を見せたいときは、フカンの構図。

 

それ以外のときや、会話・平穏なシーンなどはバストショットの構図。

というふうに覚えれば、OKです。

 

構図はキャラの向きも大切

構図を決めるときは、キャラの向きにも気をつけないといけません。

注意したい状況シーンでの構図例

例えば、先ほどの例をとってみてみましょう。

 

例では、冒頭で主人公が追われています。

それをこういう構図にしてみると、どうでしょうか?

構図例2_1

あれ?と思いませんか。

2コマ目。まるで主人公が、怪物に向かっているように受け取れてしまいます。

 

はじめに右側に怪物を見せていますね。

そこから次のコマで主人公が右側を向くと、怪物に向かっているように見えてしまいます。

 

なので、こうすると自然ですね。

構図例2-2

意図する場合以外は、急に向きを変えると読者が混乱してしまうので、注意しましょう。

注意したい会話シーンでの構図例

また、キャラの会話シーンでも、向きは大切です。

こちらの会話シーンをご覧ください。

構図例3_2

 

キャラの向きがコロコロ入れかわって、分かりづらいですよね。

誰が誰に向かって話しているのか。

 

基本的にキャラの向きは、前コマと同じにするのがセオリーです。

下記のように修正すると、自然になりますね。

構図例3_1

キャラの向きを気をつけることによって、混乱なく読むことができます。

構図を決めるときは、こういった向きにも注意しましょう!

 

まとめ:構図のコツはなにを見せたいかによって決まる

マンガは、同じ構図ばかりが続くと、単調でつまらなくなってしまいます。

そのシーンでは、なにを見せたいのか。

キャラの表情なのか、状況なのか。

 

これが決まると、おのずと構図は決まってきます。

この5つの構図、ぜひ役立ててみてくださいね。

 

今回ご紹介したのは5つの構図でしたが、それ以外にも構図の種類はたくさんあります。

下記の本「イラスト、漫画のための構図の描画教室」では、いろんな構図が載っています。

興味がある方はぜひ参考にしてくださいね。

マンガ構図

 

▼その他のおすすめ構図本はこちら▼

 

イラストやマンガの表紙に参考になる、使える構図11パターンを解説している記事もあります。

構図11パターン_タイトル画像 【漫画・イラスト】魅力ある構図の作り方!実践的な例11パターン

 

漫画の描き方と必須テクニックをまとめた記事はこちら↓
マンガの制作手順のアイキャッチ画像 【漫画の描き方】制作手順と初心者でも身につくテクニックを伝授

 

マンガのコマ割り講座

コマ割りと構図の実践授業!

コマをどう切る?どんな絵を入れる?マンガの描き方に悩んでる人は必見!オンライン講座のパルミー!今なら7日間無料!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA