【5万円以下】おすすめの液タブはこちら>>

【大人向け】水彩画のおすすめ道具をセットでまとめて紹介!

水彩画道具のおすすめ画像

 

水彩画を描くための道具おしえて~

 

水彩画を描くためには道具が必要ですが、その全部が揃った1つのセットとして売られているものは、ほとんどありません。

 

えっそうなの…

 

なので1つ1つ揃えるしかないんです。

 

めんどくさいかも…

 

ですね。しかし1つ1つ揃えたほうが選択の自由が広がるので、そのぶん道具に愛着がわいてきますよ。

ということで本記事では、水彩画に必要な道具を1つずつ紹介していきます。

【大人向け】水彩画のおすすめ道具をセットでまとめて紹介!

せっかく水彩画をはじめるなら、必要な道具をまとめて揃えてしまいましょう。

 

以下の道具があれば、水彩画をはじめられますよ

 

紹介するおすすめ道具

  • 水彩紙
  • 水彩絵の具
  • 参考本

 

はじめて水彩画を描くなら、わからないこともたくさん出てくると思います。

そんなときに役立つおすすめの本もご紹介します。

 

今から水彩画を描こう~

【大人向け】水彩画のおすすめ道具:筆

水彩筆

水彩画で使う筆は数種類ありますが、初心者が使うならまずは2種類からはじめることをおすすめします。

 

いきなりたくさんの筆は使い分けられませんからね…

 

よく使う筆は「丸筆」と「平筆」と呼ばれるもの。

丸筆は筆が丸まっているため絵の具を含みやすく、絵の具の伸びも良いため一番使いやすいです。

平筆は四角く面が広いため、広範囲に色を塗ったり、均一に色を塗りたいときに使われます。

まずはこの2種類からはじめるのがベスト!

 

そこでおすすめの水彩筆はこちら。

ターレンス 水彩デザイン用筆 6本入りセット

 

おすすめする理由は、6本入りなので用途にあわせて使い分けることができる点です。

水彩筆6セット

出典:Amazon

 

水彩画でよく使う丸筆と平筆が入っていて、さらに大小の筆がセットされています。

細かな部分を塗りたいとき、大胆に大きく色を塗りたいとき、その両方を叶えてくれるお得なセットです。

 

ターレンス 水彩デザイン用筆 6本入りセットがおすすめ

 

水彩筆についてもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

水彩筆のアイキャッチ 初心者はコレを使おう!水彩画におすすめの筆と種類をわかりやすくご紹介

【大人向け】水彩画のおすすめ道具:水彩紙

水彩紙

水彩画の画用紙は水彩紙を使います。

 

耐水性なので用紙がシワシワになりにくい

 

まさにたっぷり絵の具を含ませて描く、水彩画に最適の用紙です。

この水彩紙の選び方は、安価なものを使うといいですよ。

というのも、水彩画をはじめたての頃はうまく描けず、紙を消費してしまいがちだからです。

 

下絵や色のつくり方など、最初は簡単にできない…

 

コツをつかむとうまく描けるようになりますが、それまでは練習用として安価な水彩紙を使うのがおすすめです。

 

本記事後半では、初心者でも描けるようになるオススメの本も紹介しているので、よければ参考にしてください

 

初心者におすすめの水彩紙はこちら

ミューズ 水彩紙 ホワイトワトソンパッド 15枚入り

 

おすすめの理由は、紙の質がいい・絵の具の発色がいいことです。

サイズはA4と絵を描くにはちょうどいい大きさ。

枚数は15枚。2日に1枚、絵を描いたとしても1ヶ月は買い足さなくてもOKです。

 

値段もお手ごろです

 

水彩紙についてもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

おすすめの水彩紙のアイキャッチ 初心者はまずコレから!水彩画におすすめの画用紙と保存方法

【大人向け】水彩画のおすすめ道具:水彩絵の具

透明水彩絵具

水彩画で使う絵の具は2種類。「透明水彩絵の具」と「不透明水彩絵の具」です。

 

主に使うのは、透明水彩絵の具

 

透明水彩絵の具の特長は、色を重ね塗りできるところです。

市販されている水彩絵の具は12色セットからあり、多いもので108色セットもあります。

 

おすすめは12色セット

 

理由は、はじめから多い色のセットを選ぶと、自分で色を混ぜてつくる力が養われにくいからです。

基本的に色は「青」「赤」「黄」の3色でつくることができます。色の三原色といわれてるものですね。

チラシや冊子などの印刷物も、この三原色+黒色で色を出しています。

それに色が多いセットは値段も高くなるので、まずは12色セットからはじめるのがおすすめです。

 

おすすめの水彩絵の具はこちら。

ホルベイン 透明水彩絵具 12色セット

 

おすすめの理由は、色の発色がよいこと。

さらに本「12色からはじめる 水彩画 混色の基本」を参考にすれば、水彩絵の具を使った色のつくり方が分かるところです。

この「12色からはじめる 水彩画 混色の基本」は、おすすめしている「ホルベイン透明水彩絵具 12色セット」をもちいて色のつくり方を解説しています。

なので、色のつくり方に迷ったとき、本書を参考にすれば同じ色を再現することができます。

 

「ホルベイン透明水彩絵具 12色セット」と「12色からはじめる水彩画混色の基本」をあわせて揃えるのがおすすめ!

 

水彩絵具についてもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

おすすめの水彩絵の具ーアイキャッチ 思い通りの色が作れる!おすすめの水彩絵の具はホルベインとこの本

【大人向け】水彩画のおすすめ道具:参考本

水彩画の本

水彩画を描くための道具をそろえても、描き方がわからなければ絵は描けません。

そこで初心者にもわかりやすいオススメの本をご紹介します。

おすすめはこちら。

今日から描ける はじめての水彩画

 

大人気テレビ番組「プレバト」に出演されている野村 重存先生の本です。

文章だけでなく絵と一緒に解説されているので、非常にわかりやすいのが特徴。

基本的な画材の使い方から、風景や人物・動物の描き方まで、水彩画の基本がおさえられています。

 

水彩画を学ぶならこの1冊で決まりです

 

そして水彩画にとって一番重要なのは色。

その色を学べる本は水彩絵の具のパートでも紹介したこちらの本。

12色からはじめる 水彩画 混色の基本

 

色のつくり方がわかるのはもちろん、市販されている水彩絵の具を使っているので、思い通りの色を再現しやすいです。

本書で使用している絵の具は「ホルベイン透明水彩絵具12色セット」です。

 

本と絵の具、あわせて揃えるのがおすすめ!

 

おすすめの本についてもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

水彩画入門におすすめの本 【超初心者向け】絶対外さない水彩画入門におすすめの本4選

水彩画の描き方を学ぶには通信講座が最適

水彩画講座

水彩画を独学で描くのは難しそう。

誰かに教えてもらった方がわかりやすそう。

でも教室に通うのはちょっとなぁ。

そう思うあなたには、水彩画の通信講座がおすすめです。

 

独学よりも早く上達しますよ

通信講座で学ぶメリット

  • 好きなときに自由に学べる
  • マイペースで取り組める
  • 独学よりも簡単にうまくなれる
  • 教室に通うより費用がかからない
  • 繰り返し学ぶことができる

 

通信講座は教室に通うより、費用もおさえられて学ぶ自由度が高いです。

教室だと月謝に交通費。時間も何曜日の何時から。と決まっていますね。

でも通信講座なら、かかる費用は教材費だけ。さらにあなたのペースで好きなときに学ぶことができます。

それでいて、独学より簡単にうまくなることができます。

 

水彩画をはじめたいけど、うまく描けるかちょっと不安。

独学で水彩画を描くのに限界を感じている方。

そういった心配を抱えている方は、通信講座ならそれを解決してくれます。

 

おすすめの水彩画通信講座はこちら

「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セット」

 

おすすめする理由は3つ。

  • 水彩画の醍醐味である、色塗りからスタートできる
  • はじめから最後まで、プロ講師による絵描きを動画で見られる
  • 苦手なデッサンも丁寧に教えてくれる

 

水彩画を迷わずスタートしたい方は、通信講座からはじめてみましょう。

本講座の詳しい内容は、下記の記事をご覧ください。

水彩講座のアイキャッチ 水彩画を40代以上からはじめる方へ!簡単に上手くなるおすすめの講座をご紹介

【大人向け】水彩画のおすすめ道具をセットでまとめて紹介!:まとめ

水彩画をはじめたいと思ったら、すぐにはじめることをオススメします。

理由は簡単で、絵は描けば描くほどうまくなるからです。

つまり早くはじめたほうが、上達のスピードはあがっていきます。

それに絵は手軽にはじめられるので、取り組むハードルも低いです。

 

水彩画は道具さえそろえば、すぐに描くことができます。

そろえる道具は以下。

  • 水彩紙
  • 水彩絵の具

ここに、水彩画の描き方を学ぶための本も揃えるとバッチリですね。

おすすめの道具はこちら

 

水彩画関連の記事はこちら↓↓

水彩筆のアイキャッチ 初心者はコレを使おう!水彩画におすすめの筆と種類をわかりやすくご紹介 おすすめの水彩紙のアイキャッチ 初心者はまずコレから!水彩画におすすめの画用紙と保存方法 おすすめの水彩絵の具ーアイキャッチ 思い通りの色が作れる!おすすめの水彩絵の具はホルベインとこの本 水彩画入門におすすめの本 【超初心者向け】絶対外さない水彩画入門におすすめの本4選 水彩講座のアイキャッチ 水彩画を40代以上からはじめる方へ!簡単に上手くなるおすすめの講座をご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。