デジタル制作におすすめの機器はこちら>>

パソコンなしで使えるペンタブは高い!気軽にデジタル絵を描きたいなら安いiPadがおすすめ!

パソコンなしで使えるペンタブ

ねぇねぇパソコンなしで使えるペンタブってあるの?

らおん

ペンタブメーカーWacomの「Mobile Studio Pro」って製品がそれにあたるよ

デジタルで絵を描きたいけど、わざわざパソコンまで買うと出費が高くなる。パソコンなしでペンタブが使えたら、それが一番いいですよね。

基本的にペンタブは、液タブでも板タブでもパソコンがないと作動しません。

しかし、Wacomから販売されている「Mobile Studio Pro」はパソコンなしで使うことができます。

やった!!

ですが、値段がメチャクチャ高いんです。パソコン並みのお値段です。。。

えっ……

パソコンを購入する出費をおさえたいのに、パソコン並みの値段がするのでは本末転倒ですよね。

お、終わった…

らおん

大丈夫!もっと安くてパソコンなしでもデジタル制作できる機器があるんです

それがiPadです。

パソコンなしで使えるペンタブ「Mobile Studio Pro」は高いので、安く手に入るiPadがおすすめ。

iPadでもペンがあれば十分に絵を描くことができますし、ペイントソフトも問題なく使えますよ。

ということで、本記事ではパソコンなしで使えるペンタブと、それに代わる製品iPadについて解説していきます。

らおん

デジタル制作をパソコンなしでしたい方は必見!

パソコンなしで使えるペンタブは高い!

基本的にペンタブを使うにはパソコンが必要です。ですがパソコンをもっていない方も当然おられますよね。

また、外出先や移動先で手軽に使いたいので、持ち運びしやすいパソコンなしで使えるペンタブがあったら…。

そんな要望に応えてくれるのが、ペンタブメーカーWacomさんです。

らおん

ただしこれがメチャクチャ高いんですよね…

値段は20万前後、パソコンと同じくらいします。それもそのはず、WindowsがOSとして入っているからなんですね。

らおん

パソコン買う手持ちがないから、パソコン不要のペンタブ探してるのに…

パソコンなしで使えるペンタブがパソコン並みの値段してたら意味ないですよね。。。

らおん

だったらパソコン買うわ!!

と、あなたもこう思いませんか。

パソコンがなくてもデジタル絵を描ける機器。それも安く手に入るもの。

もしそれをお探しならiPadがおすすめですよ。

そうではなく、高くてもいいからパソコンなしで使えるペンタブをお探しの方は、次項でその製品をご紹介します。

パソコンなしで使えるペンタブは「Mobile Studio Pro」

クリエイティブタブレットと呼ばれる「Wacom Mobile Studio Pro」。

この1台でパソコンとペンタブの役割を果たします。

らおん

だから結構なお値段するんですね

だけどそれは性能の高さの裏返しでもあります。一体どんな性能をもった製品なのか。

その紹介動画をご覧ください。

どこにでも持ち運べて、タッチパネルで操作も簡単。描きたいときに気軽に絵を描くことができます。

性能は以下。

Wacom MobileStudio Pro 13 i5 128GB
型番DTH-W1320L/K0
OSWindows 10 Home
液晶パネルサイズ293.8×165.2 mm
厚さ16.4 mm
最大表示解像度2560×1440
最大表示色1677万色
応答速度25ms
Adobe RGBカバー率80%
筆圧レベル8192
視野角178°
CPUIntel Core i5-6267U(2.9GHz)
グラフィックIntel® Iris™ Graphics 550
メインメモリ(RAM)8GB
メモリカードスロットSDXCカード
ストレージ128GB SSD
インターフェースUSB Type-C 3つ
連続駆動時間最大6時間
充電時間最大2時間
価格(公式サイト参照)¥199,800(税込)

値段ははりますが、目的が『パソコンなしで使えるペンタブ』ならこちらの製品がおすすめです。

筆圧レベルも8192と最高レベル。線の強弱がつけやすく、描き心地もなめらかですよ。

ペンタブは基本的にパソコンが必要

ペンタブは基本的にパソコンが必要です。それは絵のデータをパソコンで保存・管理するからです。

図解するとこんな感じ。

ペンタブの使い方

さらにペンタブだけでは絵を描く機能が備わっていないので、別にペイントソフトをインストールしないといけません。

らおん

ペンタブは本当に線を感知する機能だけ…!

ペンタブの詳しい記事はこちら

ペンタブとは ペンタブとはデジタルで絵を描く機器のこと!初心者でも分かるように全てを解説!

なのでパソコンなしで絵を描こうと思ったら、データの保存・管理ができて、ペイントソフトをインストールできる機器に限られます。

その機器こそがiPadです。

それでもパソコンなしでデジタル絵を描くなら安いiPadがおすすめ

液タブ、高いものだと数十万円。パソコンなしで使えるペンタブも数十万円します。

しかしiPadならわずか数万円で手に入れることができます。

らおん

パソコンなしでデジタル絵をはじめるならiPadがおすすめ!

iPadは端末にデータを保存できて、App Storeでアプリをインストールすることができますよね。

これならペイントソフトをインストールして、描いた絵を保存することができます。

さらにKindleなどの電子書籍やネット、その他のアプリも使えるので1台あれば超便利です。

らおん

iPadはなんでもできちゃう!

持ち運びもしやすいので、外出先や家のどこでも絵を描けます。あなたのお絵描きライフも充実しますよ。

実際にiPadでデジタル絵を描く人は多くいるんです。一番使われているペイントソフト「CLIP STUDIO PAINT(通称クリスタ)」もiPad向けにアプリをリリースしていますしね。

パソコンなし、低予算でデジタル絵をはじめたい方は、iPadがおすすめです。

パソコンなしで使えるペンタブは高い!気軽にデジタル絵を描きたいなら安いiPadがおすすめ!:まとめ

ペンタブは基本的にパソコンとつないで使用するものです。パソコンなし…となるとやはり値段は高くなってしまいます。

らおん

データの保存や管理、ペイントソフトをインストールしないといけませんからね

予算的に問題ないなら、ペンタブメーカーWacomからでている「MobileStudio Pro」がおすすめです。

低予算でおさえたいなら、ペンタブではなくiPadがおすすめ。

データ管理もできて、アプリでペイントソフトも使えます。

らおん

絵を描くだけでなく電子書籍でマンガも読めますしね

パソコンなしのペンタブなら、代わりにiPad使うのがベストです。

デジタルで絵を描くおすすめの機器 漫画制作歴10年が教えるデジタル漫画やイラストを始めるのに必要なもの3つを厳選紹介! 液タブ-おすすめ-アイキャッチ 【2019年初心者向け】失敗しない液タブの選び方とおすすめ商品を5万円以下で紹介! 安いペンタブの選び方とおすすめ商品-アイキャッチ 【2019年】安いペンタブレットの選び方とおすすめ商品【板タブ限定】 ワコムの液タブCintiq Pro おすすめのワコムの液タブはCintiq16!描き味なめらかでクリエイティブな作業に最適! イラストレーターおすすめのペンタブ イラストレーターが使うペンタブはワコムで決まり!おすすめ製品を紹介します【Wcom Cintiq16】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。