コスパ最強の液タブはこちら

【りんごかもしれない感想レビュー】アイデア発想の広げ方はストーリー制作に役立つ!

アイデア発想の絵本

あなたは発想力が欲しいですか?

1つのモノから多角的に展開できる発想力が。

はい。わたしも欲しいです!笑

 

発想力は、創作活動している人には当然欲しい力だと思います。

たくさんのアイデアが次々と溢れでてくると、ネタには困りませんもんね。

 

今回は、わたしが本屋で偶然みつけた、発想力がぶっとんでる本をご紹介したいと思います。

どこにでもある普通のワンシーンから、よくここまで展開できるな!と感心してしまいました。

その本というのはこちら

りんごかもしれない


この本は絵本です。

なにげなく手に取ったのですが、あまりにも素晴らしい展開だったので、その場で一気読みしてしまいました。

それと同時に、これは発想の広げ方の勉強になる!と思ったんですね。

この記事では、「りんごかもしれない」の魅力と、発想の広げ方についてお話していきます。

りんごかもしれないってどんな絵本?

ストーリー

テーブルの上に置かれた1つのりんご。

 

それを見た男の子が、

これは「りんごかもしれない」「りんごじゃないかもしれない」

頭の中で次々とストーリーを展開させていくお話です。

 

「これはりんごじゃなくて、大きなサクランボかもしれない」。

からはじまり、最後の方では「街の人全員りんごかもしれない」と徐々に話を飛躍させていきます。

 

この飛躍のさせかた、発想力には見ていて面白いものがありました。

作者はヨシタケシンスケさん

ヨシタケシンスケさんの初絵本作品が「りんごかもしれない」です。

 

この方の持ち味は、独特の広がりを見せるストーリー展開だそうで、

いくつか絵本をだされていますが、そのどれもが発想力にとんだ作品となっているようです。

 

正直、「りんごかもしれない」を読んだあと、他の作品も見てみたい!と素直に思いました。

りんごかもしれないから発想力を学べ!

たった1つのりんごから、次々と話を飛躍させていくんです。

まずその発想を簡単に書きますね。
※軽くネタバレも含まれているのでご了承ください。

  • 反対から見るとみかん
  • りんごに感情があって、その感情にあわせて形が変わる
  • 帽子がほしいと思っている
  • 育てると家になる
  • 僕を捕まえるワナ
  • これは隕石
  • 表面には宇宙人がたくさんいる
  • ここにくる前はどこにいたのか

一部ですが、たった1つのりんごから、話を飛躍させる発想が見てとれます。

この発想によるストーリーの展開のさせかたについて、作者ヨシタケシンスケさん自身がインタビューでこのように答えていらっしゃいます。

まずは、大きさを小さくしてみる、形を変えてみる、硬さを変えてみる、色を変えてみるなどと1つずつ書き出しました。

そこから、現実との飛距離を考えます。

ちょっと変なものからすごく変なものまで、これをどう並べたらいい流れになるかなと。

ちょっと変からスタートして、話がどんどん膨らんで、また現実に戻ってくるというのを意識しています。

絵本のスタートからおかしすぎると、読んでくれる方がキョトンとしてしまうので、その流れは慎重にというか、しっかり考えて作っています。

参考 『もう ぬげない』『りんごかもしれない』…膨らみ続けるオモシロ妄想も「まずは常識を知ることから」―ヨシタケシンスケ インタビュー前編ダ・ヴィンチニュース

つまりはこういうことかな。

まずは、1つのものから連想的にアイデアを箇条書き。

箇条書きしたアイデアを、飛距離を考えて徐々に遠くなるように配置。

そうすると、おのずとストーリーの展開は飛躍的になる。

この「飛距離を考える」っていうのは大事な気がしますね。

 

なにかを発想するときも、この「飛距離」を意識すると、視野が広がりそうです。

マンガ制作にどう活かす?

話をつくるときのネタに活かせそうです。

例えば、剣士が旅する話を描きたいとします。

それを「りんごかもしれない」を参考にネタを飛躍させます。

  • 剣士が闘うとき、その剣は大きくなる
  • 剣士の武器は、剣の形をした杖
  • 剣士のもつ剣には、形の違う剣が複数とり込まれていて、自由に剣の形を変えられる
  • 剣は意思をもっていて、剣士を操っている
  • 実は剣士が武器で、剣が人
  • 剣に血を吸わすと、成長して人間になる

マンガはフィクションなので、ぶっ飛んだ発想の方が、読者の興味を引くことができます。

「りんごかもしれない」を読むと、あなたの中に新たな発想が加わるので、面白みのないネタも飛躍させることで面白くすることができます。

まとめ:発想力を伸ばすには「りんごかもしれない」がおすすめ!

あなたは発想力が欲しいでしょうか?

ネタにいき詰ったり、ストーリーをうまく展開できなかったりしたときは、特に欲しいと思いますよね。

そんなときは、「りんごかもしれない」を読むことをおすすめします。

 

わたしは、AB型の左利きなので、発想力については少なからず自信があります。

そんなわたしも「りんごかもしれない」を読んだときは、その発想力の豊かさには驚きました。

そしてその発想力も感覚ではなく、「飛距離」を意識して理論的につくられていること。

 

理論的につくれるからこそ、他の作品でもクオリティを下げずに出版することができています。

作者のヨシタケシンスケさんは、その発想力で展開するストーリーづくりで“発想えほん”という新たな分野を生み出してもいます。

 

まだ読んだことがない方は、一度読んでみてください。

絶対おもしろいですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。