デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

水彩画を40代以上からはじめる方へ!簡単に上手くなるおすすめの講座をご紹介

水彩講座のアイキャッチ

水彩画講座

プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セット

 

実は絵がうまくなるのに、年齢は関係ないんです。

 

えっ?どういうこと!?

 

絵は才能やセンスではなく、描き方やコツを知ることでうまくなっていくんです。

わたしは絵の経験が10年以上ありますが、本当にこれにつきます。

いえ、正直にいうと描き方やコツのほかに、センスとなる感覚も大切になるかもしれません。

 

ですが、その感覚はプロを目指すときに必要となるものです。

趣味で水彩画をはじめるなら、そういった感覚(才能・センス)は必要ではありません。

ましてや40代以上ともなると、感覚を養う時間ももったいないですよね。

できれば、はやくコツをつかんで上手く水彩画を描けたほうがいいはずです。

 

「はやくうまくなりたい!」そんな方におすすめの講座をご紹介します

水彩画を40代以上からはじめる簡単に上手くなるおすすめの講座

おすすめの講座はこちらです

プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セット

 

いきなり上手に?本当に?と思うかもしれません。

ですが、ここがおすすめする理由です。

水彩画講座をおすすめする理由1:マネるだけで上達する

いきなり上手に描ける水彩画講座 」は、描き方や技法を学んでから自分で実践しながら描く。というものではありません。

 

ここがポイント!

 

付属のDVDには、講師の方が最初から最後まですべて描いて解説しています。

その様子を見ながらマネするだけで、簡単にうまく描くことができるようになっています。

 

細かい部分もわかるので、ここがわからない…なんてこともありません

 

わたしは絵の経験が10年以上あります。主にマンガを描いていましたが、絵を上達させるには、やはりうまい方の模写(マネ)するのが効果的でした。

 

なので「教わる」というよりは、「マネる」ことで学び、どんどん上達していく講座です。

 

実際に描きながら学べるので、楽しさも維持できます

 

ちなみに、絵をデッサンから学びたい!という本格派の方には、下記で紹介している本がおすすめです。

絵が上手くなる初心者向けのおすすめ本 これで変われる!絵が上手くなる初心者向けのおすすめ本を5つ紹介します!

水彩画講座をおすすめする理由2:モチベーションが維持しやすい

こんな心配はありませんか?

 

水彩画をはじめたいけど、わたしにもできる?なんか難しくて続けられなかったらどうしよう…?

 

そんな心配が少しでもある方は「いきなり上手に描ける水彩画講座 」がおすすめですよ。

この講座は、いきなり色を塗って絵を完成させるところからはじめます。

 

通常の水彩画はまず、「下絵」を描いてから「色塗り」をします。

水彩画の下絵から色塗り

 

ですがこの「下絵」が初心者の方には難しいんです

 

あなたはうまく「下絵」を描く自信はありますか?

多くの方はないんじゃないか、と思います。わたしも初心者の頃に聞かれたら、間違いなく「ない!」と答えます。

いきなり上手に描ける水彩画講座 は、最初の「下絵」の段階でつまづいてやめてしまう。そんなことがありません。

 

きっとあなたの水彩画のイメージは、淡いカラーで色塗り(絵を描く)ことだと思います。

その一番描きたいところからスタートするので、水彩画を楽しみながら、モチベーションを保ちながら続けることができるのです。

水彩画講座をおすすめする理由3:気になるところを繰り返し学べる

水彩画を描いていくうえで、わからないところが出てくると思います。

そんなときでも、DVDならわからないところを繰り返し見直すことができます。

 

しかも「いきなり上手に描ける水彩画講座 」のDVDは水彩画の描き方を、最初から最後まで解説しています。

ポイントだけを解説している講座なら、わからない部分は必ずでてきます。

ですが、一連の流れをしっかり学べるこの講座では、わからない部分がわからないままで終わることはありません。

そのうえで繰り返し見ることによって、水彩画の理解度が深まり、他の方との差をつけることができます。

 

講座の内容は大切ですよ

 

>>プロ直伝!いきなりいきなり上手に描ける水彩画講座をみてみる

水彩画を通信講座で習うメリット

絵画教室に行くのは気が引ける、という方には、通信講座で水彩画を習うのがおすすめです。

ではそのメリットをご紹介します。

 

  • 自分のペースで描ける
  • あいた時間に学べる
  • 教室に通うより低価格
  • 教室に通う時間を絵を描く時間にあてられる
  • 教室と違い上手い人と比較されない
  • わからないところを繰り返し学べる

 

教室に通うと、意外と月謝は高くて1万円以上するところもあります。

ですが、「いきなり上手に描ける水彩画講座 」だと3,2184円(税込み)の送料無料で、ず~っと学ぶことができます。

また、教室だとすでにうまい人がいたりして気が引けることも。

そんな人がいると、講師に超初歩的な質問をするのもためらってしまいませんか?

通信講座だとそんなことは一切気にしなくていいので楽ですよ。

 

好きなときに好きなように楽しく水彩画を描けるのが、通信講座のメリットです。

水彩画を通信講座で習うデメリット

通信講座のデメリットとしては…

  • 講座の教材次第でうまくなれるかどうかが決まる
  • 講座の教材以上のことは学べない
  • 絵を描く仲間がいない
  • 教材を買って満足してしまいがち

 

よくもわるくも、講座についてくる教材次第のところがあります。

教室に通うなら、講師の方があるていど臨機応変に対応してくれたりもしますが、通信講座となると教材がすべてです。

ですが、教室もその教室の雰囲気や講師の方によって、学びにくい環境だということもあるので、一概に通信講座のデメリットだけとはいいがたいですね。

 

いきなり上手に描ける水彩画講座 」は、超初心者の方によりそった教材内容とないっているので、教材で失敗することはまずないです。

ただし、絵は描かないとうまくなりませんので、絵を描くことだけは必ずしてくださいね。

 

一緒に絵描きの仲間をつくりたいなら、友達を誘ってみるのもいいかもしれません。

 

>>プロ直伝!いきなりいきなり上手に描ける水彩画講座をみてみる

おすすめの水彩画通信講座の内容

水彩画講座の内容

いきなり上手に描ける水彩画講座 」は、3つのレッスンから構成されています。

まず最初のレッスンは、水彩画の醍醐味である色塗りからはじめます。

 

その内容はこちらです
レッスン1:水彩の色塗り
  • テキスト教本 1冊(A4版 43ページ)
  • DVD 2枚(105分・74分)
  • 見本画とお題写真 各4枚(A4版)
  • 下絵 4枚(A4版)

 

続いて、さらにうまくなるために、デッサンのレッスンもあります。

その内容はこちらです
レッスン2:デッサン
  • テキスト教本 1冊(A4版 42ページ)
  • DVD 2枚(60分・95分)

 

 

さらにさらに、応用編としてもう1つレッスンがついてきます。

その内容はこちらです
レッスン3:応用
  • DVD 4枚(91分・87分・75分・145分)
  • 見本画とお題写真(A4版 各3枚)
  • 見本画(下絵)3枚(A4版)

 

全部でDVDが8枚。730分を超えるボリュームがあるので、しっかり学ぶことができます。

 

これだけでも元がとれちゃう!

 

水彩画にとって大切な色のことも丁寧に教えてくれます。

 

>>プロ直伝!いきなりいきなり上手に描ける水彩画講座をみてみる

おすすめの水彩画通信講座:まとめ

水彩画講座を習ったら

絵ははじめたいと思っていても、実際に行動を起こす人は少ないです。

絵が描ける、それだけで「すごい!」となる世間がそれを物語っています。

なので、例え少しでも絵を描きはじめると「うまい!」と褒められてしまうんです。

 

わたしは絵の経験が10年以上ありますが、そんな場面が多々ありました

 

絵はすごく簡単で手軽にはじめられる趣味です。

簡単にはじめられるのに、行動を起こさない人が多いので、「絵が描ける」というだけでかなりのステータスを手に入れることができます。

 

あなたが描いた絵を、家に飾ったり、孫にプレゼントしたりして楽しんではいかがでしょうか。絵は老若男女、みんな好きなので喜ばれますよ。

さらにいうと、絵は描けば描くほどうまくなっていきます。

早くはじめたほうが、うまくなるのも早いです。

水彩画をはじめたいな、と思ったらいますぐはじめましょう。

 

絵ははじめたいと思っていても、実際に行動を起こす人は少ない。その中の1人にはならないでくださいね。

>>プロ直伝!いきなりいきなり上手に描ける水彩画講座をみてみる

講座はちょっとなぁ~、と思う方は本などで学んでいくといいですよ。

水彩画道具のおすすめ画像 【大人向け】水彩画のおすすめ道具をセットでまとめて紹介! 水彩画入門におすすめの本 【超初心者向け】絶対外さない水彩画入門におすすめの本4選 水彩画入門セットのアイキャッチ 大人からはじめる水彩画入門セット!必要な画材を揃えて楽しく絵を描こう 水彩筆のアイキャッチ 初心者はコレを使おう!水彩画におすすめの筆と種類をわかりやすくご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。