【5万円以下】おすすめの液タブはこちら>>

人を惹きつけるキャラクターイラストの描き方はディズニーから学べ

人を惹きつけるイラストの描き方_タイトル画像

イラストを描いても、どこか上手くいかない。

キャラクターを魅力的に描けない。

などと悩んでいませんか。

 

構図が悪い?

ポーズが悪い?

キャラデザが悪い?

 

いえいえ、もっと注目すべき点があります。

 

それはキャラクターの感情です。

 

世界中で大人気のディズニー。

そのディズニー作品は、キャラクターの感情を豊かに描いていますよね。

 

人が反応しやすいのは構図やポーズではなくて、そのキャラクターの感情なんです。

 

普段の生活でも、意外と人の感情に反応しているんですよ。


「赤ちゃん泣いてる!」

「あれ?となりの人、機嫌悪い?」

「この人うれしいことあったんだろーなー」

など。

 

人を惹きつけるイラストを描くには、キャラクターの感情を描くと効果的なんです。

ここではディズニーイラストを例に、人を惹きつけるイラストの描き方をご紹介します。

 

ディズニーのイラストは人を惹きつける

ディズニーのイラスト画像

ディズニーのイラストは、どれも魅力的で素晴らしいですよね。

 

これはディズニーに限らずどのイラストにもいえることですが

画像で見るより実際手に取って見たほうが、さらにその世界観や迫力に圧倒されてしまいます。

 

描き手の想いが伝わってくるんですよね。

 

そんな数あるイラストの中でも、ディズニーイラストは特に人を惹きつける要素があると感じています。

それはキャンパスの中で、キャラクターたちが生き生きと描かれていること。

 

ディズニー作品はイラストだけでなく映像作品でも、登場するキャラクターたちはみんな表情豊かです。

これが人を惹きつける、魅力的な要素の1つだといえます。

 

なぜディズニーイラストは人を惹きつけるのか?

では「人を惹きつける要素」をもう少し、ひも解いていきましょう。

ストーリー性が感じられる

人を惹きつけるイラストには、ストーリー性が感じとれます。

 

ストーリー性とは

  • キャラクターがなにをしているのか
  • キャラクターが今どんな気持ちなのか
  • キャラクターのその前を想像できるか
  • キャラクターのその先を想像できるか

が感じとれることです。

 

1つのイラストを例にとってみましょう。

ミッキーとミニーのイラスト

キャラクターがなにをしているのか

ミッキーとミニーちゃんが、より添って夕日に沈む街を眺めていますね。

 

ミッキーがミニーちゃんの腰に手を当てているので、

ミニーちゃんへの愛を誓っているのかもしれませんし

2人のこれからの将来を語っているのかもしれません。

キャラクターが今どんな気持ちなのか

2人の気持ちは、幸せいっぱいで愛に包まれていそうですね。

キャラクターのその前を想像できるか

その前とはキャラクターが、どうやってイラストの瞬間にたどり着いたのか。

を想像できるかです。

 

例のイラストでいうと

ミッキーがミニーちゃんを誘い、屋根の上までやさしくエスコートしてきたのかな。

もしかすると昼過ぎころから、ずーっとここにいたのかな。

 

などと想像できますね。

キャラクターのその先を想像できるか

その先とはキャラクターが、そのイラストのあとになにをするのか。

それを想像できるのかどうかです。

 

例のイラストだと

陽が沈み、ロマンティックな雰囲気の中、ミッキーとミニーちゃんはキスをするのかもしれません。

 

 

1つのイラストを例にとってみましたが、これはひとつの解釈にすぎません。

100人いれば100通りの受けとり方があっていいんです。

 

大切なのは、見る側にさまざまな想像をさせることが、ストーリー性のあるイラストであり

人を惹きつける要素でもある、ということです。

背景もキャラクターを表現する一部

ストーリー性のあるイラストを描くために、背景もうまく使うとより効果的です。

 

こちらの一枚のイラスト。

プーさんのイラスト

背景をこのようにしてみましょう。

プーさんとミツバチのイラスト

プーさんがミツバチに

「きみが集めた花のミツを、ぼくにくれないかい?」

と頼んでるようにも受けとれますね。

 

背景があることで、見る側に想像する部分が広がり、イラストにストーリー性が生まれました。

 

では、さっきの画像の背景を変えてみましょう。

プーさんとハチの巣のイラスト

これだと

「あそこにハチミツがある」

「ハチミツ食べたいなぁ」

とプーさんの気持ちが伝わってきそうです。

 

このようにどういう背景を描くかによって、見る側の解釈も変わってきます。

それはキャラクターがどういう気持ちでいるのかは、どういう状況の中にいるのか。

によっても変わるということです。

 

キャラクターイラストというと、キャラクターにばかり目がいきがちですが

背景もキャラクターを伝えるのには大切な要素だといえます。

 

人を惹きつけるイラストを描くには、キャラクターと背景の一体化を目指しましょう。

キャラクターの感情が伝わってくる

ディズニーイラストの中には当然、背景が描かれていないものもあります。

ミッキーとドナルドのイラスト

背景は描かれていないけど、キャラクターの感情は伝わってきますよね。

 

「楽しそうだなぁ」や「不安そうだなぁ」。

「めっちゃ怒ってるな」「笑いをこらえるのに必死だな」など。

 

キャラクターの感情が伝わると、見る側の感情も揺さぶられます。


感情を揺さぶられると、人はそのイラストに興味をもってくれます。

それが人を惹きつけるイラストとなるわけですね。

ドナルドの怒りのイラスト

 

まとめ:キャラクターの感情は人を惹きつける

マンガや映画を見たときに

「感動した!」や「スカッとした」など

なにかしらの感情が湧いたものは、面白く感じると思います。

 

そうしたものは、同じシーンを繰り返し見たり、その作品の世界に入りたい!と思うはずです。

イラストでも、同じことがいえるのではないかと思います。

 

そのイラストを見たときに、なにかしらの感情が湧いたものはずっと見ていても飽きないです。


そしてその感情が湧くのは、キャラクターの感情が伝わったときではないでしょうか。

 

「どこか儚げ」「なんだか切ない」という抽象的なものから

「このキャラつまみ食いして怒られてるな」

「空飛んでる夢見て気持ちよさそうだな」

などの状況から気持ちが伝わるものまで。

 

確かにイラストは構図やポーズも大切ですが

それは感情・キャラクター性をだすために使うテクニックととらえ

キャラクターの状況や感情をどう表現するのか?

 

ということを優先させるほうが、人を惹きつけるイラストが描けるのではないか、と思います。

 

その観点から見ると、ディズニーのイラストはキャラクターが生き生きとして、見ていて楽しいですよね。

ディズニーのイラストを参考にするにはこちら↓がオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。