全メーカー対象!おすすめの液タブはこちら

【最高性能】プロにおすすめの板タブ3選!最適な仕事環境が整うペンタブとは?

プロにおすすめの板タブ

らおん
プロが使う板タブってどんなものがあるの?

そう思われる方に最高性能の板タブをご紹介します!

液タブとはまた違う描き味の板タブ。

女の子
女の子

板タブどれがいいのかわからん

らおん
らおん

おすすめはWacomの板タブ!

世界でペンタブのシェア8割以上を誇るWacom。プロが使うものなら品質・性能ともに世界トップクラスのWacomの板タブがおすすめ。

漫画家・イラストレーター・デザイナー、多くのプロがWacomの板タブを使っています。

らおん
でもWacomは高い…

という方に他メーカーの高性能の板タブもご紹介。

高性能の板タブを各メーカから3つ選んでご紹介します。

プロが使う板タブを選ぶ3つのポイント

プロが使うので、板タブもしっかりとした基準をもって選んでいきましょう。

選ぶポイントは主に3つ。

板タブを選ぶポイント

【1】筆圧レベル

parblo-a610proの描き心地

描き味に影響する筆圧レベル。筆圧レベルが高いほど、より繊細な線の強弱がつけられます。

クオリティの高いイラストになるほど、線の強弱、太さ、細かな調整などで、筆圧レベルによる描き味も重要になっていきます。

らおん
プロはその1本の線が大事

おすすめする板タブは筆圧レベルが最高値のものを紹介します。

らおん
筆圧レベルは8192が最高値!

【2】応答速度

反応速度

応答速度は、線を描く早さに反応できる速度です。

単位は「PPS」「RPS」などがありますが、いずれも1秒間で感じとるポイント数を表しています。

200PPSなら1秒間に200回検知し、線として反映します。

つまりこの値が大きいほど、短い描画時間にも対応できます。

らおん
すばやく描いても線として認識してくれる!

プロは絵を描く早さも求められます。タスクの量や納期などがあるので、丁寧に早く描けるスキルも必要。

とくにラフ段階やアイデア出しのときには、すばやくサッサッと描くことがありますよね。

そんなときに応答速度が遅い板タブだったら、正しく描画されません。

ゆえにプロが使う板タブは応答速度が速いものの方がいいです。

基準は200~266PPSが理想です。

【3】サイズ

性能面以外で大切なのがサイズ。特にアナログ歴が長い人ほどサイズは大切かもしれません。

というのも線の引き方によって、手の使い方が違うと思います。

  • 手首を使う
  • ひじを使う
  • 肩を使う

ストロークの長さによって使う部分が異なります。

デジタルは拡大縮小ができるので、どんなに長いストロークでも用紙を縮小すれば、手首だけで描くことはできます。

らおん
でも縮小すると見づらいんですよね…

なので比較的、腕を自由に動かせる大きめのサイズがおすすめです。

プロが使うおすすめの板タブ3選

選ぶポイントをふまえて、プロが使うおすすめの板タブを紹介します。

紹介する商品はこちら。

【Wacom】Intuos Pro Paper Edition

ペンタブメーカーで世界的に有名なワコムから販売されている板タブ。

Wacom Intuosインテュオス Proプロ Paperペーパー Editionエディションです。

描きやすさなどの高性能なのはもちろんのこと、この商品の最大のウリはアナログからデジタルに変換できるところ。

ラフはアナログで描き、線画からはデジタルで。そんな使い方もできます。

特に漫画ならネームはアナログ。そしてそのネームをもとにデジタルで下描きすることも。

らおん
アナログとデジタル両方使えるのはワコムだけ!

サイズ感もほどよく描きやすい大きさ。

筆圧レベル・応答速度ともに高性能なので描き味の面でも文句なし。

さらにワイヤレス接続も可能。ケーブルによるわずらわしさもなく、PCから少し離れての作業もできます。

らおん
プロが使うにふさわしい板タブです!

ワコム公式サイトでは限定アクセサリーセットも。

公式サイト限定セット内容

オーバーレイシートは描き心地が変わるシートです。

  • スムース=きめ細かい
  • ラフ=摩擦が大きい

描き心地をカスタマイズしたい方は公式ストア限定セットがおすすめです。

らおん
値段も板タブ本体のみとそれほど変わりません
  • 板タブ本体のみ=45,980円(税込)
  • 本体+限定セット=46,200円(税込)

【公式サイト】本体+限定アクセサリーセットはこちら

板タブ本体のみはこちら
ワコムのおすすめのペンタブ Wacomの全ペンタブの中から選ぶおすすめの板タブと性能比較まとめ!

【HUION】HS610

HUIONから販売されている板タブHS610です。

本記事で紹介している板タブの中で応答速度が一番速く、すばやいタッチにも対応してくれます。

筆圧レベルも高く、傾き検知機能搭載で描きやすいのも特長。

さらにショートカットキーが多く、操作のカスタマイズ性や効率性に優れています。

さらにさらにAndroid6.0以上のスマホに対応しているため、PCに接続する必要もありません。

もちろんPCに繋いでの作業も可能です。

らおん
外出先でも絵が描けるのは利点!

絵を描く手が早い、作業効率を求める、外出先でも使いたい方におすすめです。

huionのおすすめのペンタブ HUIONのペンタブ全種類から1つをおすすめ!スマホでも使えるHS610が最良!

【XP-PEN】Deco Pro Medium

XP-Penから販売されている板タブDeco Pro Mediumです。

本商品も筆圧レベルが高く、傾き検知機能搭載により描きやすさは抜群。

さらに多機能なタッチホイールにより、作業効率も高いです。

本記事で紹介している板タブの中で一番サイズが大きいので、広々と絵を描きたい方におすすめです。

xp-penのおすすめのペンタブ XP-Penのペンタブでおすすめなのは?全Decoシリーズの性能を比較した結果Deco03が最良!

プロにおすすめの板タブ性能比較

それでは紹介した3商品の板タブ。その性能を比較してみます。

商品名 本体サイズ(横×縦) 厚さ 筆圧レベル 応答速度 傾き検知 読取り高さ ショートカットキー Android対応

Wacom
Intuos Pro Paper Edition
338×219mm 8mm 8192 200PPS ±60 10mm 8個 不可

HUION
HS610
350×211.8mm 8mm 8192 266PPS ±60 10mm ショートカットキー12個
ファンクションキー16個

XP-PEN
Deco Pro Medium
399.7×227mm 7mm 8192 200RPS以上 ±60 10mm 8個

アナログと併用して使いたい方はワコムの板タブ「Intuos Pro Paper Edition」がおすすめ。

らおん
高品質と信頼のワコムです

【公式サイト】本体+限定アクセサリーセットはこちら

絵を描くスピードが早い方。ごりごりカスタマイズして作業効率を計りたい方はHS610がおすすめ。

広々とした作業領域で、大きく絵を描きたい方はDeco Pro Mediumがおすすめ。

【結論】プロにおすすめする一番の板タブはどれか?

一番のおすすめはワコムから販売されているIntuos Pro Paper Edition です。

やはりワコムは強い。他メーカーの板タブより値は張りますが、それだけ高性能・高品質です。

なによりアナログをデジタル化できるのはワコムの板タブだけの特権。

ワンサイズ大きいものもあるので、広々と使いたい方にも対応できます。

おすすめまとめ
  • 高い筆圧レベル・傾き検知機能で描きやすい
  • 素早いタッチに反応できる応答速度
  • アナログからデジタルに変換可能
  • 大きいサイズにも対応
らおん
プロの作業環境が整います!

【公式サイト】本体+限定アクセサリーセットはこちら

プロにおすすめする板タブ! :まとめ

プロにおすすめの板タブは高性能・高品質のWacomの板タブIntuos Pro Paper Edition です。

おすすめポイント
  • 高い筆圧レベル・傾き検知機能で描きやすい
  • 素早いタッチに反応できる応答速度
  • アナログからデジタルに変換可能
  • 大きいサイズに対応

プロが絵を描く環境にしっかり対応してくれます。

より綿密な線を描ける描き味。短時間で仕上げられるよう素早いタッチにも反応。

アナログにも対応しているので、デジタル慣れしていなくてもOK&併用可能。

プロが使うならワコムがおすすめです。

【公式サイト】本体+限定アクセサリーセットはこちら

ワコムのおすすめのペンタブ Wacomの全ペンタブの中から選ぶおすすめの板タブと性能比較まとめ! huionのおすすめのペンタブ HUIONのペンタブ全種類から1つをおすすめ!スマホでも使えるHS610が最良! xp-penのおすすめのペンタブ XP-Penのペンタブでおすすめなのは?全Decoシリーズの性能を比較した結果Deco03が最良! ペンタブレットのおすすめ 【迷わず選べる】おすすめのペンタブと選び方!初心者で使える安いペンタブレットも紹介【板タブ限定】 パソコン不要のペンタブ スマホがあれば大丈夫!パソコンいらずのおすすめのペンタブ3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。