全メーカー対象!おすすめの液タブはこちら

夜のとばりの物語の全ストーリーのあらすじと感想

夜のとばりの物語

「キリクと魔女」「アズールとアスマール」の鬼才ミッシェル・オスロ作品。

6つの愛のストーリーが詰め込まれたオムニバス形式で綴られる。

全編人物はシルエット、背景は色彩鮮やかな光で表現されていて、独特な世界観と想像力をかきたてられる奥深い作品。

夜のとばりの物語の全ストーリーのあらすじ

1.狼男(あらすじ)

とある王国の王女は姉妹で同じ男性ヤンを好きになる。

騎士ヤンは過去に助けられたことを、理由に姉王女に愛を誓う。

そして、結婚するので何もかも秘密を明かそうと、騎士ヤンは自分が満月の日には、狼に変身してしまう狼男だと告白する。

にわかに信じられない姉王女は、変身するところを見たいと言う。

ヤンはそれを応え、狼になっても愛を誓うと約束する。

胸のペンダントが外れ、狼に変身したヤン。

しかし実際にヤンが狼に変身すると姉王女は、外れたペンダントを隠し、ヤンが森の狼に食べられたと嘘をつく。

カタキをとるため、王国の兵士たちは狼退治にでる。

ヤンに恋していた妹王女も森へ出向く。

すると熊に出くわし襲われそうになるが、間一髪のところで一匹の狼が現れて妹王女を助ける。

狼に助けられた娘は、こんな優しい狼が人間を食べるはずないと、本当にヤンが狼に食べられたのか姉王女を問いただす。

すると姉王女はその狼を目の前に、こんな獣と暮らせるわけないと暴言を吐く。

狼の姿になっていたヤンは、その言葉を聞き、本当の愛ではなかったと知る。

しかし、妹王女は狼になったヤンでも愛を貫き通し、真実の愛を見せつける……

狼男:感想

好きになった人が、どんな姿になったとしても、それでも愛せるかどうかで、それが本当の愛かどうかが分かるのかな。

最初は、狼男が人襲ったりして、困った獣がいるお話なのかなーと思っていたけど、めっちゃピュアなお話だった!

結末的には もう少しヒネリがあっても、良かったかなーと思うけど、これくらいストレートな方が、愛を表現するにはちょうどいいかもしれないですね!

2.ティ・ジャンと 瓜ふたつ姫(あらすじ)

死者の国に迷い込んだジャンは、美しいお姫様を見るためにお城へ赴く。

しかし、到着したジャンは牢屋に入れられ、さらに過酷な試練を課せられることとなってしまう。

試練を乗り越えなければジャンは死刑。しかし牢屋に閉じ込められた状態では、どうすることもできない…。

課せられた試練は3つ、何年も見つけられない11匹の黄金の亀を一晩で捕まえてくる。

2年も探したが見つからなかった、青いダイヤを見つけてくる。

会ったこともない瓜二つの3人の姫の中から、一番上の姫を当てる。

というもの。ジャンは果たして無事試練を、乗り越えることができるのか。

ティ・ジャンと 瓜ふたつ姫 :感想

この物語の最大の見せ場は、課せられた試練をどう攻略するかにかかってる感じかな。

試練内容を見た時はどうなっちゃうの!?ってソワソワ・・・

でもまさか、そんなんで試練乗り越えちゃうとは……

もっと奇想天外な発想で、乗り越えるのを期待してたのに……

見事試練を乗り越えたジャンは、美しい瓜二つ姫と結婚できるんだけど、

元の世界に恋人がいるからって断ってしまう!

じゃあなぜ見に行ったしジャン!けっこうシュールなオチだった!笑

3.黄金の都と選ばれし者(あらすじ)

とある場所にある黄金の国。しかしそこに住む住人からは、幸せを感じなかった。

外国から来た騎士は、黄金よりも美人の娘に興味を惹かれ話かけた。

美人でお祭りの日だからと悲しげな娘。

理由を聞くと、この黄金国は美人な娘を神に捧げ、その見返りに黄金をもらっているのだという。

騎士はそんなバカげた話はない!と、娘を救うため神と戦う事を決める。

神と戦う事を決めたことを住人たちが知り、騎士に怒りをぶつけるが

次第に黄金より大切なものに気付かされていく……

黄金の都と選ばれし者 :感想

最初はよくありがちな話かなーと思ってました。神にいけにえを捧げる話。

でも結末はとても綺麗で、なにが本当に大切なのかを考えさせてくれるお話でした。

子供がいたら、ぜひ見せたい物語のひとつです。

4.タムタム少年(あらすじ)

太鼓の名手タムタム。いたるものを叩くので、村人からはうるさいと言われ続けていた。

しかしそんなある日、魔法の太鼓を手に入れたタムタム。

その太鼓は人や動物など、例外なく陽気に躍らせることのできる魔法の太鼓。

その魔法の太鼓でタムタムは、王が病気になり、気が沈んでいる村人たちの気持ちを明るく元気に変えた。

それどころか、病気の王まで躍らせ病気から救ってしまう。

そんな折、よそ者の軍が村を襲いに攻め込んできた。

タムタムは魔法の太鼓を叩き、軍を躍らせ退却させるが、魔法の太鼓は壊れてしまっていた。

太鼓が壊れたことを知ったよそ者の軍は、再び攻め込んできた。

しかし村を救おうとタムタムは、必死で壊れた太鼓を叩くのだった……

タムタム少年 :感想

個人的には6つあるストーリーのうち、この物語が一番退屈かな。。。

一つ前の物語が良すぎたってのもあるかも。

なんか眠たかった……。

ストーリーとしては、得られるものがあまりなかったかな。

でもこの話が好き!っていう人もきっといるんだろうな。

5.嘘をつかなかった若者(あらすじ)

とある国には、言葉を話せるメロンギという馬がいた。

その馬の世話係をしている若者は、決して嘘をつかない正直な人間だという。

ある日、両国の王が自分の国の領土を賭けて、正直な若者が嘘をつくかどうか賭けをする。

正直な若者が嘘をつく方に賭けた王は、賭けに勝つためにある作戦を立てる。

それは姫に、その若者が嘘をつかざるおえない状況を、作り出させるものだった。

姫は王の命令通り若者に近づき、自分に恋をさせた。

そして姫は病気にかかったフリをして、治すにはメロンギの心臓が必要だという。

もし若者が世話をしている馬を殺せば、馬がいなくなったことでその理由を問われるのは必然。

しかし王家の馬を、自分が殺したなんて口が裂けても言えない。

正直な若者は嘘をつくしない。

いやそれどころか、今までいくつもの言葉を交わし、親友となっているメロンギを殺すことなんてできない。

しかし、メロンギの心臓がなければ、姫を救うことはできない。

若者は恋を取るか、大事な馬を取るか選択を迫られる……

嘘をつかなかった若者 :感想

すっごい悪い姫!どっちをとっても若者にとって、大切なものが失われてしまう!

こういう究極の2択って、見ていてその主人公がどっちの選択をするのか、すごく興味がそそられますね。

メロンギもいい奴だし、好きな人も死なせたくないし、私だったらどっちをとるかなぁー。

んーー難しい! 永遠に答え出せないまま、人生終わりそう!笑

6.鹿になった娘と建築家の息子(あらすじ)

魔術師の婚約者モードと、恋に落ちた建築家の息子チボー。

魔術師はそのことを知り、婚約者モードを城砦に閉じ込めてしまう。

自分と結婚するまでは、決して外には出さないと。

チボーは建築知識を活かし、城砦に閉じ込められているモードの元へ忍び込む。

必ず助けるからと、魔術師との結婚を受け入れるように伝える。

そしてモードは魔術師との結婚を受け入れ、式当日にチボーと逃げ出す。

怒った魔術師は、モードを鹿へと変身させてしまう。

まるっきり鹿になったモードは、森の奥へ逃げていってしまい行方知れずに。

チボーは、モードにかかった魔法を解くべく妖精の元へ訪れるが、モードを元に戻すには、実際に本人に触れないといけないことを知る。

行方知れずのモードを、何とか探し出そうとするが

実はモードは、とても身近なところへいたのだった……

鹿になった娘と建築家の息子 :感想

最後のストーリーなのに、ちょっと終わり方が少し雑な感じがしたのが残念でした。

愛は全てを凌駕するって素敵だけど、

何でもかんでも愛で解決するのは、ご都合主義になりかねないかなーと。

でもそれまでは、しっかり建築家の息子っていう設定も活かせてるし、伏線も張れてるのでよかったです。

夜のとばりの物語の全ストーリーと感想:まとめ

一つのストーリが、約15分くらいなので見やすいのが特徴です。

あとは映像美が優れていて、独特な世界観に浸れる。

普段見慣れているアニメの世界観ではないから、そこからちょっと離れた、コアな作品に触れたい方とかにもオススメ。

もしかしたら見る人を選ぶかもしれないけど、好きな人はすごくハマるかもしれません。

これは海外の作品で、日本のアニメとは表現方法が違うからこそ、アニメ好きな人にはぜひ観てほしい作品。

これで本当のアニメ好きかどうかを試されるかも!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。