デジタル制作におすすめの機器はこちら

知らない人と差がでるイラストポーズの描き方!参考にすべきおすすめの本4選!

ポーズの描き方の本

イラストを描くときに、キャラをどんなポーズで描こうか悩んだことはありませんか。

毎回同じポーズになっちゃう!レパートリー増やしたい!

魅力あるポーズというのは、実はいろんな要素を含んでいます。

  • 構図
  • 動き
  • 立体感

それを知ることで、自由自在にイラストが描けるようになるんです。

本記事ではうまく描けないあなたに、イラストポーズの描き方に優れた本を4冊ご紹介します。

らおん
いろんな要素に焦点を当てています

紹介する本の基準は、以下の5つの項目で評価しています。

動きのあるポーズ
動きや躍動感のあるポーズが描けるようになるか。
構図
画面が映える構図を取りいれているかどうか。
参考度
イラストを描くときに参考になるか。
実用性
本の内容を、イラストを描くときに活かすことができるか。
おすすめ度
その本をおすすめする度合い。

イラストポーズが描けない悩みから解放されましょう!

ちなみに「ポーズの描き方」ではなくて、「ポーズの種類」を参考にしたい方は下記の記事をご覧ください。

おすすめポーズ資料をみる

イラストポーズ資料7選【女の子編】 イラストが描きたい!絶対外さないおすすめポーズ資料7選!【女の子編】

イラストポーズの描き方!参考にすべきおすすめの本4選!

イラストポーズを描くときに参考になるおすすめの本をご紹介します。

らおん
それがこちら!

デジタルで描く! 「刀剣+ポーズ」イラスト真剣講座 キャラクターに命を吹き込む、動き・表情・シーンの秘伝技

『デジタルで描く! 「刀剣+ポーズ」イラスト真剣講座 キャラクターに命を吹き込む、動き・表情・シーンの秘伝技』

評価ポイント
動きのあるポーズ
(5.0)
構図
(5.0)
参考度
(5.0)
実用性
(5.0)
おすすめ度
(5.0)
らおん
刀剣ポーズに特化した本です
こんな人におすすめ
  • 刀剣バトルモノを描く人
  • 刀剣バトルを魅力的に演出したい人
  • 刀剣をもったイラストを描く人
  • アクション系が苦手
  • 動きのあるポーズを描けない人
  • 刀剣の知識を深めたい人

刀剣ポーズの描き方だけではなくて、構図の考え方も説明してくれています。

さらに、「刀剣」というバトル要素も含むので、動きのあるポーズが目白押しです。

具体的には

  • 刀剣の持ち方
  • 刀剣の振り方
  • 刀剣を活かしたポーズ

とにかくカッコイイですよ。

さらに、デジタルでの塗り方も詳しく書かれているので、カラーが苦手な方にもおすすめです。

アクション系の動きのあるポーズが苦手、バトル時のポーズがいまいち決まらない。

そんな悩みをもっている方は、どんどんうまく描けるようになります。

らおん
刀剣の魅せ方のテクニックが学べます!

もし刀剣イラストやマンガを描こうとしているなら、この1冊で魅力的な演出をしてみませんか。

ポーズと構図の法則

ポーズと構図の法則

評価ポイント
動きのあるポーズ
(4.0)
構図
(5.0)
参考度
(4.5)
実用性
(5.0)
おすすめ度
(4.5)
らおん
構図を交えて、魅力的なポーズの描き方が載っています
こんな人におすすめ
  • 構図が苦手
  • 構図に変化がほしい
  • 構図の見せ方を知りたい
  • デッサンがうまくとれない

特徴としては

どんなポーズが魅力的に見えるのか。
ではなくて
どんな構図を使えば魅力的に見えるのか

を解説しています。

いろんなポーズ集やポーズの描き方を学んだ人は、新しい発見がありますよ。

構図をベースに解説しているので、あらゆるイラストやマンガのシーンに活かすことができ、とても参考になります。

らおん
何気ないポーズでも、構図でうまく魅せることができますよ!

あなたも、イラストが劇的に変わるテクニックを手に入れましょう。

ダイナミックな動きはこう描く! !

ダイナミックな動きはこう描く! !

評価ポイント
動きのあるポーズ
(4.5)
構図
(3.5)
参考度
(4.0)
実用性
(4.0)
おすすめ度
(4.0)
らおん
動きを感じさせる、勢いのあるポーズが特徴の本です
こんな人におすすめ
  • アクション系のイラスト・マンガを描きたい人
  • 絵に動きがなく悩んでる人
  • 迫力のある絵を描けなくて悩んでる人
  • 集中線や描き文字の使い方に迷ってる人

どちらかというと、イラストよりマンガで使えるポーズが豊富です。

とにかく「オーバーリアクション」がピッタリ当てはまるくらいの、躍動感あふれる描き方を解説してくれています。

また、演出として「集中線」や「描き文字」の入れ方も載っているので、アクションシーンを描くときには参考になります。

この本の使い方としては、動きのないシーンから一気に変化をつけるために、この本のポーズを取りいれる。

これが一番メリハリをつけられて、活かせると思います。

らおん
魅せるためのポーズに特化しています

動きのない絵しか描けなくて悩んでる人は、手に取ってみてください。

大胆なポーズの描き方 基本の動き・さまざまな動作 とアングル・迫力あるポーズ

大胆なポーズの描き方 基本の動き・さまざまな動作 とアングル・迫力あるポーズ

評価ポイント
動きのあるポーズ
(5.0)
構図
(5.0)
参考度
(5.0)
実用性
(5.0)
おすすめ度
(5.0)
らおん
「大胆」を売りにした、見飽きないポーズの描き方が学べる本です
こんな人におすすめ
  • いつも同じポーズばかり描いてしまう
  • ポーズのレパートリーが少ない
  • デッサンが苦手
  • 大胆なポーズが描きたい

普通に描いていては、思いつかないようなポーズの描き方を教えてくれます。

特に素晴らしいのが、イラストを空間的・立体的に意識することで、生き生きとした生命感あふれるポーズを描けるようになることです。

内容が画期的なので、イラストを楽しんで描けますし、同時に描画力も上がっていきますよ。

らおん
空間を自由に操って、生きたキャラクターが描けるようになります

評価ポイントALL5の絶対おすすめの1冊です。

知らない人と差がでるイラストポーズの描き方!参考にすべきおすすめの本4選!:まとめ

同じような内容に見える本でも、詳しく見るとその本ならではの特徴がわかりますね。

  • 刀剣を活かしたポーズ
  • 構図を活かしたポーズ
  • 動きを活かしたポーズ
  • 空間を活かしたポーズ

どの本を参考にするかは、なにを活かしたポーズを描きたいかで決めるといいですよ。

個人的には「空間を活かしたポーズ」の『大胆なポーズの描き方 基本の動き・さまざまな動作 とアングル・迫力あるポーズ』がとても参考になりました。

平面の画面で、いかに立体的に魅せるか。立体的に魅せるには、空間を意識する。

やはり意識すると、描くイラストの質は向上していきますね。

それぞれが違う特徴の描き方が学べるため、すべての本を読了したら、引き出しも多くなって、イラストを描くことに困らなくなりそうです。

らおん
それぞれの本の特長と一緒に、もう一度紹介します
刀剣を活かしたポーズ本
構図を活かしたポーズ本
動きを活かしたポーズ本
空間を活かしたポーズ本

ポーズの種類を参考にしたい方は、下記の記事もおすすめです。

イラストポーズ資料7選【女の子編】 イラストが描きたい!絶対外さないおすすめポーズ資料7選!【女の子編】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。