デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

初心者はまずコレから!水彩画におすすめの画用紙と保存方法

おすすめの水彩紙のアイキャッチ

 

水彩画をはじめたい方にとっては、どの画用紙を選べばいいのかわからないもの。

 

ど、どれがいいの…!?

 

水彩画を描く用紙は、「水彩紙」を使います。

水彩紙は耐水性に優れているので、たっぷり水分を含んだ絵の具もバッチリ。

紙が波打つこともありません。

ですが、水には強い水彩紙でも「湿気」には弱いです。

 

紙が劣化しちゃうと、いい絵が描けないよ~

 

というわけで、本記事では初心者におすすめの水彩紙と

その水彩紙を劣化させない保存方法をご紹介します。

 

ほかの画材については下記の記事で紹介しています。

水彩画入門セットのアイキャッチ 大人からはじめる水彩画入門セット!必要な画材を揃えて楽しく絵を描こう

水彩画初心者におすすめの画用紙【家で描く用】

家で描くなら、どの水彩紙でも問題ありません。

 

外へ持ち運ぶ必要がないから、サイズも気にしなくてOK

 

さらに水彩画を描きはじめのころは、うまく描けないことが多いです。

なので練習もかねて、値段もお手ごろなものがおすすめです。

 

そこでオススメなのがこちら!

ミューズ 水彩紙 ホワイトワトソンパッド A4

 

おすすめの理由
  • 値段がお手頃
  • 紙の質がいい
  • 発色がいい
  • 購入者の満足度が高い

 

サイズはA4。

15枚入りなので、2日に1枚絵を描いたとしても、1ヶ月は新しく購入する必要がありません。

水彩紙なので、水によって紙が波打つこともなく、色を塗ることができます。

特長として発色もいいので、絵の完成具合も他の用紙とは異なります。

水彩紙のテスト

出典:Amazon

 

すごくオススメです

 

さらに値段もお手頃で購入者満足度が高い水彩紙です。

 

購入者満足度が高いってどうしてわかるの?

 

これはネットショップAmazonで「Amazon’s Choice」に選ばれているからなんです。

水彩紙のアマゾンチョイス

この「Amazon’s Choice」は

  • 発送が早い
  • ユーザーからの評価が高い
  • お求めやすい価格

を基準に選ばれています。

 

だから購入者満足度が高いんだね

 

練習用の水彩紙としてはこの1択で決まりです。

 

もちろん作品用としても問題ない質です。

ですがどうせなら、もう少し値段の高い水彩紙がおすすめです。

値段が高いと、根本的に紙の質が違ってきます。

なので普段は安価な水彩紙を使い、力作を描くぞ!というときは、少し値が張る水彩紙を使うといいですよ。

 

水彩紙は買ったらそれで終わりではありません。

きちんとした保存をしないと、水彩紙は劣化してしまいます。

 

これから描く絵が台無しになるのはイヤだな…

 

水彩紙を劣化させないためにも、正しい保存方法をしましょう。

 

水彩画初心者におすすめの画用紙【外で描く用】

外で絵を描くなら、持ち運びやすいサイズがいいです。

 

大きい水彩紙で描きたいなら、一緒にそのサイズが入るカバンも用意しましょう

 

サイズが大きいと、絵を描く範囲が広く時間がかかってしまいます。

太陽の問題もあるので、1日で描き終わらないこともでてくるかもしれません。

なので外で絵を描くときは、少し小さいサイズの水彩紙がおすすめです。

 

おすすめの水彩紙はこちら


ミューズ ホワイトワトソンパッド

 

家で描く用で紹介した水彩紙の、B5版です。

大学ノートと同じサイズなので持ち運びしやすく、見慣れたサイズなので絵をおさめる感覚もわかりやすいです。

紙の質もよく、発色がいいのも抜群ですね。

 

すごくオススメです

 

水彩紙は買ったらそれで終わりではありません。

きちんとした保存をしないと、水彩紙は劣化してしまいます。

 

これから描く絵が台無しになるのはイヤだな…

 

では次から、水彩紙が劣化しない保存方法をご紹介します。

水彩紙の劣化を防いで作品を守る方法

水彩紙が劣化する原因は「湿気」

水彩紙は紙なので、とうぜん傷んできます。これは絵を描く前の状態でも同じです。

 

これから描く作品が劣化したものはイヤ…!

 

水彩紙はほかの画用紙と違い、ちょっと特殊です。

というのも、水彩紙には耐水の加工がしてあります。

 

水には強いんだね

 

ですが「湿気」には弱いです。

 

…どうして??

 

耐水の加工には、サイジングという滲み止めがされています。

ですがこのサイジング、「湿気」に弱いんです。

 

雨や梅雨時期は要注意……!

 

サイジングが湿気により劣化してしまったら、その水彩紙は元には戻りません。

サイジングが劣化したら、水彩紙はこうなります。

  • 絵の具がにじむ
  • ムラができる
  • 発色が悪くなる

 

た、大変

 

しかもサイジング加工の劣化なので、水彩紙自体にはあまり変化がありません。

なので水彩紙を購入したら、すぐに防湿対策をして、しっかり保存しましょう。

水彩紙を湿気から守る方法

一番かんたんなのは、防湿の圧縮袋に入れることです。

下記の製品は70×50cmなので、A4、A5の水彩紙を入れることができます。

 

さらなる用心として防湿の圧縮袋の中に、水彩紙と一緒に乾燥剤も入れておくと完璧です。

おすすめは「Amazon’s Choice」に選ばれている下記の製品です。

 

これでしっかり防湿し、水彩紙を守りましょう。

初心者はまずコレから!水彩画におすすめの画用紙と保存方法:まとめ

水彩画の画用紙は、耐水性が優れている水彩紙というものを使います。

水彩紙は値段が高いモノですが、初心者の方ならはじめは安価のものを使うのがおすすめです。

 

はじめは上手く描けませんからね…

 

購入する水彩紙も、外で描くなら持ち運びしやすいサイズがおすすめ。

 

お持ちのかばんのサイズと相談してくださいね

 

そして重要なのは、購入した水彩紙の保存方法です。

水彩紙は劣化するので、きちんと保存をしないと描く絵の質が下がります。

 

水彩紙は湿気に弱いので、防湿対策が大事

 

防湿対策としては、圧縮袋に入れるのがおすすめです。

さらに防湿の圧縮袋の中に、水彩紙と一緒に乾燥剤を入れておくとベストです。

 

特に雨や梅雨の時期には気をつけてください

 

 

水彩画の他の画材はこちら↓

水彩画道具のおすすめ画像 【大人向け】水彩画のおすすめ道具をセットでまとめて紹介! 水彩画入門セットのアイキャッチ 大人からはじめる水彩画入門セット!必要な画材を揃えて楽しく絵を描こう

 

水彩画におすすめ本はこちら↓

水彩画入門におすすめの本 【超初心者向け】絶対外さない水彩画入門におすすめの本4選

 

水彩画のおすすめ講座はこちら↓

水彩講座のアイキャッチ 水彩画を40代以上からはじめる方へ!簡単に上手くなるおすすめの講座をご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。