デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

初心者はコレを使おう!水彩画におすすめの筆と種類をわかりやすくご紹介

水彩筆のアイキャッチ

 

水彩画を描きたいけど、どの筆を使えばいいの?

 

これから水彩画をはじめる方には、どれを選べばいいのかわからないですよね。

本記事では、初心者の方にも使いやすいオススメの筆の紹介。

そして水彩画で使う筆の種類についてご説明します。

 

初心者の方を想定しているので、むずかしい用語や説明は省き、わかりやすさを優先して書いています。それではご覧ください。

初心者におすすめの水彩筆:水彩デザイン用筆 ヴァンゴッホ ビジュアル筆 6本入りセット


水彩デザイン用筆 ヴァンゴッホ ビジュアル筆 6本入りセット

 

6本の用途にあわせた筆が入っているので、初心者の方におすすめです。

細かい部分、広い範囲を塗るのも、このセットがあればOK。

水彩筆6セット

 

さらに「水彩デザイン用筆 ヴァンゴッホ ビジュアル筆 6本入りセット」はネットショップのAmazonで【Amazon’s Choice】に選ばれています。

アマゾンチョイス

 

この【Amazon’s Choice】は、Amazon公式から信頼を得えておすすめされている商品のことです。その基準は以下の3点。

 

Amazon’s Choiceの基準

  • すぐに発送ができる
  • ユーザーからの評価が高い
  • お求めやすい価格

つまり、ユーザーからの満足度が高い商品のみに選ばれるものです。

 

返品率も低い、安心の商品です

 

初心者の方でおすすめの水彩筆を探しているなら、こちらの商品が最適ですよ。

水彩筆の種類:形状

筆のサイズは「○号」と表記され、数字が大きい方が筆のサイズも大きくなります。

例:2号 < 10号
2号より10号の方が大きい。

丸筆

水彩画でよく使われる形状の筆です。

筆先が丸まっているので、絵の具を含みやすく、塗るときに伸びがでます。

 

使いやすいのも特徴

 

平筆

平たい面が特徴の筆です。

広い範囲や均一に塗るときに使います。

 

一気に塗りたいときは便利

 

水彩筆の種類:毛

筆に使われる毛には、「硬毛」と「軟毛」があり、水彩画では主に「軟毛」が使われます。

軟毛の種類

軟毛の種類には、馬・羊・リスなどの獣毛。ナイロンなどの化学繊維があります。

中でもコリンスキーとよばれる毛筆は、最高級として値段が高いです。

 

描き心地は抜群!

 

反対にナイロン筆は値段が安いので、手が出しやすいです。

 

軟毛の動物

  • セーブル(テン・イタチ科の動物)
  • リス
  • オックス(牛)
  • タヌキ

 

コリンスキーの水彩筆

硬毛の種類

硬毛には豚があり、弾力に優れています。

この豚毛は透明水彩ではなく、不透明水彩(ガッシュ)向きの筆です。

 

参考 水彩画用筆MAU造形ファイル

 

水彩画を描くには筆のほかに、絵の具や画用紙が必要となります。

ほかの画材選びで迷ったら、下記の記事をご覧ください。おすすめの製品をご紹介しています。

水彩画道具のおすすめ画像 【大人向け】水彩画のおすすめ道具をセットでまとめて紹介! 水彩画入門セットのアイキャッチ 大人からはじめる水彩画入門セット!必要な画材を揃えて楽しく絵を描こう

 

本格的に水彩画を学びたい方は「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セット 」がおすすめ。

>>プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セットをみてみる

 

詳しい内容は下記の記事で紹介しています。 水彩講座のアイキャッチ 水彩画を40代以上からはじめる方へ!簡単に上手くなるおすすめの講座をご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。