コスパ最強の液タブはこちら

【クリスタ】ベタ塗りのやり方は塗りつぶしツールを使おう

ベタ塗りタイトル

 

クリップスタジオ(以下、クリスタ)でベタ塗りをする方法をご紹介します。

 

マンガでは、ベタ塗りをする箇所は必ずでてきますよね。

イラストでもカラーを着色するときに使います。

 

わかりやすいように画像付きで説明しているので、ベタ塗りするときの参考にしてください。

デジタルマンガ講座

クリスタでマンガの描き方をマスター!

プロが動画で詳しく解説してくれるからはじめてでも簡単♪マンガを完成させる手順がまる分かり!さらに今なら7日間無料で受け放題!

 

ベタ塗り用の新規ラスターレイヤーを作成する

ベタ塗り用の新規ラスターレイヤーを作成しましょう。

 

新規ラスターレイヤーは、レイヤープロパティから作成できます。

新規レイヤー作成の画像

これからベタ塗りの作業をするときは、このレイヤーで行っていきます。

ベタ塗りは塗りつぶしツールを使う

ベタを塗っていくのは、塗りつぶしツールを使っていきます。

1.
「塗りつぶしツール」>「他レイヤーを参照」を選択します。

設定は画像のようになっていればOK。

塗りつぶしツール&設定

MEMO

・他レイヤーを参照とは?

他レイヤーを参照にすると、ベタ塗り用に作ったラスターレイヤー以外のレイヤーに描かれたものも含んでベタ塗りをすることができます。

 

つまり、他レイヤーに描かれた線を認識して、塗りつぶしたい範囲だけをベタ塗りすることができます。

 

・編集レイヤーのみ参照にすると?

選択中のレイヤーのみに塗りつぶしが適応されます。

 

ベタ塗り用のレイヤーには、なにも線が描かれていないので、選択範囲がなくレイヤーいっぱいに塗りつぶしが適応されてしまいます。

2.
塗りつぶす色を「黒」に選択。カラーの場合は、任意の色を。

黒色を選択

3.
ベタ塗りしたい範囲内をクリックします。

ベタ塗りの範囲がとなり同士の場合は、ドラッグすることで、範囲内すべてをベタ塗りにできます。

ベタ塗りの操作クリック&ドラッグ

ベタ塗り範囲が広がったときの対処

線がうまくつながってなくて、広範囲にベタ塗りが適応してしまう場合がありますよね。

 

そんなときは、べた塗りペンで、つながっていない線を結んでいきます。

 

べた塗りペンは、筆圧を感知しないので、均一な線を引くことができ、塗りつぶしに向いているツールです。

線を結ぶときに抜きが必要な場合は、筆圧を感知するペンツールが向いています。

 

ではやり方です。

1.
Z + Ctrlキー(ひとつ前の状態に戻るショートカット)でベタ塗り前の状態に戻します。
※すでにいくつか作業をしているときはヒストリーパレットから、ベタ塗り前の状態へ戻ります。

2.
ベタ塗り前の状態に戻せたら
「マーカー」 > 「べた塗りペン」を選択します。

べた塗りペン

3.
べた塗りペンで、つながっていない線をつなげていきます。

4.
線がつながったら、もう一度塗りつぶしツールでベタ塗りをします。

塗り残しができたときの対処

塗りつぶしツールを使っても、塗り残しができることがあります。

そんなときは、囲って塗るツールを使います。

1.
「塗りつぶしツール」 > 「囲って塗る」を選択。

設定は画像のようになっていればOK。

囲って塗る&設定

2.
塗り残し範囲をドラッグ。
ベタ塗り_囲って塗る

以上が、クリスタでベタ塗りをする方法です。

 

クリスタでマンガを描く制作手順は、こちらの記事でまとめています↓

クリスタでのマンガの描き方!全制作手順 【デジタル漫画の描き方】クリスタ初心者でもわかる8つの制作手順とおすすめの本

 

デジタルマンガ講座

クリスタでマンガの描き方をマスター!

プロが動画で詳しく解説してくれるからはじめてでも簡単♪マンガを完成させる手順がまる分かり!さらに今なら7日間無料で受け放題!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。