デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

ペンタブとはデジタルで絵を描く機器のこと!初心者でも分かるように全てを解説!

ペンタブとは

ねぇねぇ、ペンタブってなに?

らおん

ペンタブは絵を描く機器のことだよ

そのペンタブがこちら。

本記事では

  • ペンタブの解説
  • ペンタブの種類
  • ペンタブを使うのに必要なモノ
  • ペンタブ以外で絵を描く方法

を解説、紹介していきます。

ペンタブとはデジタルで絵を描く機器のこと

らおん

デジタルで絵を描きたい~

そんなときに活躍するのがペンタブです。

らおん

ペンタブ…略さずにいうと「ペンタブレット」ですね

ペンタブはパソコンに接続し、直接ペンタブ上に絵を描いていきます。

描いた絵のデータはパソコン上で管理するので、パソコンの接続が必須なんですね。

わあ!デジタルっぽい!

らおん

うん、デジタルだからね!このデジタルのメリットはたくさんあるんだよ

例えば

  • 画材を買い足さなくていい
  • 何度も書き直しができる
  • 鉛筆で手が汚れない
  • データの複製が可能

その他にも、同じキャラの表情違いや服装違い、ちょっとしたポーズの違いも簡単で

  • 同じ部分の絵を毎回描かなくてすむ
  • 色違いのバリエーションもできる

などのメリットがあります。

わたしのアイコンも、顔のパーツを描き変えるだけでとっても簡単にできます。

らおん通常
らおんおどろき

ペンタブいいなぁ

ただし、ペンタブだけでは絵を描くことができません。別に絵を描くソフトが必要なので、そこだけ注意してくださいね。

えっ!そうなんだ

そうなんです。身近にあるもので例えるならこんな感じです。

・ペンタブ=スマホ

・絵を描くソフト=アプリ

なのでペンタブをもっていると、いろんなお絵かきソフトが使えますよ。

では次からペンタブの種類について紹介していきますね。

ペンタブの種類は2つ

デジタルで絵を描くのに欠かせないペンタブ、その種類は主に2つあります。

  • 液晶ペンタブレット(通称:液タブ)
  • 板型ペンタブレット(通称:板タブ)

上記2つを総称して「ペンタブレット」、ペンタブと呼びます。

一般的に液タブのことをペンタブと指す場合もありますが、これは液タブの方が板タブよりもメジャーだからですね。

らおん

それぞれメリット・デメリットがあるので見ていきましょう!

液晶ペンタブレット【通称:液タブ】

らおん

まずは液タブの特長から!

液タブは、液晶画面に直接絵を描いていくタイプです。紙で描く感覚に近いので初心者でも扱いやすいのが特長。

メリット
  • 初心者でも描きやすい
  • デジタル慣れがあまり必要ない
  • 紙に描く感覚で描ける
デメリット
  • 値段が高い
  • 本体に熱が帯びる
  • サイズが大きい

液タブ最大のメリットとしては、

紙の感覚で描け、慣れが必要ない

ことです。

らおん

そのため初心者にも扱いやすい

そしてデメリットは値段が高いことと、サイズが大きいことですね。サイズが大きいといってもサイズ感は選択できるのでそこは問題ありません。

熱が帯びるのもデジタル機器ならでは。TVゲーム機やスマホの充電でも熱が帯びるので、その感覚ですね。

らおん

これはもう、しかたないです

液タブを選ぶかの判断は「値段の安さ」をとるか、「描きやすさ」をとるか、です。

「値段の安さ」をとるなら板タブがおすすめ。「描きやすさ」をとるなら液タブがおすすめです。

ただ液タブは高価なのがネックですが、慣れるまでのイライラがないのは本当に魅力。予算に都合があうなら液タブをおすすめします。

らおん

それでもやっぱり高いのは…

というかたには安価で手に入るおすすめの液タブがあります。

ただ安いのではなく、きちんと一定の性能を満たした液タブのみを紹介していますので、ご安心ください。

5万円以下で手に入るおすすめの液タブは、下記の記事からご覧ください。

液タブ-おすすめ-アイキャッチ 【2019年初心者向け】失敗しない液タブの選び方とおすすめ商品を5万円以下で紹介!

板型ペンタブレット【通称:板タブ】

らおん

板タブの特長!

板タブは製品自体に画面がありません。ペンの動きを感知する板に絵を描いていきます。

描いた絵はパソコンのモニターに反映されるので、目線は手元ではなくモニターに。

らおん

手元を見ないで絵を描くので慣れるのに時間がかかる

ただし液晶をつかっていないので、値段は安いのが特長。

メリット
  • 値段が安い
  • サイズがコンパクト
  • 持ち運びしやすい
デメリット
  • 慣れるのに時間がかかる

板タブ最大のメリットは値段が安いことです。液タブと違い、液晶を使っていないので1万円以下でも手に入れることができます。

板のみなので液タブより厚さもなく重くないのがメリット。

だったら液タブより板タブの方がいいじゃん!

でもこの板タブには最大のデメリットがあります。それは…

らおん

初心者にはメチャクチャ扱いづらいこと

わたしは板タブも使ったことがありますが、慣れるまで相当苦労しました。。。

まずはここを突破しないといけないので、板タブは初心者にはハードルが高いです。

とはいえ手が届きやすい値段なので、予算があまりない方は板タブがいいでしょう。

MEMO

慣れが必要な原因はアナログ描きや液タブと違い、手元を見ないで絵を描くからです。

ここに線を引きたい!と思っても、慣れないとズレてしまいます。

手元を見ないで引く線と、モニターに反映される線が一致するまでは、練習や経験が必要です。

おすすめの板タブはこちら
安いペンタブの選び方とおすすめ商品-アイキャッチ 【2019年】安いペンタブレットの選び方とおすすめ商品【板タブ限定】

ペンタブの使い方

ペンタブだけでは絵を描くことができません。絵を描くのに必要なモノはあと2つ。

  1. パソコン
  2. ペイントソフト

この上記2つが必要です。

図解するとこんな感じ。

ペンタブの使い方

らおん

作業スペースもあるていど必要なんですよ

ペンタブはパソコンにつないで使う

ペンタブはパソコンに接続して使います。接続方法は

  • 有線
  • ワイヤレス

どちらも基本的には可能。ただしワイヤレス接続ができないペンタブもあります。

パソコンをすでにお持ちの方はここはスルーでOK。まだお持ちでない方はパソコンを用意しましょう。

らおん

おすすめのパソコンはこちら

ゲーミングPC(ゲームプレイに特化した処理能力が高いパソコン)も作られているメーカーなので、絵を描いていて動作が重くなることがありません。

また次項でおすすめするペイントソフトとも、相性バッチリのパソコンです。

らおん

詳しくは下記の記事で解説していますよ

デジタル絵のおすすめパソコン デジタルで漫画・イラストの絵を描くのに超おすすめのパソコンは【ASUS ZenBook Flip S UX370UA】

ペンタブを使うときは、こうしてパソコンにつないで使います。

ペイントソフトをインストールする

絵を描くソフト、それがペイントソフトです。パソコンにペイントソフトをインストールしましょう。

らおん

ペイントソフトにはいろんな種類があるんですよ

 

無料ソフトだと「MediBang Paint」がおすすめ。マンガもこれで描くことができます。

有料ソフトだと「CLIP STUDIO PAINT」、通称クリスタがおすすめ。

らおん

クリスタはプロも愛用しています

イラストやマンガ、アニメーションもOK。一番多く使われているペイントソフトです。

らおん

わたしもクリスタ愛用者。どれを使うか迷ったら、クリスタを選べば間違いなしです

\一番売れてるペイントソフト/

ペンタブをパソコンなしで使う方法

ペンタブの紹介をしてきましたが、パソコンをお持ちでない方もいると思います。

らおん

パソコン高くて買えないけど、デジタルで絵を描きたい~

そんなあなたにペンタブをパソコンなしで使う方法をお伝えします。正確にはペンタブではなくて、別の機器を使います。

iPadを使う

ペンタブがなくてもipadがあれば、デジタルで絵を描くことができます。

らおん

必要なのはたった2つだけ

  • ipad
  • ペイントソフト

iPadで使えるpenがあれば絵を描きやすいですね。ペイントソフトは『App Store』からダウンロードして使います。

iPadでも「CLIP STUDIO PAINT」や「MediBang Paint」を使うことができますよ。

クリエイティブタブレットを使う

こちらはペンタブメーカーWacomからでている、クリエイティブタブレットを使う方法です。

パソコンに接続しないので、どこにでも持ち運ぶことができます。

らおん

必要なのはたった2つだけ

  • クリエイティブタブレット
  • ペイントソフト

ただこのクリエイティブタブレット、製品名「Mobile Studio」っていうんですが、メチャクチャ高いんですよ。

らおん

パソコンと同じくらいの値段

ただデジタルで絵を描くために、パソコンを購入しようと考えている方にはおすすめ。

このタブレット自体がペンタブの役割をするので、ペンタブ分の消費を抑えることができますよ。

それ以外の方にはiPadがおすすめです。

さらに詳しくはこちら
パソコンなしで使えるペンタブ パソコンなしで使えるペンタブは高い!気軽にデジタル絵を描きたいなら安いiPadがおすすめ!

ペンタブとはデジタルで絵を描く機器のこと!初心者でも分かるように全てを解説!:まとめ

ペンタブとはペンタブレットの略で、デジタルで絵を描ける機器のことです。

らおん

マンガやイラストをWebに投稿するには、このペンタブが必要不可欠

ペンタブは

  • 液晶ペンタブレット(液タブ)
  • 板型ペンタブレット(板タブ)

の2種類あり、初心者の方には紙と同じ感覚で描ける液タブがおすすめ。

また、ペンタブだけでは絵を描くことができません。ペンタブで絵を描くには以下の2つが必要となります。

  1. パソコン
  2. ペイントソフト
らおん

デジタル制作には必須のペンタブ。表現方法がグンっと広がるのでぜひ取り入れてみてくださいね

以下はおすすめの製品、関連記事です。気になるものがあればご覧くださいね。

液タブ-おすすめ-アイキャッチ 【2019年初心者向け】失敗しない液タブの選び方とおすすめ商品を5万円以下で紹介! 安いペンタブの選び方とおすすめ商品-アイキャッチ 【2019年】安いペンタブレットの選び方とおすすめ商品【板タブ限定】 イラストレーターおすすめのペンタブ イラストレーターが使うペンタブはワコムで決まり!おすすめ製品を紹介します【Wcom Cintiq16】 デジタル絵のおすすめパソコン デジタルで漫画・イラストの絵を描くのに超おすすめのパソコンは【ASUS ZenBook Flip S UX370UA】 デジタルで絵を描くおすすめの機器 漫画制作歴10年が教えるデジタル漫画やイラストを始めるのに必要なもの3つを厳選紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。