コスパ最強の液タブはこちら

【おすすめ漫画】魔法陣グルグルはクセになる面白さ

魔法陣グルグル

突然ですが、たまに読み返したくなるマンガってありませんか?

マンガ好きな方にとっては1つや2つはあると思います。

私にとって、「魔法陣グルグル」がその中の1つです。

そして先日この「魔法陣グルグル」を読み返したんですね。そしたらもう……面白くて面白くて…!

全巻いっき読みしてしまいました!

というわけで、今回の記事を書くに至りました…笑

ぜひ!この素晴らしい作品を知ってもらいたいです!

あらすじ

ジミナ村で平凡な日々を過ごしていた主人公ニケ。

ある日、コーダイ王からの御触れで、魔王ギリが復活したことを父バドが知る。

それをキッカケにニケは、魔王討伐の旅になかば強引に出発させられることとなる。

村の掟で、ジミナ村を出る前に魔法オババの家へ寄り、そこで一緒に旅をお供する魔法使いのククリと出会う。

しかし、ククリは物覚えが悪く、魔法も失敗ばかりの世間知らず。

これからの旅に不安を抱えながら、ジミナ村を出発するニケだった。

魔法陣グルグルとはどんなマンガ!?

連載開始は1992年という、20年以上も前の作品になります。

そんな前の作品ながら、今でも魔法陣グルグルを好きな人は多いです。

2017年に第三期アニメ化もされましたしね!

世界観は、国民的某RPGを彷彿させるファンタジー漫画です。

出版社が当時のエニックスなので、何をモチーフにしているか分かる人には分かりますよね。

「RPG」「ファンタジー」と聞くと、世界観やストーリーが少し複雑で、入っていきにくいなぁ~って方もいるかもしれません。

しかしこの魔法陣グルグル。とっても分かりやすいんです。

ベースはギャグマンガなので、小難しい世界観の話や設定なども、合間にギャグを挟みつつ、楽しみながら読んでいるうちに自然と理解できるようになっています。

というか、理解と言うほどの難しい設定もなかったです。

またこのマンガの特徴は、個性的なキャラクター達と言えます。

ギャグマンガではあるんですが、その笑いのほとんどが、キャラクター達の面白さです。

漫才やコントのような練り上げられた笑いというよりかは、

このキャラおもろい!

です。

こうした、おふざけのシーンがベースとしてあるので、シリアスなシーンになると、そのギャップでグッと心を打たれます。

そう!笑いで楽しませてくれたり、心がジーンとくるような感動もあるのが「魔法陣グルグル」という作品です。

打倒魔王ギリを目指し、世界を周りながら成長する、ドタバタストーリーギャグマンガの最高峰です。

魔法陣グルグルのおすすめポイント

魔法陣グルグルのおすすめポイントは、「世界観」と「キャラクター」です。

ファンタジーである世界観は、魔王・魔法・妖精・ダンジョンなど、ザ・王道を描き、世界を周り冒険します。

そしてその世界観で、生き生きと楽しそうに、ボケたりツッコんだりする、魅力的でどこか憎めないキャラクター達が見どころです。

私は子供の頃にこの作品と出会い、この世界に入ってキャラクター達と一緒に冒険したい!と思うほど大好きになりました。

マンガはストーリーより、キャラクターだ!と思っている人にはハマる作品だと思います。

一生好きでい続けられる作品と出会うことは、嬉しいことですよね。

まとめ

いろんな作品は数あるけれど、似たような作品やキャラクターは見たことがないです。

類似作品がなく、唯一無二の作品なので、このマンガを読まないと体験できない面白さが、魔法陣グルグルにはあります。

そして、2012年から「魔法陣グルグル」の続編が、ガンガンONLINEで今なお連載中です。(2018年2月現在)

根強いファンの多さや人気の高さが伺えますね。

また幾度となくアニメ化もされています。

個人的には、第一期が好きなんですが、2017年に放送された第三期もなかなかです。

第一期を知っている人には嬉しい主題歌も流れてきます。

まだ知らない方は、ぜひ魔法陣グルグルを手に取ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。