【初心者】マンガの描き方&必須テクニック公開中

実写映画!ピーターラビットは面白いの?その感想レビュー

ピーターラビット

実写版のピーターラビットを観てきました!

内容を知らずに観たんですが、正直面白かったです!

ピーターラビットって作品は知ってるけど、どんなお話か知らない人、けっこういると思います。

なので、キャラクターやストーリー、見どころなどを紹介したいと思います。

1. ピーターラビットのあらすじ

自然あふれる田舎で、兄妹と暮らすウサギのピーターラビット。作物を手に入れるため、塀で囲まれたマグレガーおじさんの庭へ侵入するのが日課だった。

マグレガーおじさんは、作物をとっていくピーターラビットたちを目の敵にし、捕獲してウサギパイにしようとしている。

 

そんな中、ついにピーターラビットは、マグレガーおじさんに捕まってしまいそうになる。

しかし、隣家に住むビアという女性に間一髪助けられる。ビアという女性はウサギを愛し、ピーターラビットたちの唯一の味方。

 

ピーターラビットは、もう一度マグレガーおじさんの庭へ忍び込む。しかしそれは、マグレガーおじさんのワナだった。

マグレガーおじさんに捕まってしまったピーターラビット。必死に抵抗するも逃げられない。

もうダメだと思った瞬間、突然マグレガーおじさんは倒れ、帰らぬ人となった。

 

マグレガーおじさんの庭と家を手に入れたピーターラビットたちは、そこで作物を好き放題食べ、家で好き放題暴れていた。

マグレガーおじさんが亡くなったことで、家族であるマグレガー氏が、その家を売るため調査に来ることに。

 

家を売るため、害獣であるピーターラビットたちを駆除しようと試みはじめる。

それでもピーターラビットたちは、庭の作物をとりに侵入することをやめない。

 

次第にその攻防戦はエスカレートしていく。

 

そして、ピーターラビットたちの味方であったビアは、そのマグレガー氏と恋に落ち、状況は最悪な方向へと向かっていく。

2. ピーターラビットってどんな作品?

原作は2億5千万部も売れている、大ベストセラー作品です。

キューピーマヨネーズのイメージキャラクターとしても有名ですよね。

お話の内容は、今回の映画と同様のようです。

 

ただ、今回の映画では、ピーターラビットの親は亡くなっているようです。

今回の実写映画の吹き替えでは、千葉雄大さんがピーターラビットの声を担当しています。

3. ピーターラビットは面白いのか?その観た感想

率直に観た感想を言うと、面白かったです。

映画館だと、観たあとにグッズが欲しくなるほど、その世界観にどっぷりです!笑

 

この作品を一言で表すなら、土地争奪戦。

 

庭や作物を荒らす動物を、追い払おうとする人間。その人間より前から、その土地に住んでいる動物たちとの争いです。

人間同士の恋模様や、ピーターラビットたちの家族の絆。なんてのも盛り込まれています。

3-1. キャラクターについて

主人公は、青いジャケットがトレードマークのピーターラビット。

兄妹の中では、一番お兄さんです。

そして三つ子の妹。カトンテール・モブシー・フロプシー。

三人の中で、誰が長女か。そのやりとりが面白いです。

いとこのベンジャミン。ちょっと太めの憎めない、いい奴です。

この4匹が、主観の作品です。

 

その土地で暮らす、キツネ・ブタ・シカ?もパートパートで登場し、いいキャラクターの味を出してきます。

そして人間の、マグレガーおじさん、マグレガー氏、ビア。

メインどころはこんな感じでしょうか。

 

マグレガーおじさんは、ウサギをとらえようと必死になる。

マグレガー氏は、綺麗好きで仕事のできる男。ウサギをとらえることに関しては、マクレガーおじさんの上をいきます。

女性のビア。画家を目指し、田舎でゆったり絵を描いています。

3-2. ストーリーについて

正直、ピーターラビットっていう作品名は知っていたんですが、内容までは知りませんでした。

そんな人にでも、分かるように丁寧に、世界観やキャラクターが描いてあります。なのですぐに作品に、入り込んでいくことができます。

 

ピーターラビットたちが狙う庭も、ストーリーが進むにつれて、だんだん侵入が難しくなっていきます。

 

それをどうやって、侵入していくか。マグレガー氏を追い払うのか。その戦略も見どころです。

最終的に、お互い敵同士で憎み合っているんだけど、闘っているうちに自然と心が通じ合っていく様子もジーンときます。

 

マグレガー氏もピーターラビットたちも、ビアが大好きです。そんなビアを悲しませてしまい、その土地から去ろうとするビアを止めるため、協力することになります。

その時には心が通じ合い、会話もできるようになっています。

また、ウサギならではの、躍動感あふれるアクションシーンは観ていて飽きません。

 

全体的にコミカルな演出だったり、そういったシーンがあるので、観ていて楽しい作品でもあります。

最後はハッピーエンドで終わるので、子供が観ても楽しめるでしょうし、友達、恋人同士でも楽しめると思います。

 

人間と動物との共存。そんな深いテーマとしても受けとれる作品かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA