【5万円以下】おすすめの液タブはこちら>>

あなたの漫画を上達させる選ばれし4つの方法+【おまけ】

漫画が上達する4つの方法


マンガがなかなか上達しないと苦しいですよね。

 

わたしはマンガ歴が10年以上ありますが、ある時期から、あなたと同じように上達しなくなったことがありました。

正確には上達しづらくなった。でしょうか。

 

そこでなんとかマンガが上達するように、いろんな方法を試しました。

すると、少しずつですが上達していったんですね。

 

どれくらい上達したのか、過去に描いた作品と見比べると一目瞭然でした。

 

ここでは、わたしが過去にやって成果があった方法をご紹介します。

まずは手軽にはじめられることから順を追って。

 

これを実践すれば、間違いなくあなたのマンガは上達するはずですよ。

好きな作品を模写する

一番手軽で、すぐに実践できる方法がこれです。

 

なぜこれがいいのかというと、既存作品はプロが描いているので、テクニックがたくさん詰まっているんですね。

そのテクニックを吸収することで、さらにマンガが上達するということなんです。

 

そしてプロのテクニックに気づくのは、模写が一番なんですね。

模写をすると、普段よりもじっくり作品を見るので、気づきやすくなります。

 

ではどうやって模写するのか?

模写のやり方

まずはあなたが好きな作品を選びましょう。

映画、マンガ、アニメ、なんでもOKです!

 

でもマンガを上達させるためなので、できればマンガがいいですね。

読切作品だと、なおいいです。

 

連載作品の場合は、第一話目を模写しましょう。

ここで大切なのは、闇雲に模写しないことです

 

漫画というのは

  • ストーリー
  • キャラ
  • 演出

などの総合的な力があわさって、できていますよね。

 

模写するときは、これらの力を考えながらしていきます。

 

具体的には
ストーリーなら、あなたが


「この展開おもしろい」
「グッと作品に入っていく瞬間」
「主人公が悪い状態・環境になる」
「悪い状態から好転したできごと」

などの読んでいて、自分の心が変わる瞬間。

作品の中で流れが変わる瞬間。

 

こういったポイントを探りながら、ストーリーをなぞっていきます。

 

キャラクターなら
そのキャラクターの個性や考え方を、どういったタイミングで出しているのか。

 

なにか事態が起きたときに、どういった言動をとっているのか。

これを探ります。

 

まずは上記にあげたことを、紙に書いていきましょう。

 

それができたら、今度は作品をまるまる模写していきます。

この模写というのは、そっくりそのまま、コマを割って絵をトレースし、作品と同じように描いていくことです。

 

紙はコピー用紙でも、余っている紙でもなんでもOKですよ。

この段階では絵はキレイに描かなくても大丈夫です。

 

目的は、先ほど探ったストーリー展開とキャラクターを、どうやってコマ割りし、どのように見せているのかを、勉強するためです。

 

ネームを描くつもりで、好きな作品を模写していきましょう。

 

できましたか?

できたら次は、原稿用紙に本番の絵を描いていきます。

 

もちろん好きな作品を見ながらですよ。
1コマ1コマ丁寧に絵を模写していきましょう。

  • 表情の描き方
  • 髪の描き方
  • 仕草の描き方
  • ポーズの描き方
  • 構図のとり方
  • 影のつけ方

絵を模写するときは、これらのことを意識するといいですよ。

意識すると、絵のクオリティも早く上達します。

 

そのあとは、ペン入れをしていきます。

これも好きな作品を見ながら。

  • ペンの入りや抜き
  • 線の太さ
  • ペンのタッチ

これらを意識して模写するといいです。

 

映画を模写する場合は、ストーリーやキャラクターのポイントを探るのは同じやり方でOKです。

その先は、映像のどの部分を切り取って、コマ割りするのかを考えて描いていきます。

 

映像で見たときと、コマ割りして読んでみたときと、同じテンポになっていたら、キチンと模写できている証拠です。

 

 

マンガが上達する方法として、模写はすごく時間がかかってしまいます。

紹介した方法だと、完成するのに3ヶ月以上はかかります。

 

あまり時間をかけたくない!めんどくさい!

そういった方には本がおすすめです。

本で勉強する

一番手軽にできて、時間がかからないのは、本を読んで実践することですね。

わたしも今までたくさん本を読んできて、そこで数多くのことを学びました。

 

マンガ関係の本もいっぱいでてるので、どれがいいかわからないと思います。

そこで
「これは役に立った!」
「マンガが上達した!」

こういった本をご紹介したいと思います。

 

漫々快々プラス

こちらの本では、マンガに大切な「コマ割り」。

導入部分の見せ方がとても勉強になります。

 

特にコマ割りについては、知っておくといいですよ。

コマ割りがうまくなれば、マンガは上達します。

 

シリーズ化していて、どの本もタメになる良書です。

 

マンガを描きはじめの初心者の方は、すこし難しい内容かもしれません。

もっと基本的なことを学ぶには、こちらの本がおすすめです。

上手くなりたいマンガ超初級講座

 

マンガを描く基本的な流れはこちらで学べます。

キャラクターの描き方にも描かれているので、初心者には参考になりますよ。

 

あとはマンガのなにを上達させたいかによって、読むべき本は変わっていきます。

  • ストーリー
  • キャラクター
  • コマ割り
  • 構図

漠然と「マンガの描き方」の本を探すより、それに特化した本を読むと、上達も早くなりますよ。

 

こちらの記事では、それぞれに特化したおすすめの本を紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

漫画の描き方おすすめ本-タイトル画像 漫画制作歴10年が選ぶ漫画の描き方がよくわかるおすすめの本をピンポイントで紹介!

 

本を紹介してきましたが

  • 本だと物足りない
  • 本を読んでも、なかなかうまくならない

こういった方も当然いると思います。

本だけだと情報も限られてますしね。

 

実際のつくり方が1から学べないのが欠点と言えるでしょう。

 

もっとしっかりと学んで上達したい!
そんな方にはオンライン講座がおすすめです。

漫画オンライン講座を受ける

パルミー

オンライン講座でおすすめなのは「パルミー」です。

国内最大級のオンライン教室で、講師にはプロのクリエイターが多数在籍しています。

 

オンライン講座を受けるメリットとしては

  • プロの講義が受けられる
  • 空いた時間や好きな時間に受けられる
  • パソコン・スマホ・タブレットで受けられる
  • タメになる動画が何度でも見られる
  • 自分のペースで学ぶことができる

こういった点ですね。

 

マンガが上手くなりたい!だけど時間がない。。。

特に学生で学校へ通っている方、仕事しながらマンガ描いてる方は、時間の融通がきくオンライン講座がおすすめです。

 

どうやったらマンガが上達するのか、なにを学べば上達するのか。

その答えがここにあります。

 

でもオンライン講座ってどうなの?って不安だったりしますよね。

  • 信頼できるサイトなのか
  • そもそもサイトの見方や、使い方がわからないんじゃないか。
  • 本当にマンガが上達するのか
  • いくらかかるのか

パルミーはすでに200万人以上が受講しているオンライン講座です。

受講生からの評判もよく、運営もしっかりされていると感じます。

 

公式サイトをご覧になるとわかりますが、サイトの使い方に関しては問題ないかな、と思います。

 

またパルミーの講座を受けて、マンガ雑誌の賞を受賞したり、連載を勝ち取った人もいるので、あなたのマンガは間違いなく上達するでしょう。

 

ただ悲しいことに、やはり有料なんですね。

月額9,800円。

 

月に9,800円は高い!と思われたでしょう。
わたしもはじめはそう思いました。

 

しかし、月額にするとマンガだけではなく、

・キャラクターデザイン講座

・背景の描き方講座

・イラストの上達講座

・デジタル講座

などさまざまな講座が受けられるので、めっちゃお得でした。

 

月額の他に、その講座のみを受講するものもあります。

講座買い切り型といいましょうか。

 

月額では受けられない講座です。

 

その中でおすすめは「マンガネーム講座」です。

ネーム講座の画像

 

これは一度見て欲しい講座です。見ると確実にマンガが上達しますよ。

 

マンガの良し悪しは、ネームやコマ割りで決まってしまうので、上達したいならうってつけの講座です。

 

\満足度90%以上/

いつでもどこでも受けられる

 

ただ、受講料は35,000円です。
分割だと月5,834円の6回払い。

 

高い!と思われた方は、よく考えて受けるようにしてくださいね。

 

ちょっと大きめな買い物なので、失敗したくないと思いますが、内容的には充分その価値はありますよ。

 

月額の場合は、7日間無料のお試しがあるので、まずはそちらからはじめてみてもいいですね。

 

\今なら7日間無料/

いつでもどこでも受けられる

 

それもイヤという方は、無料で見れる講座があるので、そちらをどうぞ。

いつでもどこでも受けられる

 

 

オンラインではなく、直接指導で上達したい!という方は、学校へ行くことをおすすめします。

その業界のプロと接する機会もあるので、コネができたり、力があればデビューもしやすいかもですよ。

学校へ行く

アミューズメントメディア総合学院

おすすめは「アミューズメントメディア総合学院」 です。

 

その理由は、独自のシステムと実績があるからです。

軽く例をあげますね。

  • 学校内に制作機関がある
  • 独自の産学共同プロジェクトがある
  • 業界とのネットワークで常に最新の情報が手に入る
  • 月一でマンガ雑誌の編集者の講義が受けられる
  • 月一でマンガ雑誌の編集者から個別指導が受けられる
  • 受賞デビュー者が350名を超えている
  • 卒業後もバックアップしてもらえる
MEMO

【産学共同プロジェクトとは?】

アミューズメントメディア総合学院の出版事業部と在校生が、共同で出版企画をする。

企画はコンペで選ばれ、在学中に出版やデジタル配信などでデビューすることができる。

特に編集者さんからの講義や個別指導を受けられるのは、とても貴重です。

編集者は、普段からプロ漫画家の生原稿を見ているので、的確なアドバイスをくれます。

 

カリキュラムも充実しているので、マンガが上達するのは間違いないですね。

 

デメリットとしては、オンライン講座のようにすぐに授業が受けられないことですね。

マンガイラスト学科は2年制で、入学は4月からです。

 

2年しっかり学ぶ気があるかと、4月入学まで待てるか。

ちょっとハードルが高いなーと感じたら、あなたはオンライン講座のほうがあっていると思いますよ。

 

\今なら7日間無料/

いつでもどこでも受けられる

 

あとは学院が東京にしかないので、地方の方は通いづらいってのがありますね。

ただカリキュラムやシステム、制度は確かなものがありますので、通う価値は充分にありますよ。

 

マンガを趣味で描いている方にはおすすめしませんが、プロになりたい方は検討してみてください。

 

まずは資料パンフレットを見て、内容を確かめてみてはいかがでしょうか。

もちろんパンフレットは無料です。

PCから見ている方は、パンフレットを取りよせる場所が少しわかりづらいかもしれません。

画面の右にひょこっと出ているので、こちらから取りよせられます。

資料請求場所

 

\無料パンフレット/

プロに学びプロになる!

【おまけ】出版社へ持ち込みに行く

マンガを描きはじめた方にはハードルが高いかもしれませんが、出版社への持ち込みもマンガが上達する方法です。

 

プロに直接アドバイスがもらえるので、とてもタメになりますよ。

 

わたしは1日に3社回ったことがありまして
どの編集者さんも作品の見方が違うので、いろんな意見を聞けて参考になりました。

 

ただ、持ち込みは完成原稿でないとダメ。
見てもらう編集者さんとの相性があわなかったら、最悪。

出版社は東京にしかない。

 

っていう面がありますね。

 

マンガが上達するには効率は良くないかもしれませんが、こういった方法もあるよ、ってことです。

持ち込みについてはこちらの記事に書いているので、興味があったらご覧ください。

持ち込みをしよう! 出版社にマンガを持ち込みしよう!その流れと心構えとは?

まとめ:漫画が上達する方法はあなたがいいと思ったものを選ぼう

今回ご紹介した方法は、いずれも真剣に取り組めば、あなたのマンガが上達すること間違いなしです。

 

好きな作品を模写するのもいいですし、本で学ぶのもいいです。

 

ただこれは完全に独学なので、ある程度のところまでいくと、成長しづらくなります。

 

もっとうまくなりたければ、やはりオンライン講座や学校に通う方がいいですね。

 

▼オンライン講座はこちら▼

\満足度90%以上/

いつでもどこでも受けられる

 

▼学校はこちら▼

\無料パンフレット/

プロに学びプロになる!

 

まずは模写や本で学ぶのが手軽でいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。