デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

【実写映画】元ジャンプ漫画家志望が「斉木楠雄のΨ難」を見た感想レビューを語る【ネタバレあり】

斉木楠雄のタイトル画像

 

らおん

元ジャンプ漫画家志望のらおんです

 

そしてマンガ制作経験10年。

そんなわたしから見た実写映画「斉木楠雄のΨ難」を観た感想を書いています。

 

ちなみに本映画の原作は、ジャンプ本誌で読んでいた程度です。

そこまで猛烈なファンではありません。

なので冷静な感想をお伝えできるかなと思います。

 

他にもジャンプ実写映画についての感想も書いていますので、ご興味ある方はご覧ください。

 

それでは「【実写映画】元ジャンプ漫画家志望が「斉木楠雄のΨ難」を見た感想」のはじまりはじまり~。

 

【ジャンプ実写映画】斉木楠雄のΨ難の総合評価

総合評価
ストーリー
(2.5)
演出
(2.0)
世界観
(2.5)
キャスト
(3.0)
おすすめ度
(2.5)

 

星3を標準。

正直あまり面白くなかった、という感想です。

ですが、橋本環奈の変顔。ゆる~いギャグテイストが好きな方にはおすすめです。

 

【ジャンプ実写映画】斉木楠雄のΨ難のあらすじ

サイコキネシス・テレパシー・テレポート・透視能力・千里眼など、生まれながらにして超能力をもった高校生、斉木楠雄(さいきくすお)。

彼の願いは普通に暮らすこと。しかし高校の一大イベント、文化祭でなにやら事件が起こりそうな予感…。

斉木楠雄は自身に降りかかる災難を乗り越えることができるのか…。

【ジャンプ実写映画】斉木楠雄のΨ難の印象に残ったシーンの感想

なによりもこれです。

斉木楠雄のΨ難の橋本環奈の変顔

出典:映画「斉木楠雄のΨ難」

 

らおん

橋本環奈の変顔多め…!

あらゆるシーンで変顔がオンパレードです。

こんな顔するんだなーと、ある意味感心しました。

なんせ1000年に1人といわれたアイドルでしたからね。

 

かといって面白いか?といわれると、そこまで面白くはないですね。。。

あと、この変顔のときは心の声が聞こえてくるんですが、声質も若干気になるところでした。

しかたないんだけど、声の低さが感情移入の妨げになってしまいました。

 

設定が学園の美少女なので、美少女といえば声が高くてかわいいイメージ。

少し残念な感じもしましたが、でもかわいさはバッチリでした。

 

あと、本映画「斉木楠雄のΨ難」の監督は「勇者ヨシヒコ」「実写映画銀魂」などの福田雄一さん。

この方がつくる作品は、ある程度使う役者決まってますよね。

佐藤二朗、ムロツヨシ、橋本環奈など。

特に良い悪いとかではなくて、

 

らおん

あ、また出てんだなー

 

って印象。

 

\【実写映画】斉木楠雄のΨ難を観るならU-NEXT/

【ジャンプ実写映画】斉木楠雄のΨ難のよくなかったシーンの感想

ギャグマンガが原作なので、ギャグがメインのお話。

登場するキャラは変なやつ。その変なキャラがおかしな言動をとるので、斉木が心の中で静かにツッコむという構成。

 

それゆえ、スベッた感じが面白い。みたいな笑いになっている感じがしました。

なので、TVバラエティや漫才・コントのような笑いを期待していると、つまらない感想になってしまいそうですね。

 

ギャグに関しては劇中とおしてそうなので、そこがうまくハマらなければ観ていて面白くないと思います。

 

らおん

わたしは完全にハマりませんでした…

 

おそらくこの作品はギャグが肝。

これが面白く感じなかったらダメかもしれない。。。

 

あともう1つ、「?」が浮かんだシーンがありました。

それは学園祭で、イリュージョンが行われたシーン。箱に閉じ込められた手品師が、脱出するというもの。

斉木楠雄のΨ難のイリュージョンのシーン

出典:映画「斉木楠雄のΨ難」

しかし途中、失敗するフラグが立ちます。そして斉木が閉じ込められた手品師を助けに、テレポーションで箱の中に行くんですが…

斉木楠雄がテレポートで助けにいくシーン

出典:映画「斉木楠雄のΨ難」

箱の中は空っぽ。手品師は脱出したあとでいなくなっています。

 

らおん

これ、箱の中に行かなくても透視能力でわかるんじゃないか…?

 

と思ってしまいます。

他にも、裸眼で見た相手が石化してしまうシーンがありますが、目が4になったくぼやすを見たのに石化しなかったり。

若干超能力の設定の甘さが伺えました。

 

らおん

こういったところは残念…

 

\【実写映画】斉木楠雄のΨ難を観るならU-NEXT/

【ジャンプ実写映画】斉木楠雄のΨ難の感想まとめ

爆発的な面白さ(笑いという意味で)を期待していると、肩透かしにあいます。

原作を忠実に再現する必要はないですが、映画ならではの面白さはほしいところ。

全体的にギャグがすべてスベッていた感じがしました。

 

主人公は終始、心の声で説明、ツッコミ。

ヒロインはだいたい変顔。

ほかのキャラは変なやつ。が、面白い方向にぶっ飛んでるわけではない。

 

実は原作を読んでいたときから、あまり好きではありませんでした。

といっても嫌いってわけでもないんですよ。

 

そういう人が見たら、そんなに楽しめないかもしれません。

ただ子どもは楽しめるかもしれません。

劇中で「ウ○コ」ってワードがでてくるので。

 

\【実写映画】斉木楠雄のΨ難を観るならU-NEXT/

【ジャンプ実写映画】斉木楠雄のΨ難はこんな人におすすめ

かるーく映画を流し見したい方や、お子さんにおすすめです。

橋本環奈の変顔。ゆる~いギャグテイストが好きな方にもおすすめ。

 

絶対的に面白い映画を見たい!って方は向いていません。

ちょっと変わった映画を観てみたい方は必見です。

【ジャンプ実写映画】斉木楠雄のΨ難を無料視聴するならu-nextがおすすめ

無料で見るなら「U-NEXT 」がおすすめです。

わたしもU-NEXTで視聴しました。

 

おすすめの理由は31日間無料で見れるところです。

他のジャンプ実写映画もこのU-NEXTで見ることができます。

「銀魂」「BLEACH」「るろうに剣心」など。

 

ただし、会員になってもすべての作品が見放題ではありません。

ポイントを使って見る作品もあります。

「銀魂2」や「るろうに剣心」などはポイント制です。

 

とはいえ、無料で見れる作品は、映画に限らず
アニメ・ドラマ・バラエティ・グラビア・コミック・雑誌
など幅広いです。

 

ポイント制の作品でも入会時に、映画なら一作品分くらいのポイントがもらえます。

そのポイントを使って新作映画なんかも見ることができますよ。

 

>>U-NEXTで実写映画「斉木楠雄のΨ難」をみる

 

すでにAmazonプライム会員になっている方は、Amazonプライムビデオでも観ることができます。

普段Amazonでお買い物をしている方は、プライムビデオの方がいいかもしれませんね。

プライム会員は映画だけでなく、本や音楽も聴けて、商品を購入したときの配送も早くすることができます。

Amazonプライム会員も初回30日間は無料です。

 

>>Amazonプライムビデオでみる

【ジャンプ実写映画】斉木楠雄のΨ難の作品概要

監督:福田雄一

脚本:福田雄一

音楽:瀬川英史

原作者:麻生周一

公開年:2017年

作品時間:96分

【ジャンプ実写映画】斉木楠雄のΨ難のキャスト一覧

斉木楠雄:山崎賢人

斉木楠雄

出典:映画「斉木楠雄のΨ難」

照橋心美:橋本環奈

照橋心美

出典:映画「斉木楠雄のΨ難」

海藤瞬:吉沢亮

海藤瞬

出典:映画「斉木楠雄のΨ難」

灰呂杵志:笹原秀幸

灰呂杵志

出典:映画「斉木楠雄のΨ難」

窪谷須亜蓮:賀来賢人

窪谷須亜蓮

出典:映画「斉木楠雄のΨ難」

燃堂力:新井浩文

燃堂力

出典:映画「斉木楠雄のΨ難」

斉木國春:田辺誠一

斉木國春

出典:映画「斉木楠雄のΨ難」

斉木久留美:内田有紀

斉木久留美

出典:映画「斉木楠雄のΨ難」

【ジャンプ実写映画】斉木楠雄のΨ難の主題歌&挿入歌

主題歌は、ゆずの「恋、弾けました」

映画のオープニングとエンドロールでかかる曲です。

 

ポップな感じで、つい口づさみたくなるような良曲でした。

 

 

\【実写映画】斉木楠雄のΨ難を観るならU-NEXT/

【ジャンプ実写映画】斉木楠雄のΨ難のストーリーを解説してみる

おおむね、ストーリーの流れ自体は悪くなかったように思います。

ところどころ気になる部分や、個人的にギャグがハマらない箇所はありました。

 

クライマックスに向けての盛り上がりや勢いが、少しものたりなく、全体的にゆる~く終わった印象。

 

特に特筆すべき点はありませんでした。

他のジャンプ実写映画は、もう少し詳しく書いてるんですが……。

あまりありませんでした。。。

 

>>U-NEXTで斉木楠雄のΨ難をみる

 

以上「ジャンプ実写映画:斉木楠雄のΨ難の感想」でした!

 

▼ ジャンプ実写映画の感想まとめはこちら ▼

ジャンプ実写映画まとめ 【元ジャンプ漫画家志望が選ぶ】実写映画化されたおすすめのジャンプ作品と一覧【感想まとめ】

 

▼ その他のジャンプ実写映画の感想こちら ▼

実写映画銀魂を見た感想 【実写映画】元ジャンプ漫画家志望が「銀魂」を観た感想レビューを語る【ネタバレあり】 BLEACHの感想タイトル 【実写映画】元ジャンプ漫画家志望が「BLEACH(ブリーチ)」を観た感想レビューを語る【ネタバレあり】 実写映画バクマンの感想タイトル画像 【実写映画】元ジャンプ漫画家志望が「バクマン。」を観た感想レビューを語る【ネタバレあり】 【実写映画】元ジャンプ漫画家志望が「ドラゴンボール」を観た感想レビューを語る【ネタバレあり】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。